雪月花徒然

中国ドラマ大好き。『琅琊榜』『一枝梅』『金玉良縁』なんかが好き。
胡歌さん、霍建华さん、张智尧さんのファンです。

小龍女は実在した!

2016-10-18 20:21:54 | 2016.10 上海・無錫・蘇州
雑技団―――。
わたしの中でそのイメージは、多分に昭和的だ。
戦後の猥雑な……、要するに見世物小屋やサーカス団のそれを
頭に描いてしまっていた。
軟体動物のような隠微なアクロバットとかね。
ところがガイドさんの話では、上海雑技団はものすごい進化を遂げているらしい。
バイクアクションが目玉とのことで、
昔よりうんと台数が増えて、8台のバイクが
狭い籠の中を縦横無尽に走り回る光景は圧巻だというのだ。
そういえば、テレビか何かで見たことがある気がした。
雑技団専用の劇場は、常に満員御礼状態のようだ。

上海雑技団―――。
百聞はは一見にしかずというけれども、
このテのものはやはり、ナマで見るのが大正解。
画像はコチラにてんこ盛り。
http://www.weibo.com/p/1006061971959945/photos?from=page_100606#wbphoto_nav

様々なアクロバットとその演出も素晴らしいし、
なるほど例のバイク芸には圧倒された。
プログラム最大の目玉だろう。
そのバイクアクションと並ぶ至芸が、こちら。



もう、これには観客みなウットリ。
"小龍女は実在した"とさえ思うほどの優雅なアクロバット。
『軽功』も容易に信じられる!!
奇想天外荒唐無稽に見える武侠ドラマも、もはや絵空事とは思えない。

正直、眉唾な思いで冷やかし半分に見に行った雑技団だが
すっかり魅せられて劇場を出ることとなったw


ホテルに着くともう夜更け。
朝4:30に起床で一日中移動して、かなりヘトヘトだが、
この日の戦利品のチェックに忙しいw
露商の婆さんから買った『智族』をとりあえず確認!

あとはまあ、エディ・ポンや『他来了』の馬思純ちゃんも。


こちらは夕食後にファミマで買ったノド飴とドライマンゴー。
よく皆さん購入されてる感じなので買って見たが、
早速試食してみると、これがどちらも意外とイケた。
実はこれ以後コンビニに立ち寄る機会が全くなく、
もっとドカンと買っておけばよかったと後悔する羽目になったのである。


                                 (つづく)、

『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新天地・准海路 | トップ | 無錫旅情 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

この記事を見た人はこんな記事も見ています

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。