映画鑑賞 劇場版 Free!-Timeless Medley-絆 2回目

2017年05月18日 | Weblog
一度目は、久しぶりでワクワクが大きくて、楽しく見れた!という印象ですが、
繰り返してみると、どんどん思い出がよみがえってきて、感動の涙が出てくるようになりました。
やっぱり何度見てもFree!への愛が止まらない、再確認できる作品です。
唯一聖地巡礼に行った作品でもあるので、映る景色が実際に見た景色とリンクして、
本当に自分が作品の中に行ったことのある気がして、感動も一入です。



ここからは感想というよりも残念な出来事を書きたいと思います。

最近のアニメ作品は、入場者特典が必ず付くようになりました。
Free!も毎回そうですが、週ごとにキャラクターが変わるので、毎回争奪戦になります。
今回は、人気1.2を争う真琴が4週目にあるということだと思います。
映画って、回を重ねるごとに上映本数が減っていくじゃないですか。
私も最初マコちゃんが4週目って知った時に、大丈夫なのかな?と不安に思いました。

私が最初に見た1週目。火曜日のラストの回を池袋で見ました。
その時は、まだまだ特典は残っていました。
特典をフルコンプする予定もなく、後ほどブルーレイを購入するので、今回はマコちゃんが出るまで4週目を何回か見ればいいかな?とそんな軽い気持ちでした。
そして来る4週目。
休みの兼ね合いで、水曜日に見る予定でした。
最近ツイッターを始めたということもあって、何気に「Free コースター」で検索かけたら、
初日でどこの映画館もコースター終了しているという情報でした。
頭パニックですよ
初日って私が見に行く予定だった丸の内ピカデリーすでに一日一回の上映しかやっていないのに、その1回でなくなるって、想像だにしていませんでした。
これでまこちゃん手にできないんだ…と理解しつつ、いろいろ調べていると、
ツイッターで映画館スタッフに確認した情報をあげてくれる親切な方もいて、その方のおかげで、新宿だと火曜日まで在庫ありということで、月曜日に急きょ行くことができました。
ほとんど席も埋まっていたので前から3列目です。
お陰様で、自引きができたので、情報を流してくださった方や、わざわざ4週目に合わせて見に行ってくれた友人佐竹さん(愛ちゃんゲット)
確率を上げるために、映画に付き合ってくれた母に感謝の気持ちでいっぱいです。

自引きが出来た人に言われたくないかもしれませんが、
この回でフォトセッションが終わったら、ぞろぞろと帰る人がいました。
私は前だったので、後ろは見えませんでしたが、横の人はみんな帰りました。
同じ回を見た人のツイートを見ると、半数に近い人が帰ったそうです…
時間も時間(21:50スタート)なので終電や色々な諸事情があるのは理解できます。
推しキャラがほしい気持ち、私も今まで手に出来なかった事も勿論あるので、痛いほどわかります。
けど、真琴クラスタの民度が低いといわれるような行為、心痛みませんか?
私も、この回で手に入らなかったらあきらめると決めていきました。
実際に引けなかった場合、映画どころではない状態で見ていたと思います。
今まで推しが手に入らなかったときも、しばらくは落胆していましたが、キャラに恥じるような行為はしようとも思いませんでした。
真琴クラスタの民度が低いとおっしゃってる方々も、一度自分に置き換えてから、少しのやさしさをもって発言して下されば・・・と思います。
皆が手に出来れば、こんなことは起こらないのです。
むしろ、こんな事になるくらいなら特典なんてなくて良いシステムだと思います。
特典を用意するのは、配給会社なのでしょうか?
何度も足を運んでもらうためには、良い案だとは思います。
けれど、今回の4週目は、さすがに少なすぎではないでしょうか?
数が少なくて得をするのは転売屋だけです。
言葉は悪いですが、印刷物です、余ってもいいじゃないですか。
皆に回るくらい出してくれてもいいのでは?
先着特典ではなくてあくまでも入場者特典です。
入場したすべての人がもらえる権利あるはずですよね?
今回の数が少ない上に、体感的にまこちゃんが少ない気がします。
土曜日で殆どの劇場で無くなったからこそ起こってしまった騒動です。
これが他の回のようにあと数日残っていたら、こんなことにはなってないはずです。
ファンを置いてきぼりにするような販促、今一度考えて欲しいと思いました。

PS 途中退場するなら、せめて前の方のみずらい場所予約して欲しいですTT



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 紅亜ちゃん 7歳 | トップ | 進撃の巨人三昧 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL