流生の blog 羽            

☆ blog と
画像と 音楽を 見て聴いて欲しい
Have a wonderful day
素敵な一日を☆

  ” ごちそう ” 革命

2016-10-29 | エッセイ

幼いころから ついこのあいだまで " ごちそう ” という言葉で私が発想するのは豪華な食事だ。

その豪華さは フランス料理や中華料理。前菜にすでにマグロだの アワビだの サーモンだの

フカヒレだの 伊勢海老だの トリュフやフォアグラまでが いっぺんに登場したりする。

もうだめだというところで ケーキや プリンや ごまだんごだの こってり系のデザートが登場

それが 長くかわらぬ私の ” ごちそう ” イメージだった。

ところが 先だって ” ごちそう ” 革命が私の中で 起きた。きっかけは おいなりさん である。

いなり寿司がここ数年 食べたくてしかたがないのだが そのいなり寿司とは店に売ってるもの

ではなくて かつて母が作ってくれたものである。馬鹿でかく 甘くなく しっとり濡れていて

酸味とだし味がちょうど加減され 必ず半分は お揚げの皮がひっくり返っているおいなりさん

おいなり熱が高まったある休日 意を決して私はおいなり作りをはじめた。油揚げを油ぬきして

袋状に開いて。。と ここですでに 私はくじけそうであった。菜箸でころころしてから開けば

簡単ということは知っているが うまく開かず 穴が開いたりする。この時点で早くもひっくり

返すのはあきらめた。なんとか開きおわったら今度はひたすら煮る。ごはんが炊き上がったら

すし飯まで作る。具入りと白ゴマの二種類はすでに挫折。結局 白ゴマをふったものを用意し

煮上がった油揚げをさまし 煮汁を絞り 酢飯を詰めていく。これもまたじつに面倒な作業で

ご飯を入れすぎると袋が破けるし おそるおそる入れると奥のほうまでご飯が入らないのだ

しかも こんなに手間ひまかけたというのに 油揚げが味薄過ぎた!もう味つけしなおせない

しかし母のおいなりさんにははるか及ばずとしても 馬鹿でかいおいなりさんは美味しかった

そうして私は思ったのである。” おいなりさん ” 皿に置けば真っ茶色でなんとも地味である

が こんなに手間をかけなければ作れないものこそ ” ごちそう ” ではなかろうか。そうだ!

これこそが真の ごちそう なのだ私の " ごちそう ” 感ががらがらと音をたてて変化した瞬間。

 

 

 ☆「おみやげ何がいい?」って訊かれたから

  「おしゃれなキーホルダー」って言ったみた

    合鍵つけて渡されたいって 罪なのかなぁ

 

 

 

 

      

 

   

 

 

ジャンル:
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  真っすぐに帰りたくない・・・ | トップ |    余計なお世話 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (たにむらこうせつ)
2016-10-29 10:02:24
ごちそうの概念は人それぞれですよね。
私のごちそうは白いご飯です。
食べられる幸せを感じるんです。
有り難いですね(^-^)
Re:おはようございます (流生)
2016-10-29 10:51:05
たにむらこうせつさん

コメントありがとうございます♪

白い炊きたてご飯ですね!
新米が出ました!楽しみが倍増ですね
私も毎日のお努めは母の仏壇へ・・・
1日と15日はお赤飯です。母の教え。

素敵な週末をお過ごし下さいませ♪
素うどん (チェロ)
2016-10-29 10:57:33

おはようございます、

いいえ、
決して罪ではありません、
ただ恋してるだけ、
でも恋は、
罪作りなのかもしれませんね、

いっそ、
お稲荷さんに、
恋しましょう、

退屈な、
時間ですかと、
聞かれすぐ、
そんなことない、
横向いて言う

裏返った狐ずし、
大好きです、
素うどんとともに。
懐かしいおいなりさん (Ocicat)
2016-10-29 12:06:09
おはようおございます。
昔母が作ってくれたおいなりさんを懐かしく思い出しました。
当時は食べ盛りの子供たちを含め家族の為に山の様に作ってくれましたが 子供心にご
馳走で楽しみにしていました。
後日自分で作ってみて何て手が掛かる事か!と驚きましたね。
具を細かく切り煮詰める、油揚げを開くには息を詰める様に、そして味をしみ込ませる難
しさ等々。
どうしても母の様には出来ませんでした。 そしてもう二度と自分では作らないだろうと・・・
それでも時々無性に食べたくなるのです。 勿論買ってきます(恥)
やはり心を込めての手作りが一番のご馳走ですね。 大人になって分かる事?
Re:素うどん (流生)
2016-10-29 16:19:45
チェロさん

コメントありがとうございます♪

裏返った狐ずし
お好きでしたか~私も大好きです。
なんせ狐ずしですから欺しは得意。
葉っぱを乗せるのは狸さんでしたね。
素うどん 食べていません。
最近はトッピング自由ですので
貧乏性の私は「木の葉」うどん状態です

退屈な時間があると泣きそうだから
めちゃくちゃ働いているのです。
素敵な週末になりますように♪
Re:懐かしいおいなりさん (流生)
2016-10-29 16:30:04
Ocicat さん

コメントありがとうございます♪

やはりお母さまの思い出話に繋がる!
よくぞ昔の女性は今ほど便利な調理の
器具もないのに手作業で頭が下がる。
自分で作ってみて驚きの手間ですよね
のり巻きみたいに華やかでもなくて。
はい。
私も多分二度と作らないでしょう。笑
私ももちろん買ってきます!恥
食べたくなって来ましたね~(^^)

素敵な週末をお過ごし下さいませ♪
Unknown (みゆきん)
2016-10-29 21:41:08
あーーーーーーーーーーーーーーーーっ
今日はジッちゃんのお母さんの月命日だったの
おいなりさん作って供えたの
羽さんのブログ見て
これって偶然?
ちょっと感動(^ε^)-☆Chu!!
Re:Unknown (流生)
2016-10-29 21:50:24
みゆきんさん

コメントありがとうございます♪

え-ーーーーーーーーーーーーーーっ

ジッちゃんの母上の月命日
みゆきんがいなり寿司つくったの!
すげーーーーー尊敬するわ!
あたしゃ。挫折したわ !!
買った狐ずしに変更してる! 爆
巻き寿司みたいに華やかじゃないけど
しっとり濡れたいなり皮がたまらん !!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

エッセイ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。