haruharu日記

日々想うことをつらつらと・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

キャリアなどに興味はない。それなりに稼げて、ストレスフリーなら、それがいいのだ!

2017-07-16 20:19:32 | 
『キャリアなどに興味はない。それなりに稼げて、ストレスフリーなら、それがいいのだ!』(著:DJあおい)


読了した本がたまっています・・・

付箋部分を抜粋します

・不満や文句は「お前が変われ!」というなんとも亭主関白イズムな発言なものですから、その頑固さから
 相手に素直に気持ちを伝えることがなかなかできないものです(p38)

・自分の人生に責任を感じることができる人、自立心の強い人ほど、たくさんの不安を抱えて、その不安と
 日々闘っているのだと思いますよ(p46)

・年上を手玉に取る器量と、年下には使われてあげる度量が社会人には必要だということですね(p69)

・怒るのは感情で、叱るのは理性です。そして、感情は自分のため、理性は相手のためです(p72)

・品のあるミスの償い方というのは、まず迷惑をかけてしまった人に「申し訳ありませんでした」という謝罪が
 最優先されるもの(p82)

・ではなぜネガティブな定義付けをしてしまうのかといえば、自分をよく見せるために、事前にハードルを
 下げているんですよね(p106)

・このように自分が主役になろうとするコミュニケーションは、人から敬遠されてしまうということです(p112)

・どれだけ気持ちよく喋るのではなく、どれだけ気持ちよく喋らせてあげるのか。
 どれだけ笑わせるのかではなく、どれだけ笑ってあげるか。
 どれだけ、自分に興味を持ってもらうのかではなく、どれだけその人に興味を持てるのか(p113)

・「苦労」と「苦悩」の違いは行動の有無です(p127)

・転ばない方法はないけど、立ち上がる方法ならいくらでもあるってことですね(p131)

・当たり前すぎてあまり意識されないことですけど、この「報酬を頂く」という目的意識は、仕事に行くときには
 かならず持って出勤しなければならないわけです(p149)

・生活を変えることができばければ、何を付け足しても自分は変わりませんので、まずは生活を綺麗に整えることだけに
 集中しましょう(p190)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 成功する人だけが知っている... | トップ | 生きるのが楽になる「感情整... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。