雪月花徒然

中国ドラマ大好き。『琅琊榜』『一枝梅』『金玉良縁』なんかが好き。
胡歌さん、霍建华さん、张智尧さんのファンです。

杭州到着!(琅琊榜ツアー2)

2016-11-24 19:36:00 | 2016.11 琅琊榜ツアー第1弾
搭乗券を発行してもらい、荷物を預けたので、
しばらく添乗員さんのお姿の見える範囲で座って待機。
すると知的な乙女が近づいてこられた。
kaishikaさんである。
ツイッターでは常々お世話になっているが、リアルではお初の御目文字♡
去年の秋に一度お目にかかったことのある葛さんもおいでになり、
皆さんまだお集まりにならないのかなとお話ししているうちに、
あら、もう皆さん手続きに進まれた由、
我々、添乗員さんのほうを窺っておりましたのに、
くっちゃべってて出遅れてしまいましたw

さて、時間的な理由か、成田は結構空いていて、
すんなりとすべての手続きを終え、
搭乗時刻まで三人でマッタリとお茶を。
わたしはすでにダンナと食事をすませていたものの、
お二人は朝食がまだとのことで軽食をとられた。



さあ、いよいよ飛行機に乗り込み、いざ出発である。
機内では、わたしの一つ置いて隣がkaishikaさん、
わたしの斜め前が葛さんというポジションで、
葛さんのお隣の可愛らしきお嬢さんが、ぽんさん。
ぽんさんとも、ツイッターではさんざん喋っていたものの、お目にかかるのは初めてだ。
わたしとkaishikaさんの間にお座りになったのは◍藤さんとおっしゃるご婦人で
このかたはツイッター経由ではなく、ネットで検索して
このツアーをお知りになったとのことだ。
ツイッターで日夜、思いを垂れ流している私たちとは違い、
日頃秘めてこられた思いがたくさんおありになったようで
色々熱く語って下さり、楽しく感じのよいかたである。


で。
機内食であるが。
‥‥‥焼鮭弁当ですか‥‥‥そうですか‥‥‥。
ワタクシ、朝も焼鮭定食でございましたのよ‥‥‥。
まあ、しかたあるまい。

やがて、ついに我々は杭州の地へと降り立った。
成田も空いていたが、杭州、ガラガラー♡
日本人なんていやしない。
並ばずにスイスイ入国手続き出来ちゃうんだぜー。
上海とはエラい違いじゃ。

さて、ここでようやくメンバーが明らかに。
kaishikaさん、葛さん、ぽんさん、それから
アジリパさん、迷子さん、ふたばさん、
こちらの6名については、常日頃からツイッターでお世話になっているかたたち。
そして、機内でお隣だった◍藤さん、
それから、これまで存じ上げなかったけれど、
ツイッターもなさっているというyosomiさん、
プラス私、という、以上9名のツアー客と、
添乗員の土◍さんと手◍さん、そして現地で合流した現地ガイドの陳さん。
バスの運転手の沈さん(?)というメンバーで
いよいよ楽しい道中が始まった♡

さあ、杭州の街をバスが走り出したよー♡



(つづく)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016琅琊榜ツアーに旅立つま... | トップ | 北の故宮、南の蘆宅 (琅琊榜... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (わた雪)
2016-11-26 15:14:12
お知り合いもいらっしゃって、皆さん楽しそう♪
同じ物が好きだから、初対面でもすぐ意気投合ですね♪
焼き鮭ランチには爆笑でした。
>>わた雪さま (遥华)
2016-12-05 13:56:48
コメントのチッェク漏れ、ほんとにすみませんでした(>_<)

いやはや、妬き下げランチには参りました。まさかと思ってたんですが、その可能性は考えてみるべきでしたねー(ノД`)・゜・。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。