はるかのひとりごと。

のんびりと旅レポお届け中~。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

奥飛騨再訪その1:神鉄に架かる橋

2006年07月28日 23時56分23秒 | たびろぐ西日本。

さてさて、ちょっと時間が経っちゃいましたが、
今月の初めに行ってきた、奥飛騨の旅レポをお送りします!

今回の旅は、昨年の11月に訪れた神岡鉄道の再訪が目的。

前回の記事がこちら→北陸乗りつくし?その2:鉱山の町の鉄道

前回は足がなかったので、乗車自体がメインだったんですけど、
実際に乗ってみて、そのロケーションの良さに感動!
「奥飛騨の地下鉄」と呼ばれる神岡鉄道、路線の半分以上がトンネルなんですが、
トンネルを出た一瞬が「橋」であることが多いんです。
で、渡ったな、と思うと、またすぐトンネルへ入っちゃう。
この、一瞬の外界の美しさにヤラレちゃって(笑)。
実は、この鉄道橋ってヤツが大好きなわたし。
旅仲間の先輩に車を出してもらって、撮影しに行ってきました。
今年11月末で廃止となることが決まっているので、
険しい自然の中を走る姿を、残しておきたかったんです。


神岡鉱山前駅と漆山駅間にあるこの橋。
深緑をバックに、ここをコトコト渡っていく車両、かわいかったです。
あ、車両が渡ってる写真は、全て一眼レフで撮っちゃったので、
ここでは「橋」のみの紹介となります(笑)。
前回訪れたときは曇天だったんだけど、この日はピーカン!
おかげで、露出オーバー気味でした~。嬉しい悲鳴です。


国道41号線を猪谷方面へ走らせると、
国道からは高い位置に、赤いトラス橋がありました。
飛騨中山駅を出て、もうすぐ猪谷駅、という位置。岐阜県と富山県の県境です。
こんな立派な橋も、元々は国鉄だったからこその設備かも。


せっかくなので、奥飛騨温泉口駅から一往復、乗車することに。
これは後ろから撮ったものですが、このあと、またすぐにトンネルへ入ります。
乗ってるとほんと、日を浴びるのは一瞬の出来事。


この橋が、神鉄のなかでもいちばん大好きな橋なんですよね~。
広い河原を緩やかにカーブして渡っていく橋。
ここは国道から奥まった位置にあるので、外からの撮影は厳しい場所。
川のせせらぎがとっても心地いい、美しい橋です。


終点、奥飛騨温泉口の2つ手前のこちらの駅、
「飛騨神岡」駅は、なんと橋の上にホームがあるんです!
ここも、トンネルを出るとホームがあり、またすぐにトンネルへ。
そしてこの駅は、神岡の中心街の最寄駅でもあります。
駅前には昔ながらの家や商店が立ち並び、
いかにも、かつて鉱山で栄えた街、というような味のある街並でした。


丸一日、神岡の自然と「橋」を堪能し、最後に1ヶ所、真っ赤なトラス橋を撮影。
この後にトンネルから出てきた「おくひだ1号」の姿、絵になってたなぁ~。
でも、今年の冬には、その姿を見ることができなくなります。
路線の半分がトンネル、ですからね、神岡の中心地以外は民家もほとんどない。
そういう状況だから、当然利用する人も少ないわけです。
貨物輸送がなくなった今、これでは存続も難しいんだなぁ、と思わざるを得ません。
たぶん、今回が最後の乗車になると思いますが、
もし、ここに神岡鉄道が走っていなかったら、
素晴らしい神岡の自然を見ることもなかったかもしれない。
そう思うとね、神鉄に「ありがとう」の気持ちでいっぱいのわたしなのでした。
『岐阜県』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 生麩のおまんじゅう。 | トップ | 大沖縄展のぬーやるバーガー。 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
もったいないですね (ルンバルンバ)
2006-07-29 17:44:06
はるかさんへ

神岡鉄道にはとうとう乗ることはなさそうですが、それにしてもこれだけのロケーションを走る鉄道は数少ないと思いますので、どうにかして残して欲しかったですね。黒部峡谷のトロッコ列車みたいな観光用にも使えなかったのでしょうね。

山口県にも錦川鉄道という似たようなタイプの鉄道が走っています。山口県人なのに乗ったことがないのですから偉そうには言えませんが、いろいろとイベントを企画して頑張っているようです。本来は終点の錦町からさらに延びる予定だったらしく、工事が中断された軌道跡が残っていて、その部分もいろいろと活用しているみたいです。

効率ばかりが追い求められる社会になってちょっと寂しいですね。
ルンバルンバさんへ。 (はるか)
2006-07-30 23:54:21
うーん…、ここは前回も考えさせられるものがあったんですけど、

やっぱり存続は難しいのかと…。

あの東大の施設「スーパーカミオカンデ」見学臨時列車だとか、

半分がトンネル、っていうのを生かして

「お化け屋敷列車」(だったかな)なんかをやってるみたいですが、

なかなか存続に結びつくまではいかなかったようです。

いかんせん、県境に向かって走ってるので、学生さんの利用も少ないように思います。

元々が三井金属の硫酸貨物輸送メインの路線だっただけに、

旅客となると厳しいのが現状なのかも…。

ほんと、いいところ走ってるだけに残念です。

錦川鉄道、旧岩日線ですよね。未成線の場所も含め、乗りに行きたいです!

がんばっている鉄道には、ずっと残っていってほしいですよね。
うわっ良いなぁ (かねごん)
2006-08-03 16:05:04
山々に囲まれた様々な橋、良いですねぇ~。

ここ廃線になるんですか。なんともったいない。

なんとなく、広島県北の三段峡線に似てて、それをグレードアップした感じ。ここも廃線になってしまったんですけどね。

なんとか観光鉄道としてでも残ってくれないものかなぁ。

こういった古き良きものが段々なくなっていってしまう日本って、ほんとに良いんだろうか。

カーブしている橋の景色がなんとも素敵です。
かねごんさんへ。 (はるか)
2006-08-03 23:23:42
カーブしている橋、気に入ってくださってうれしいですよ~。

ほんとにきれいなところを走ってるんですよね。

ああ、三段峡に相通ずるものがありますね。

可部線、可部から先の廃止もすごく残念でなりませんでした。

加計駅に高校生がたくさんいるのを見て、

こんなに利用客があるのに、廃止にしちゃうの??

と、悲しくなったのを覚えてます。

採算はもちろん大事だけど、だからといって儲からなければなくしてしまう、

そんな姿勢に、ほんと不安を感じますよね。

三段峡も、復活してくれないかなぁ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
旅行関連新着ブログ紹介 (高級旅館・高級ホテル宿泊予約)
TB失礼します。当ブログで旅行関連おすすめ新着ブログとして紹介させて頂きました。