思考が浅いと裏目に出る

2016年12月20日 06時36分49秒 | 世間一般
大統領就任早々ノーベル平和賞を受賞したオバマ大統領 
 
最初にこのニュースを聞いたときに 
 
まだ核廃絶の理念だけを語ってるだけなのに 
 
早すぎないか? 
 
なんて思ったのは私だけではないと思いますが 
 
しかし今になって見ると 
 
明らかに大間違いですね。 
 
ノーベル賞の選考委員も後悔してる事と思います。 
 
オバマ大統領はもうすぐ8年の任期を終える訳ですが 
 
この間の世界の動きを見ると 
 
本当に平和の実現なんてのは難しい 
 
そんな風に思いますね 
 
オバマは最初の選挙の時に 
 
米軍のイラクからの撤退 
 
これを公約に当選した訳ですが 
 
ではその撤退にどんな意味があったか? 
 
なんて事を検証すると 
 
一口で言えば 
 
米軍の若い兵士の死をムダにしたって話しです。 
 
つまり 
 
ブッシュ政権時代イラクに侵攻した米軍 
 
たくさんの自国の若者の命を犠牲にして 
 
サダムフセインを倒した訳ですが 
 
その事によるイラクの混乱を抑えるために駐留してた米軍 
 
これをオバマが撤退させたために 
 
今度は 
 
フセイインより最悪なISが台頭した訳です。 
 
そしてシリアでも最近アサド政権がアレッポを奪還しましたが 
 
これもオバマが直接の軍事介入をためらったために 
 
瀕死のアサドが生き返ったって訳です。 
 
ここでも 
 
30万人とも言われる犠牲者を出してまた振り出しです。 
 
こうやって結果から見ると 
 
平和を強調して軍事介入を避けたオバマ 
 
実際にはこの決断が 
 
たくさんの命を失っただけでなく 
 
中東の混乱に拍車をかけ 
 
これからも無数の犠牲者を出す事になった訳です。 
 
ですから皮肉な事に 
 
平和を訴えて当選しノーベル平和賞も受賞したオバマですが 
 
結果から見れば 
 
たくさんの命を失う事になった原因になってしまった訳です。 
 
まぁしかしオバマに限らず世界には平和を訴える人がたくさんいますが 
 
平和を叫んだだけで平和が来ればこんな楽な事はないですよね。 
 
実際に平和をもたらすには 
 
武力も必要だし軍事行動も欠かせない 
 
これが人間の歴史を見ればよく理解できます。 
 
平和、平和と訴えてるだけで自己満足に陥ってる人達は 
 
どうも考えが浅いように見えて仕方がありません。 
 
平和を望む気持ちは誰でも同じですが 
 
それを実現するためには 
 
色んな物を犠牲にしてしか成し遂げられないって話しです。 
 
この建前だけ唱えるだけの人達 
 
色んな世界にたくさんいますよね。 
 
私達のビジネスの世界でも 
 
本当にこの事を強く感じます。 
 
私達経営者から見れば 
 
労働者の権利の主張が強い団体だとか 
 
あるいはそれに影響されてる人達 
 
どうもやってる事が裏目に出る 
 
こんな風に見えて仕方がありません。 
 
労働者の権利を強く主張すれば 
 
企業の採用意欲は萎えますし 
 
結果企業は縮小の選択をします。 
 
縮小しなくても 
 
グローバル化の中では 
 
安い労働力の国に逃げて行きます。 
 
それよりも一番恐いのは 
 
事業の継続の意欲も失う訳です。 
 
特に私達のような零細企業は 
 
過剰な権利を押しつけられば 
 
経営が成り立ちませんから 
 
閉鎖の選択 
 
これが現実になります。 
 
会社があっての権利主張ですから 
 
無くなればそれから解放されるって訳です。 
 
まぁしかし当社の場合は 
 
なんとかかんとか役人の指導に従って頑張っていますが 
 
これからどうなんでしょうね? 
 
分かりませんが 
 
少なくとも私達国民は 
 
生き残るためには 
 
耳障りの良い建前だけにとらわれてはいけませんよね。 
 
特に零細企業は 
 
毎日僅かの売り上げでやりくりしてる訳ですから 
 
ある意味経営者は綱渡りをしてるようなものです 
 
そんな時に 
 
過剰な負担を押しつけられば耐えられなくなります。 
 
先日久しぶりに訪ねてきたお客様がいましたが 
 
この方小さな鉄工所を経営していましたが 
 
長年一緒に苦労してきた従業員がいますので 
 
自分の生活費を削りながら頑張っていたそうですが 
 
数年前に閉めたそうです。 
 
閉めた理由は 
 
自分は従業員の事を考えて続けてるのに 
 
年金事務所と労働基準監督署がガタガタ言って来たので 
 
一気にやる気を失ったって話しでした。 
 
この話し 
 
多分日本中にありますよね。 
 
まぁ時代の流れですが 
 
いずれにしても 
 
日本の零細企業の状況 
 
これを知らずに過剰な負担を押しつけると 
 
労働者のために行った行為が 
 
逆の結果になる 
 
そんな側面もあるって事です。 
 
平和を訴え米軍を引き上げたオバマの行為が 
 
たくさんの命を失う結果になるのと一緒で 
 
労働者の権利も浅い考えで押し進めると 
 
結果労働者の働く場所を奪う事になり 
 
逆効果って訳です。 
 
居酒屋にブラック企業のレッテルが貼られて 
 
時給を上げたり 
 
勤務時間の短縮を強制したり 
 
なんて事が行われましたが 
 
そのせいで 
 
閉める居酒屋も目立ちますね。 
 
働く場を失った人も困りますが 
 
当社もよく利用してた居酒屋が閉鎖になる 
 
なんて話しを聞くと 
 
どうも 
 
今の建前がはびこる風潮 
 
少し的外れ 
 
そんな気がして仕方がありません。 
 
いずれにしても 
 
私達の人間社会は密接につながってますから 
 
何かを攻撃すれば 
 
自分にはね返ってくる 
 
こんな事も多い訳で 
 
気をつけたいものです。 
 
 
ジャンル:
アパート・賃貸・不動産
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 攻撃型と守備型 | トップ | 酒の席には地雷が埋まってる... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世間一般」カテゴリの最新記事