妄想を少しと、好きな物、好きな事を備忘録のように、

好きなもの、好きなこと、
思いついたまま綴っています。

好きの範囲は人それぞれ、お注意下さい。

深くまで、繋がり合って

2016年12月24日 | 妄想

少し驚いた顔のお姉さま。

それは、ちょっと強引に誘ったから、

ソファーで寛いでいる時、

目の前をお姉さまが通り過ぎるとき、

手を引き、こうして足の間に、座らせる。

 

お姉さまの女の部分には、ショーツ越しに、

ボクサーパンツを押し上げるモノを感じている。

それもまた、お姉さまを驚かせた理由。

女性から距離が離れているとはいえ、

こんなふうに求めるのは、、、、

 

私の男の子の激しさとは真逆に、

ゆっくりと、繋がること、一緒になることを楽しむ、

肌を覆う服を脱がすことすら、前戯に、

楽しみながら、高め合いながら、

ゆっくりと、入り込み、包まれ、一緒になっていく。

 

そして、立ちあがり、

繋がった部分をより深く、

互いを確認するために、

激しく動くわけでなく、

こうして立っているだけなのに、

女の場所が、探し、より強く抱きしめ、

二人の肌が紅に染まっている。

 

見下ろすお姉さま。

見つめる私。

主従関係ではなく、

本当に愛おしく思いあう恋人同士。

少しだけ腕に力を入れ、

しっかりと抱きしめる。

それを応えるかのように、

身体の中の私も、抱きしめられている。

強く、それでいて優しさを感じる力で。

『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年もまた、 | トップ | こんなお酒を呑んでいます v... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

妄想」カテゴリの最新記事