翔んで翔んで

お訪ね有難うございます
アクセスランキング一位獲得
60歳から綴った自分史です

 


 

朝日旅行 /《岡倉天心(六角堂)&コキア見晴らしの丘》

2016-10-08 17:15:01 | ◆73歳/2016年

 『コキア』みはらしの丘

花のテーマパーク

  『コキア』/真紅に染まる

    (パンフレットより)

    

 

国営/ひたち海浜公園

  紅葉には3~4日早い 

 

2013年10月開園

 軍事用跡地利用 

 

 

  

コキアとは/ほうき草

  

コキア・・25000本 

 

花のテーマパーク・・・「国営ひたち海浜公園」は茨城県を代表する観光スポット 公園面積は約200haと広大な敷地に大規模な花畑が広がります 春/水仙、チューリップ、ネモヒラ  夏/バラ、ジニア、ヒマワリ  秋/コキア、コスモス  一年中/四季折々の草花が楽しめます

 

   青い海、白い砂浜、潮風に吹かれ

 

 

シーサイド トレイン

園内一周/40分

  

 

    

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

天心/ゆかりの五浦

東日本大震災

2011・3・11(H.23)Pm2:46発生

 五浦/六 角 堂

 

 

岡倉天心とは・・・急激な西洋化の荒波が押し寄せた明治という時代の中で、日本の伝統美術の優れた価値を認め、近代日本美術の発展に大きな功績を残しました 東京美術学校(現・東京芸術大学)の創設・初代学長、博物館の整備、文化財保護の先駆者

 

新天地を求め・・・天心が五浦に出合ったのは明治36年(1903年)40歳の頃 明治38年自らの設計により『天心邸と六角堂』を建築しました 翌年『横山大観』らを呼び寄せ国内外で精力的に活動しました 天心は終生この地を拠点に活動しました 『六角堂』は昭和30年茨城大学に寄贈  

 

 

 

 

ボランティア説明30分

詳しい説明を聞く

 

東日本大震災

流された『六角堂』

 

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

 

 

天心遺跡シンボル

『六角堂』

杜甫の草堂である《六角亭子の構造》 

②朱塗りの外壁と屋根の上の《如意宝珠》は仏堂の装い 

③内部は床の間と炉》を備えた茶室としての役割だと言う 

 

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

 

六角堂/岡倉天心設計

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   

 

東日本大震災/『六角堂』は津波により流失

国の復旧予算に加え多くの方々の寄付金によって一年後

平成24年/創建当初の姿で再建されました 

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

 

 

 

 五浦 観光ホテル

さくらの膳 

五浦 観光ホテル

別館/『大観荘』もあります

 

五浦 観光ホテル

東日本大地震/一階部分まで浸水被害

 

 

 ホテルロビー

 

 

さくらの御膳が美味

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 

 

 

登録有形文化財

天心遺跡

 

長屋門/登録有形文化財 

百年の時を経て面影を伝えます 風情ある佇まいの長屋門

遺跡の管理室・受付として使用 当時と同じ役割を果たします

『登録有形文化財』とは・・日常使いながら保存する

 

 

天心邸(観浦楼)

登録有形文化財

明治17年頃地元の実業家「柴田稲作」が建設した建物

 

 

天心の墓所

奥様が東京から分骨して納骨

 

天心先生/墓所 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

六角堂/『亜細亜ハ一なり』・・・天心の『東洋の理想』冒頭の一文 インド、中国、日本など「アジア」という一つの概念を指し示したもの 東洋文化への天心の篤い思いが込められています 細川家当主/細川護立、横山大観、資生堂社長、福原信三により石碑は昭和17年建立されました  『アジアは一つなり』・・・石碑の撮影は失念しました

 

 

『六角堂』

中国~インド~日本と言ったアジアの伝統思想が 

一つの建物全体で表現されています  

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

『岡倉天心』を訪ねて

 国営/ひたち海浜公園

 《朝日旅行/2016・10・7・金》 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

東日本大震災/2011・3・11 

(H.23)Pm2:46発生

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ① 鞍馬寺・・毘沙門天 /大... | トップ | 誕生会(於:銀座) /世界の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL