ハルちゃん釣り名人計画!

大学は楽勝なのか???

勝山、夜クロムツ

2016-10-14 16:17:21 | Weblog

クロムツ32匹で竿頭


(写真は4名分弱。プラス20匹)

前回、クロムツが美味しかったってことで再挑戦。

同行者はS氏、D、I、そしてワタシで右舷に並んでミヨシ2番からトモ3番までD~ボク~S氏~Iの順で。ボクいつも真ん中です

出航前にミヨシ1番のお客さんと話ししたら、コチのお客さんらしく、右舷は横浜沖みたい(笑)

なぜか出航して場所まで大雨

ナライも強かったけど、東京湾口を出て少々沖まで小一時間。

まあ、やってられないほどのシケじゃありません。こういうとき胴の間って楽チン

Dに前の糸ふけ出す人の地雷処理を頼んで、真ん中でゆっくり釣ろうとするボクに対し、Dを地雷として配置してボクに勝とうとするS氏。ボクも2連敗するわけにはいきません

ボクは駿河湾用の古い柔らかいヤリイカ竿にPE4号のリールで。

開始早々、型見たのは初挑戦のI。

ボクらは遅れて顔見るけど、魚の活性高いから、ほとんど空振り無しでアタリ頻発。

サバだったりスミヤキだったりアジだったりすることもあるけど、とにかく毎回なんかヒットするんで忙しいです。

そんなこんなのうちに雨も上がり、風は強いけど、心配してた早潮もそれほどでもなく、流しっぱなしで入れ食い

S氏と20ぐらいまではリードされてたけど、ココは負けるわけにはいきません

御飯も食べないで真剣に釣りして、トラブルあってもいかに素早く復旧するか

サメに仕掛け一式やられたりしても、素早く次の投入

案外アタリがあっても掛らないことがあるんだけど、アジやサバか?もしくはスミヤキやクロムツにチモトから切られてるか。。。

100m弱の水深なんで投入回数でアドバンテージを得るのは難しいから、いかにトラブル無く釣りするかココが勝負どころ。

リカバリーに時間かかって投入回数で負けると、釣果に差が出ます

30を超えるか超えないかの時にDとオマツリしてグルグルで大変な事になってしまったS氏

コレで時間的にもボクの勝利は確定です

ボクもシャークアタックで仕掛け全損して、予備も使い切って船長に仕掛け買いに行ったりしてたんだけど、それでもオマツリ解くよりは素早いリカバリー

32対29で勝利した上に竿頭まで頂戴しちゃいました

クロムツの活性は高かったんだけど、スミヤキやサバが邪魔します。タナが低いとアジ、サバが邪魔。

動かしすぎるとスミヤキの餌食。

しっかり1mタナ切って、誘い上げより誘い下げ

掛ったら手巻きアシスト高速巻上げだけどやっぱりシャークアタックはありますね。

高速すぎて間に合わないで、間違って噛み付いちゃったのかシャークがオモリ齧ります。

諦めないで取り込めば魚ついてることも。

仕掛けの投入は3本針なら吹流しで放り込めばOK。ハリスやられて忙しいときは2本針でも充分です。

ハリス結び直すよりも手返し優先

雨もやんで運動会みたいにガンガン誘ってガンガン巻いてガンガントラブル処理。

体力も気力も全開で、電動だからって全然楽な釣りじゃありませんでした

美味しそうなクロムツ大漁でクーラー満タンだったんで交通費をムツ払いで送迎付き楽チン釣行。

帰ったのは深夜1時半。さすがに良く寝れました

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハルと一緒にスミイカ | トップ | ハルだけ墨烏賊 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL