妄想を少しと、好きな物、好きな事を備忘録のように、

好きなもの、好きなこと、
思いついたまま綴っています。

好きの範囲は人それぞれ、お注意下さい。

こんなお酒を呑んでいます vol 72

2017年02月12日 | お酒

一人、反省会。

空白の時間に起こった事を知るにつけ、

再びお酒に呑まれている自分に反省、

今回ばかりは、命に関わる事、気をつけねばと、つくづく思うのです、

そんな日ぐらいは、禁酒をすればいいのですが、

きっと、今頃、冬の寒空に、氷のような色の満月が、

そう思うと、温もりが欲しくって、それも、内側からの温かさが良く、

飲むとその塊が、口から喉、食道を経て、胃の中に落ちて行くのを感じながら、

大分県 宇佐郡 四ツ谷酒造有限会社

焼酎屋 兼八

原材料名 :麦(国産)、麦麹(国産麦)

アルコール分 : 25度

湯気の香りが乾いた麦の香り。

スペックを記していて、気づいたのは、麦麹、

お芋さんの多くは、米麹を触媒にして、お芋の糖分をアルコールにする。

兼八さんは、麦だけの焼酎。だから、麦の香りと味を堪能できる。

優しい口当たり、お芋さんのような癖はないけれど、

しっかりと麦から造ったお酒だって主張している。

 

こんな素敵なお酒が、まだまだ山のようにある、

もちろん、世界に目を向ければ、

ワインだって、ウィスキーだって、様々なお酒が、

お酒に飲まれて、寿命を縮めるような事なんて、できるはずがないもの。

きっと、何か勘違いをして、気持ちが大きくなりすぎた自分への戒めだった。

お米だって、麦だって、実れば頭を垂れるのだから、

その恵みを頂くのなら尚のこと、見習わなくては、

お酒の神様は、しっかりとみてくれている。

ジャンル:
お酒・お茶
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お願いすれば、 | トップ | 東の空に »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

お酒」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL