妄想を少しと、好きな物、好きな事を備忘録のように、

好きなもの、好きなこと、
思いついたまま綴っています。

好きの範囲は人それぞれ、お注意下さい。

呑んでいるお酒は 22

2017年06月18日 | お酒

昨夜のお供、

惰性に流されれば、一回の夜会で呑んでしまったけれど、

踏みとどまって、二合には足りない量を残しておいた

金沢涼風を「酒」前酒に、

丁度良いほろ酔い加減になったところで、

今宵の真打として、お芋さんをソーダと馴染ませて、

外飲みならば、炭酸水の焼酎割りなのだけれど、

家呑み、一人夜会だから、お芋さんが主役。

本日の主演は、

宮崎県小林市 すき酒造株式会社

須木

原材料名:さつまいも、米麹(国産米)

アルコール度数:25度

 

最小限のスペックした記載されていないラベル、

困ったことに、蔵元さんのサイトにも載っていない限定品、

黒麹仕込みだとの表示、

こうなると、自らの味蕾を信じるしかないと、腹を括るのだけれどけれど、

そんな想いは杞憂でしかなく、

癖がなく、優しいお芋さんの甘さが口の中で広がり、呑みやすいお芋さん。

ちょっとだけ、体が、それも、体の芯から冷やされる感じがあるのは、

ロックに近い濃さで飲んでいるだけが理由ではないと、

この先、梅雨が、真面目な梅雨になり、

許して下さいと懺悔したくなるような暑さを迎えた時

お芋さんを、氷と炭酸水で和ませるやり方が一番良いと、再確認させてくれた。

この子をもっと美味しく呑む為なら、暑さも我慢できそうな気がする。

ジャンル:
お酒・お茶
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 好物を、心に任せ、あらゆる... | トップ | 6月17日(土)のつぶやき その1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

お酒」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL