『団地』

2017-07-16 | 映画


******

吉本新喜劇か松竹かー的なノリで
大いに、笑かしてもらいました。
斎藤工のまばたきしない目に爬虫類っぽい口元から出るけったいな日本語。
なんか、へんやなー。思ってましたら、
やっぱり、途中からフツーの展開やなくなってきて、
ちょっと待ってー。そんなアホな・・
と終わってしまいました。


何も深く考えんと笑い
ちょっとホロっとさせられ
団地のファンタジーを観られました(笑)

それにしても、岸部一徳さんは上手いですねー。
サリーがまさかこうなるとはね。

関西弁っていうか、あのほんわかしたしゃべりは、
京都弁ちゃいますか?

最後は、あれ、ハッピーエンドですよね。
へその緒がなんたらなったおかげですよね?
あぁ、よかった、よかった。

あ。
個人的に、喜劇の女王・藤山直美さんは
こんなこと言っちゃ、ブーイングかなー?
シリアスな役のほうが似合ってると思うんです。
どう見ても、目が笑ってない感じがするんですよねー(笑)

******

2017 0715

孫ちゃん、細気管支炎で外出アウト!今月は会えず(泣)

終業15分前に、終えることができた!

早出のシュミレーション、しっかりと!













『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ハッピーエンドの選び方』 | トップ | 海の日の夕凪 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL