まさか、まさかの乳がん闘病記録

乳がんになる年齢は過ぎたと安心していたら、66歳にして、まさかの乳がん発覚!。
グランマの闘病日記!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

乳がん闘病記録 (2016)

2016-12-31 | 日記
2016が終わろうとしています。

乳がんで始まった1年、乳がんで終わろうとしています。これまで、生きてきた人生のなかで一番大変な1年だったような気がします。  

主人の病気、子供達の同時期連続結婚、孫の誕生などなど色々大変な事がありましたが、自分の病気となるとまた別でした。 

やつてあげる事には、慣れているのですが自分がやってもらう事となるとまた違いました.  

主人や娘、お嫁さん、お嫁さんのお母さん、私の姉 未だに親戚以外には、乳がんは話しては居ません。 皆んなには、本当に心配頂き有難うございましたです。    

特に主人には、感謝です。   

嫌な顔一つせず病院の送り迎え、病院の長い待ち時間、点滴の長い待ち時間、色々な事に1年間振り回してしまいました。

本当に感謝感謝の1年でした。           ありがとうの一言です。  

来年は、歳が歳なので動けるうちは色々な所に出かけようと思っております。   

癌サバイバーの2人、元気でいつまでも頑張ります。   




話はガラッと変わって、抗がん剤治療が終わって1ヶ月以上が経つのに足の浮腫が中々解消しません。   

少しずつ良くなっているように、思えるようになったのはここ2~3日。 いつまで続くのかこの浮腫 

辛いです。    浮腫と脱毛の副作用は年越しです。   



1年色々有りましたが、来年は何もなく穏やかな日々が過ごせますようにと願って今年最後のブログです。   


来年は年明け早々、1月6日にハーセプチンです。


   皆様、よいお年を。     



 
『闘病』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 乳がん闘病記録 (ドセタキ... | トップ | 乳がん闘病記録 (2017... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事