まさか、まさかの乳がん闘病記録

乳がんになる年齢は過ぎたと安心していたら、66歳にして、まさかの乳がん発覚!。
グランマの闘病日記!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

乳がん闘病記録(抗がん剤治療前)

2016-09-15 | 日記
昨日から、始まるはずだった抗がん剤治療が1週間延びました。  

何故、何故、何故 当日になって。 
(パクリタキセルの溶解剤がアルコールの為です。)

2ヶ月前にパクリタキセル+ハーセプチンと決まった時に、先生から何も抗がん剤の説明がなかったからです。 
(私も、その時抗がん剤の勉強をして置けば良かったのですが。)

私はアルコールの匂いを嗅いだだけで喘息になり、ブランデーケーキ、ウイスキーボンボンなどを食べたら心臓がパクパク、喉がゼイゼイ大変な事になってしまうのです。  


パクリタキセルと決まった後に、インターネット、本、ブログなどを読むとアルコールの苦手な人は………。
と書いてありましたが、先生は何も言っていなかったので、まあ大丈夫かなと思っていました。

昨日、先生にこちらからアルコール溶解の話を聞いたら無理との事。

だったら2ヵ月前にアレルギーの事ともう少し抗がん剤の説明をして欲しかった。
(私にも色々事情がありまして、なるべく副作用が軽いものを求めていて考えが甘かったのかも。) 


副作用の勉強をして、準備万端だったのにぃ・・・
冷蔵庫・冷凍室に食料品、日用品をいっぱい買い込み、準備万端だったのにぃ・・・  
朝早く起きて、高速に乗って2時間掛けて行ったのにぃ・・・。
    ガッカリ😖⤵です。
血液検査のみの、診察でした。

来週の水曜日から、TC療法+ハーセプチンを始めるそうです。(少々他人事。)
患者の要望としては抗がん剤治療の冊子とか、どういう治療をするか紙に印刷して欲しいです。
何も分からない、患者に対して。
     (私だけが思っている?)
ちょっと、主治医に不信感。  



米どころで撮った稔りの稲穂
『闘病』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 乳がん闘病記録(準備) | トップ | 乳がん闘病記録(抗がん剤治... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む