『夜をぶっとばせ』 読みました。

2017-01-30 | 


『夜をぶっとばせ』 井上荒野 著

内容(「BOOK」データベースより)

どうしたら夫と結婚せずにすんだのだろう。
「思い切ったこと」がしたくなったある夜、ネットの掲示板に書き込んだことで、
たまきの日々は「何かが決定的に」変わりはじめる

******

またかー
本当に、井上荒野さんが書く「男」って、「どーしょーもない」のが多い。
このDV夫も、あきれるー。
おまけに今作では、「女」も、ひどいー。
「たまき」も「瑤子」も、全く「おかしい」
共感できる部分がありませんでした。
が。
井上荒野さんの文章は、好きなんです。
ちゃんと、最後まで一気読みさせられます。うまい。

******



『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やぎの散歩 | トップ | 『五年前の忘れ物』、読みま... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL