雪月花徒然

中国ドラマ大好き。『琅琊榜』『一枝梅』『金玉良縁』なんかが好き。
胡歌さん、霍建华さん、张智尧さんのファンです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

十二国記

2017-01-04 22:16:38 | 徒然
Twitter仲間の皆さんに勧められて、『十二国記』を読んでいる。
「遥華さんは、驍宗さまにハマるに違いない」
口を揃えてそう言われた。
驍宗サマ! 何者!?

そんなワケで、読み始めたのが年末28日。
最初に読みだした『魔性の子』、
これが一巻だと思っていたのだが、
実は外伝的と言おうか、本編の中では少しあとの部分に絡んでくるお話。
しかも、『十二国記』のメイン舞台ではなく、
こちら側―――蓬莱すなわち日本―――でのお話だったので、
すぐには本編の世界に入れてもらえず、お預けを食った感じ。
しかし、そのお預け感、一筋縄であちらの世界を覗かせてもらえないもどかしさが
ある意味、この物語全体に流れるもどかしさと通じる部分もあったり?

なにはともあれ、年末のクソ忙しいときに、
大掃除もほっぽらかして読んでいたワケである。
で、大晦日から昨日までに、読んでは描き読んでは描き‥‥‥ww



はい。
皆さまの予想通り、驍宗サマ好きですよw
わたしの「白い人好き」は健在である。
しかし、それ以上にツボってるのが景麒。
いや、景麒に限らず、『麒麟』という存在の、
この危なっかしさがたまらない。
聡く孤高でありながら、無垢で情が深い。
自ら選んだ主を、決して盲信はしないけれども
それでもその絆は断ちがたく
主が道を誤れば、麒麟が死病を患い、
麒麟が死ねば主もまた命を落とす。
主以外には決して膝まづくことのできない動物。
なんちゅう生き物なのだ、麒麟!
ストライクゾーンど真ん中である。

この麒麟の設定だけで、すでに丼飯3杯はイケてしまう。
物語の面白さというのは、すごく乱暴に言ってしまうと
設定の面白さと、ストーリー運びの面白さだと思うのだが、
わたしはどうやら、設定で満足できるとその時点でOKなタチらしい。
もちろんストーリーも面白いにこしたことはないのだが、
世界観とキャラクター設定が気に入れば
それだけでグイグイ引き込まれて、
大抵のことは脳内補完してしまえる。
それに加えて、シンクロしやすい心情描写であれば申し分ない。
『十二国記』の、麒麟や王たちの、抑圧されて屈折した性質、
尊い身でありながら卑屈なまでの繊細さ、
迷いやうしろめたさといった、常に逡巡しがちな弱さにほだされる。
『麒麟』という存在自体が、思春期のマージナルマン的危うさを持っている。
寿命のない生き物でありながら、見た目年齢が少年や青年で止まっている麒麟は
心の危うさも思春期のそれのままに見えて、
いくつになっても『不惑』に至らない自分にとっても身につまされるw

そんなこんなで、現在、『東の海神西の滄海』を読み終えようかというところである。
見たいドラマも沢山あるし、やりたいこともいっぱいで時間が足りないが、
とりあえず既刊は読んでしまいたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年末年始、火鉢のある生活

2017-01-03 20:14:09 | 徒然
三が日も終わりである。
正月といっても、今年は忌中のこともあり、
お飾りの類は一切していないし、初詣にも出かけなかった。
一応、忌中とはいえ年末年始とて食事はするわけなので、
年越しそばも食べたし、年明けの食糧としておせちもどきは作ったが
美々しく飾り立てることは控えた。

この冬、特筆すべきことといったら、やはりこれ。
火鉢! である。

数年前、義実家を処分するときに、救出したものである。
義実家でももう何十年使われていなかったもので、
持ち帰りはしたものの、なかなか使うきっかけがなく、
いつか使いたいなあ‥‥‥と思いつつ数年。
今年はついに決断して、炭と豆炭を買ってみた!!
火鉢を使いたくなるというのは、やはり『琅琊榜』効果かw

さて、点火である!!
実家では祖母が外でいちいちカンテキで火を熾していたが
庭もないような家だし、コンロもIHなので、
蝋燭の心もとない火で、マングローブ炭を炙っての点火(^^;
熾ってきたところを見計らって、早速、餅と蜜柑を炙って見た。

子供のころから、祖母が毎日火鉢に張り付いていたので、
使い方は‥‥‥大体わかる、はず。
とはいえ、最初はちょっと試行錯誤してしまった。
なにしろ、長年使っていなかった火鉢、
入れっぱなしだった灰をそのまま使ったので、
イヤなにおいがこもっていて、熱で異臭が‥‥‥。
夜、火の始末は灰をかぶせるだけでいいかと思ったけれど、
どうもそれでは危険な気がしたので、
結局、翌日火消壺を買った。
灰の異臭はなくなったが、マングローブ炭自体が少々臭う。
まあ、しかたがない。

大みそかは、前述のとおり、一応おせちもどきを。
上段、右側ふたつは、ダンナとわたしの「ノルマ」w
下段中央は、年末に歯を折ってしまい、
新年4日まで歯医者が開かないと言われて、
柔らかいものしか食べられない父の分(^^;


年越しそば。
まだまだ宵の口から早速食べた。

そのあと、もうおせちもどきを食べ始めるw
いやー、こうして画像で見ると、やはり今年は少な目だな。


そんなワケで、翌朝にはすっかりおせちもどきは減ってしまったが、
ま、雑煮が具沢山なのでいいか。

父は、「歯があかんから汁だけでいい」と言ったけれども
そういうワケにもいかないので、柔らかいものだけ選って入れて持っていった。
歯を折ってなければ、火鉢で焼いた餅も食べれたのにねえ。


正月二日目の雑煮は澄ましに焼餅、水菜である。
元日は白みそに具沢山、餅は焼かずに入れる、
二日目は澄ましの雑煮、と例年通りの船場風である。


二日の晩には、おせちもどきも完食。
お餅もどんどん焼いて食べた。
スルメも炙った。



やはり、火鉢はいいですなあ。

とはいえ、火の番ができるのも今日まで。
明日からは仕事ゆえ、火鉢に火を入れるわけにもいかず。
しかし、身体がすっかり煙たくなってしまった気がする。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年の抱負

2016-12-30 13:26:19 | 徒然
◍ 中国語
  
 去年の夏の終わりから今年の夏の終わりまで、
 月1くらいでフラッとカフェレッスンに通う程度だったが
 やはりどうせならちゃんと習ってみるか、ということで
 1月から教室に通うことに。

◍ 古琴

 昨夏、古剣奇譚を見たときから気になって
 ネットで教室を探してみたが、なかなか大阪にはそれらしいものがなく
 二胡ならば割合近場にあるので、それを習おうか、などと
 色々考えていたが、最近になって古琴のお教室を発見。
 現在、体験レッスン受講中。
 欧陽少恭も花満楼も令狐冲も弾いてい(る演技をしてい)た古琴。
 
 不器用なんでどこまで続けられるかわからないが、
 とりあえずは頑張ってみることに。

◍ 陶芸
 
 陶芸も3年めに。
 これまた月1ペースなので、なかなか思うように上達もしないが、
 気分転換のために続けようと思う。

◍ 二次創作

 二次小説、イラスト、マンガ、かきたいものだらけだが、
 なかなか時間がとれない。
 二次小説は電車の中やベッドの中でも書けるが、
 絵はそういうわけにもいかないのが難しいところ。

◍ 読書

 ついつい電車内でもツイッターをしたり、ポケモンGOをしたりと
 なかなか読書する心の余裕がない。
 来年は少し本も読みたい。

◍ ドラマ視聴

 ちょっとハマるとついつい二次創作に現を抜かすので
 次のドラマがなかなか見られない。
 途中で放ってあるドラマも何本かあるし、
 全く知らないドラマもどんどん見たいのだが‥‥‥。

◍ 中国茶に親しむ

 茶芸を習いに行きたい気持ちもあったが、なかなかその余裕もないので
 とりあえずは色々味わうところから始めたい。


以上、やりたいことがありすぎる。
本当はカーブスか太極拳に行きたいという気持ちもあったのだが、 
とてもそんな暇がなさそうである。
仕事と家事はイヤでもこなさねばならぬので、
朝寝をなるべく減らして、時間を捻出する以外ない。
一日の中に、中国語の勉強と琴の稽古を組み入れたいので、
うまく時間配分を考えねば。 



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本年のドラマ視聴まとめ

2016-12-30 13:05:42 | 徒然
◍2015年に見たドラマ

古剣奇譚
倚天屠龍記
ひょう行天下
ひょう行天下前伝
射鵰英雄伝
笑傲江湖
怪侠一枝梅
宮廷女官若曦
続・宮廷女官若曦
金玉良縁
蘭陵王
あさが来た

 <部分的に見たドラマ>
  楚留香新傳、陸小鳳伝奇、活色生香、天地传说之鱼美人、宮、

◍2016年に見たドラマ

風中の縁
琅琊榜
トキメキ弘文学院
他来了
地下鉄(ダイジェスト)
天下第一ュダイジェスト)
超級大英雄
東離劍遊紀(布袋劇だけど)

 <部分的に見たドラマ>
   天龍八部、偽装者、旋風11人、仙剣3、花千骨、神鵰侠侶、蒼穹の昴、真田丸


‥‥‥部分的に見た、というのが多いが、決してイヤでやめたというのではなく
ほかにもっと見たいものがあったとか、面白いけどその時の気分が乗らなかったとか、
動画サイトがつながりづらくて面倒だったとか、
中文字幕解読するのがめんどくさかったとか、
そういう感じで後回しにしたものばかりである(^^;;;;
なので、そのうち見たいとは思っているが・・・・。

今年はあまりにも琅琊榜一色になりすぎて、
二次創作にも熱中するあまり、
ほかのドラマをあまり見られなかったのが残念。
でも、琅琊榜にはそれだけの価値があったのでよし。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

再見! (琅琊榜ツアー25(終))

2016-11-28 11:34:09 | 2016.11 琅琊榜ツアー第1弾
11月23日、朝。
最後の朝食である。

お昼は茶館で食べ放題なので、朝に食べ過ぎないように、と言われていたが、
ついついいつも通り食べてしまう。

この日はゆっくりめの出発なので、朝の内に西湖を見に行く人たちもいたりで
わたしと◎藤さん、yosomiさん、ぽんちゃん、迷子さん、ふたばさんは
ホテルの近くを散策することに。
小さなコンビニ風のお店で、胡歌さんのヨーグルトをゲット。
皆それぞれ買って帰り、ホテルに戻って全部寄せ集めて撮影会w


そして、チェックアウト。
ホテルから出るその時、最後の最後にやらかした。
スーツケースがあまりに重くて持ち上げるのが億劫だったので、
ホテル前の階段の、急なスロープ部分にスーツケースを置いて、
雨で濡れているから用心して自分自身は階段を下りるつもりでいたのに、
スーツケースに引きずられる形で自分もスロープを降りる羽目になり、
足を滑らせて仰向けにドッスーン!(;''∀'')
あまりにも派手なひっくり返りように、
わたし本人よりも、そばにいたガイドの陳さんがオロオロ。
ごめんね、陳さん。すごくびっくりさせちゃったね。
「大丈夫? 頭打ってない? ホテルに注意します」とすごく心配してくれた。
「大丈夫大丈夫、どこも痛くないから。私がスロープなんて通ったのが悪いんだから」
と慌てて答えたけど、まだ心配顔で、申し訳なかった。
添乗員さんもびっくりしたはず。
最後の最後に怪我人出したら後味悪いもんね(>_<)。
ホントに不注意で申し訳なかった。
ホテルの人たちも慌てて階段やスロープの掃除してたし、
わたしの失敗のせいで、みんなに余計な気苦労かけちゃったな。
でも、あれだけ派手にスッ転んで、本当にどこも怪我せずすんだのは、
雁蕩山で修行して軽功が身につき始めていたのかもしれないぞ!?
お尻はちょっと濡れちゃったけどね。

道に迷って少し帰りが遅れていた西湖散策組も、無事に戻って来た。
みんな揃ってホテルをあとにし、お茶をいただきに出発!

中国茶にはとんと不案内だが、葛さんの詳しく丁寧な説明で
みんなそれぞれお茶を注文し、お料理をバイキングでいただいた。





美味しいお茶と料理でお腹いっぱい♡
わたしが飲んだのは、ウーロン茶の一種で武夷水仙というやつである。

さて、これにて琅琊榜ツアー全ての行程が終了してしまった。
とうとう、終わってしまったのだ。
なんとなく心を隙間風が抜けるような‥‥‥。

バスに乗り込み、空港へ向かう。
空港で下りれば、もう二度とこのバスに乗ることもない。
7日間、みんななんとなく決まったポジションをとっていた。
それぞれ、「自分の部屋」のようにして二席を使っていたので
このバスが「家」のようになっていた。
でも、お別れである。
寂しくなって、鼻から目へ、ツンと来る。

ついに空港に着いてしまった。
運転手さんとお別れし、空港に入る。
添乗員の土◎さん、ガイドの陳さんにも入ってもらって、みんなで記念写真を撮った。
土◎さんには本当にお世話になった。
彼女がいなければこのツアーは実現しなかったし、
細やかな配慮には頭が下がった。
陳さんはとても可愛らしく気のいい女性だった。
別れ際にも、朝わたしが転んだことを心配してくれた。
添乗員の手◎さんに写真に入ってもらえなかったのが心残りだが。

陳さんと別れ、中国を出国する。
◎藤さん、soramiさんとお茶をしながら、搭乗時刻を待った。

飛行機に乗り込み、思った。
行きの飛行機では、前に座っていた迷子さんたちとも
まだ面識さえなかったのだ。
旅は道連れというが、たった7日前にはツイッターで話したことはあっても
全くの見ず知らずで、道ですれ違ってもわかるはずのなかった人たちである。
それが一週間、家族のようにひとつ屋根の下に眠り、
同じ釜の飯を食い、苦楽を共にした。
大袈裟でもなんでもなく、そうなのだ。
なんとも不思議で、感慨深かった。


飛行機が成田に着いても、まだわたしはボンヤリしていたが、
道中、天然キャラ炸裂だった◎藤さんが、
テキパキとお仕事のお電話をされているのを見るに及んで、
ああ、日常に帰って来たんだ、と我に返った。
本当に夢のような一週間だったなあ。

スーツケースを受け取り、あとは流れ解散ということに。
西方面へ帰るのは私を含めて四人。
とはいえ、飛行機を乗り継ぐsoramiさん、東京で一泊の迷子さん、
東京までバスのふたばさん、そして成田エクスプレスの私、と
みんなバラバラだなと少し寂しく思っていたら、
ふたばさんが私に合わせてくださってなんだか心強くなった。
ホームで添乗員の土◎さんをお見かけしたが、
そのあとトイレに行って戻り、そのまま列車に乗ってしまったために
再会することはできなかった。
もっとちゃんとお礼が言いたかったけれど。

名古屋までふたばさんとお喋りしながら帰ることが出来たおかげで、
急にひとりぼっちにならずにすんで助かったw
昔から、この『祭りの後』的な感じが苦手なのだ。
それでも、一週間、本当に楽しい思い出を作れたと感謝している。
日中平和観光さん、ツアーの仲間たち、現地の皆さん、家族や同僚にも。

一週間前には顔の見えなかった相手と、
今はツイッターをしていても顔が浮かぶ。
不思議な感覚だが、なんだかほっこりする。

いつかまた、みんなで愉しい旅が出来たらいいと思う。

本当にいい旅行でした。

みなさん、ありがとう!!

謝謝。

再見!!

                       (琅琊榜ツアー 完)



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加