Haruka - Sissy, Submissive & Servant

女性の下着が大好きな、マゾ。

最近、そのどちらからも遠く離れてしまっています。

里は、春。でも山の上は、

2017年04月19日 | QOL

先週の土曜日、十五日。

思い立って、山へ花見に行くことに、目指すは、高尾山、

足慣らしと、トレーニングを兼ねて、ちょっと長めのコースを、

中央線の藤野から降り立つ。

登山口まではバスがあると、でも電車の時間とバスの接続に時間があったので、

駅から登山口まで、徒歩で足慣らし、30分ぐらいで到着、

計画書をポストに入れ、準備をしていると、臨時のバスが、

まあ、それも想定内、それ以上に山里の桜を眺めながら歩くのも良い気分。

そこから目指すは、

この像で有名な、陣場山へ、

微かに富士山が、今回の山行で唯一見えた富士山、

この先は、尾根道をテクテクと、

里で見かけた春の気配は、山の上ではまだ見つからない、

そして、二番目の景信山。

木々には、まだ新芽もないけれど、

登山道の道端にはスミレの花、

小さな花だけど、それぞれが少しづつ花の色が違う、

ピンボケだけど初めて見たミツマタの花、

名前の通り、全ての枝が三つに分かれているからわかりやすい。

途中、なぜか信楽焼の狸くんがお出迎え、

高尾といえば、紺屋、、じゃなくって、天狗なんだけど、、、

小仏城山まで来ても、まだ春の気配は、なし、

でも、目指す高尾山のほうみ目を向けると

山肌に、薄いピンク色が、春と冬の境界線が、

麓から、ゆっくりと北上している。

あいにくの通り雨、でも、さすがに高尾山、ネットで雨雲の動きまでわかる。

 

そして、その境界線の先端が、一丁平。

高尾山への最後の登りの斜面、

ちょうど、桜が見頃、

桜だけでなく、もうツツジまで、

整備された階段を、ハムストリングスを鍛えようと、

背筋を伸ばし、お腹から、お尻の筋肉を使って、膝を高く上げて、階段を登って、高尾山の山頂へ、

もう、ここは、春の世界の真ん中、

下りは、喧騒を避けて、4号路を経て、6号路へ、静かな山の中を、

そして、再び、春満開の山麓へ戻ってくる。

桜の花と新緑の緑のコントラストが美しい。

山の尊さは、その高さで判断できないって言うけれど、

まさしく、その通りで、季節の境を肌で感じた山歩きでした。

『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4月18日(火)のつぶやき | トップ | 歓心 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL