恐怖体験 iPhone編

2016年10月15日 | Weblog
使い始めて1か月ちょっと経ちました。
使っている機能は、ほぼポケモンとキャンディークラッシュのみなので(笑)iPhoneの意味はないのですが、それなりに慣れてきました。

先日、母のスマホがなくなったということで、音を鳴らしたり、それまでの経路をたどったり、宅急便の中に入れたんじゃないかとクロネコさんに連絡したり、色々しましたが見つからず。
私のiPhoneで探したところ、家の敷地が表示され、コンシェルジュカウンターに行ったらあったとのこと。
宅配便を送りに行った時においてきたらしい。コンシェルジュさん知らせてくれてもいいのにと思ったり。
私がコンシェやってた時は、お知らせしてましたけどね~今はセキュリティーの関係とかでダメなのかしら?
それで解決して一件落着で終わらせていればよかったのですが、
興味本位で自分のを検索かけたら、今のいる場所が表示されて、でも 〇〇のiPod touch と表示されました。
しかしiPod touchはとっくに持っていなかったので、このまま表示されてるとなんか嫌だなーと思って、
その表示が消えると思い、消去を押したら…
使っているiPhoneの画面が「Hello」「こんにちは」という画面に
夜中の2時に声にならない叫びとともに手の震えが止まりませんでした…
しばらく放心状態でしたが、もう腹をくくって、1か月分のデータだし、ゲームはフェイスブックとかグーグルで入ってるから入れなおしてもデータは大丈夫に違いない。ラインも5人くらいだから、またお願いすればいいし、設定しなおそう…
と一から入れなおしました。途中の「ヘイ、シリ!」が涙声でしたがww
で、一通り入れなおしてから、iPod touchのデータを移動したときにiCloudで移動したことを思い出し、その分くらい残ってるかなーと思ってみたら
2時間前に自動でバックアップを取ってくれていました!
おかげで消す前の状態に復元できました
いや~今のコンピューターってすごいですねww
今思うと、iPod touchのデータを移行したから私のiPhoneの名前がそのまま〇〇のiPod touch になっていて。
すぐに名前を変えましたが、そんな罠が潜んでいるとは思わず。
ひとつ大人になりましたw
いや~怖かった(苦笑
ジャンル:
びっくり
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カフェ&バー CHARACRO feat.... | トップ | 友人の新居 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL