美味しい遊病生活。命はいのち。

病と闘うのではなく、
病と遊ぶ「遊病生活」。
すべては必要でうまくいっている。
だから大丈夫。

病院越しの月。

2017年05月11日 00時32分29秒 | 主人のこと、私のこと。

支援の帰り道。
主人が入院していた病院越しに白く光る美しい月が見えました。


二度と通ることはないだろうと思っていた病院の裏側です。
介護タクシーに乗って通院する時のルートでした。
あの時の主人が浮かびます。
何度も、何度も通いました。

主人が呼んでいるのかなあ。


ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Kitchenましゅまろ。 | トップ | 昨年も今年も。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。