妄想を少しと、好きな物、好きな事を備忘録のように、

好きなもの、好きなこと、
思いついたまま綴っています。

好きの範囲は人それぞれ、お注意下さい。

宣言

2016年10月11日 | 妄想

床に這うように、命じられる。

目巻くしをされ、視界を奪われたわたしは、

お姉さまの気配と、音だけが頼り。

金属音と共に、お姉さまが戻って来る、

手首に感じる冷たさと、その音で、手錠だということが分る。

 

手の自由を奪われること、

もちろん、服従を誓ったマゾに、

お姉さまが与えてくれる自由しかないことを分っている。

でも、敢えて音を立てて、手錠をしていただくことで、

すべてを委ねた者だけが知る幸福感が

手首から、全身へと広がって行く。

私の所有者がだれなのかを宣言する儀式。

ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 操られて | トップ | 10月10日(月)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

妄想」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL