ガツン

2017年05月15日 06時59分23秒 | 社内事情
昨日の朝 
 
出社した長津田店の店長が厳しい顔で私の机にやってきました。 
 
社長昨日の書類の話しですが・・ 
 
何の話しだっけ? 
 
伊志嶺が提出した保険の書類です 
 
ああダブって2枚出したから1枚で良いよって言った話し? 
 
そうです 
 
で? 
 
その話しを伊志嶺にしたら 
 
その前に社長が伊志嶺に電話したそうですよね。 
 
そうだっけ? 
 
そうだっけじゃありませんよ 
 
何でそんなに怒ってるの? 
 
だって社長はその電話で伊志嶺に書類が提出されてないから提出するように言ったそうじゃないですか? 
 
あぁそうだね 
 
あぁそうだねって社長、伊志嶺は一旦提出したのに社長から催促されたので2度提出したんすよ。 
 
そう伊志嶺が言ってんの? 
 
そうですよ。だから私は大恥かいたんです。 
 
大恥って・・大げさな 
 
だから私は伊志嶺に言ったんです 
 
何て? 
 
社長にガツンと言ってやるって 
 
だから今ガツンと言ってる訳か? 
 
そうですよ 
 
せっかくガツンと言ってもらったのに恐縮ですが 
 
何ですか? 
 
反論です。 
 
えっ? 
 
確かに私は伊志嶺に書類が届いてないと電話しました 
 
ですよね 
 
ただ私がダブってるって言ったのは 
 
違うんですか? 
 
催促した結果同じ申込書が2枚一緒に来たから1枚で良いって言った訳です。 
 
って事は社長が電話したときにはそれはやっぱり無かった? 
 
はいその通りです。 
 
げ~っ じゃ悪いのは伊志嶺? 
 
悪いとかなんとかは大げさなので勘違いと言いましょう。 
 
では私は今大恥掻いてるって事ですか? 
 
それも大げさですからこれも勘違いって事で終わりましょう。 
 
いやそれでは社長に申し訳ありません 
 
別にそんなに気にしませんから大丈夫です。 
 
私から伊志嶺に言います。 
 
そうですか? では事実をお伝え下さい。 
 
私から間違いなくガツンと伝えます。 
 
そのガツンは要らないから普通に穏やかにお伝え下さい。 
 
・・・・・・スミマセンデシた。 
 
 
まぁしかし大した話でも無いのに 
 
話しが大きくなってしまいましたね。 
 
この話し 
 
私達仲介業者が気を付けなければいけない事ですよね。 
 
よくある話しなんです。 
 
本来当事者同士では何でもない事が 
 
間に人が入る事により 
 
その間の人間が過剰に自分の存在をアピールすると 
 
大火事になってしまう事が・・ 
 
不動産屋は大家さんに気を使って 
 
入退去の時に過剰に入居者に負担を求める 
 
なんて事が良くあります。 
 
ところが大家さんは 
 
長く住んでもらったのでそんなに負担して貰わなくて良い 
 
なんて言ってるのに 
 
それでも仲介業者が頑張るものですから 
 
突然大家さんに入居者から内容証明郵便が届く 
 
当社でも具体的にありました。 
 
これでは仲介業者は邪魔ですよね。 
 
また私が何度も書いてますが 
 
税務調査の時の税理士 
 
これも要らない事が多いです。 
 
税金を誤魔化す気がなければ 
 
何も税務署を恐れる事はありません 
 
全て晒して判断を仰げば良いのです。 
 
ところが 
 
間に税理士が入ると 
 
報酬が発生しますが 
 
その報酬が税理士に 
 
仕事をしなければ・・ 
 
って意識を強く植え付ける訳です。 
 
結果要らない頑張りを見せて 
 
余計な税金を払わされたり 
 
逆に隠して重加算税 
 
なんてケースに発展する事が良くあります。 
 
ですから 
 
私達仲介業者は 
 
自ら間に入る事によって 
 
顧客の利益になる 
 
なんてのは 
 
実は簡単そうで簡単では無い 
 
これをしっかり理解する必要がある訳です。 
 
当事者が求めない頑張りは 
 
問題を深刻にする 
 
そんな事も多いって事です。 
 
 
とにかく 
 
ガツンは要りません。 
 
 
ジャンル:
アパート・賃貸・不動産
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 誰も見て無いどころか生きて... | トップ | 嫌いな人が増えたら脳の硬直... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む