『海の見える理髪店』、読みました。

2017-02-09 | 


『海の見える理髪店』 荻原 浩 著

内容(「BOOK」データベースより)

伝えられなかった言葉。忘れられない後悔。
もしも「あの時」に戻ることができたら…。
母と娘、夫と妻、父と息子。近くて遠く、永遠のようで儚い家族の日々を描く物語六編。
誰の人生にも必ず訪れる、喪失の痛みとその先に灯る小さな光が胸に染みる家族小説集。

******

昨日は雨。
収穫はお休みと決めて、家でダラダラを決め込んでいました。
最近は、ため込んだ録画映画を観るより読書モードが勝っています。
午前中、この1冊を読みました。

風景・情景が無理なく、すんなり頭に浮かんできます。

平和そうに見える家族でも、その実、いろいろあるんですよね。

自分もかなりきつい「幼少時代」をおくっていたとおもいます。
友人たちの平和そうな家庭が、羨ましくってしかたありませんでしたが、
大人になって、いろいろ話していると、
まぁ、へぇ!って、おどろくようなことがあったんだよ。って。
そうか、そうか、どこも、程度の差こそあれ、いろいろあるんだねぇ。
て、妙に納得したりして。

過去はかえられない。
けど、過去なしで今はない。
過去に縛られないで、乗り越えて。
未来のために、今、なにができるか。

なーんて、考えました。

さてさて、
今も雨ですが。天気予報ではお昼前には止みそうです。
収穫、がんばりましょー。

表題作はラストでぐっと迫るものがありました。
個人的な経験と重なって、「いつか来た道」
「空は今日もスカイ」が印象に残ったかな。
「成人式」は、親の立場から、考えたくない「逆縁」
きつい、テーマでした。














『小説』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マチネロス?ないです! | トップ | 採りたてセロリ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事

トラックバック

海の見える理髪店/荻原浩 (本と映画、ときどき日常)
6つからなる短篇集。 どれも家族にまつわるお話です。 家庭を顧みない夫に三行半をつきつけ家出した妻。 仲たがいし疎遠になった母に会いにいく娘。 娘を事故で亡くし、娘がむ......