春夏秋冬

合流を繰り返して豊かに海まで流れ続ける川のようにわたしもひとびとの中でその日まで元気に流れ続けたい

落ち込んだ後に

2017-05-31 | 想いの記録
今朝は大失敗をしてウイルスに怯えましたが嬉しいこともありました。
図書館のコーナーで読むだけで、滅多に買わない雑誌「クロワッサン」を買って、抽選に応募して「布バッグ」が当選しました。
たった今届きました。
ウイルスチェックでパソコンスキャンに時間がかかり、体操サボってしまったけれど家に居たから即受け取れた。
大好きな黒猫のお兄さんを煩わせなくてよかったわ。

わたしはよく当たるの。
一番大きい当選はバイクね。
宝くじは全然当たらない。
「宝くじで一億円当たった人の末路」という本を借りて読みましたが、読んでよかった本の一つです。


【第1章】やらかした人の末路
・宝くじで1億円当たった人の末路
・事故物件を借りちゃった人の末路
・キラキラネームの人の末路
【第2章】孤独な人の末路
・「友達ゼロ」の人の末路
・子供を作らなかった人の末路
・教育費貧乏な家庭の末路・賃貸派の末路
【第3章】逃げた人の末路
・自分を探し続けた人(バックパッカー)の末路
・留学に逃げた人(学歴ロンダリング)の末路
・「疲れた。海辺の町でのんびり暮らしたい」と思った人の末路
【第4章】変わった人の末路
・電車で「中ほど」まで進まない人の末路
・「グロい漫画」が好きな人の末路
・外国人観光客が嫌いな人の末路
【第5章】怠惰な人の末路
・癖で首をポキポキ鳴らし続けた人の末路
・8時間以上寝る人の末路
・いつも不機嫌そうな上司の末路
・体が硬い人の末路
【第6章】時代遅れな企業の末路
・禁煙にしない店の末路
・日本一顧客思いのクリーニング店の末路
・リモコン発見器の末路
【第7章】仕事人間の末路
・ワイシャツの下に何を着るか悩む人の末路
・ワイシャツの下に何を着るか悩む人の末路2
・男の末路
・アジアの路上生活障害者の末路

ウイルスの脅威に怯えた

2017-05-31 | 想いの記録
朝、女性からの夫宛てメールが来ていた。
うちのパソコンは既読にならないので開いて見た。
添付書類も開いて見た。
中は空っぽ。

夫に話した。それはウイルスだよ!っていうのよ。
慌ててウイルスバスターに電話!!
我が家はウイルスバスター月額契約しています。

電話料が22秒10円だったか・・・ムカついたわ。
でも我慢。
あちらの指示通りに操作する。
スキャンに約一時間半かかりましたが、
「脅威は検出されませんでした」

それというのも、夫が再就職したからなのよ。
わたしが邪心を持つようになったのがいけない。

夫は職場に向かう前には必ずシャワーを浴びてコロンをして整髪歯磨きシャキッと着替えます。
痩せてスッキリしたし、顔つきも若々しい。
この頃は年下?って聞かれることもあり・・・悶々としていたことは確かなの。
じゃなきゃ開かないわ。夫宛てのメールなんか・・・。

邪心を持つと選択を誤るわね。
反省。


フルモニ現在は

2017-05-30 | 食生活、ダイエット、健康、美容、おしゃれ
庭のキャベツの葉っぱが凄く硬くて厚くて、生食できないから一枚一枚剥がして冷凍しました。
冷凍中にパリパリになるのでビニール袋を揉んで小さく砕きました。

毎朝そのキャベツのカケラとバナナとリンゴと豆乳でスムージーを作って飲んでいます。
お腹が空いたらナッツをぼりぼり・・・朝はこんなものよ。
昼まで持たないので、だいたい10~11時には昼ご飯を食べる。
昼と夜は小豆ごはんと肉魚副菜・・・ちゃんと普通食。
体重は48まで戻ったけれど、サイズは変わらない。
ジーンズはS。
顔とお腹はふっくらしてきた

夫の気持ち?

2017-05-28 | 想いの記録
二人で買物に行きました。
夫一人で行くとヘンなものを買ってくるし、わたし一人だと荷物が重い。
まとめ買いの日は二人がいいんです。

夫が、買物の前に「ちょっと職場に顔を出す」と言います。
私は車の中で待つつもりでした。

職場に着いたら「一緒に行こう」と言います。
そんな!
だったら服とか化粧とか髪とかもっとちゃんとしたのに!
でも、断ったらきっと後悔する。
同僚たちを見てみたい。
思い切って車を出ました。

同僚の女性たち。先輩男性。
はじめて会いました。
ふうん、っていう気持ち。

夫がなぜ同僚にわたしを会わせたのか?
今でもわからない。

でも会って良かった気がする。
自分の妻はこんな人間です。自分はこんな妻の夫です。
家に帰ればこんな妻が待っている。
・・・きっと良かったのよ。

お互いに大人になったね。
というより、年取ったねお互い。

6月になったら

2017-05-27 | 想いの記録
ブログが楽しくて書くのも読むのもワクワク・・・っていう頃もありました。
色々感じることがあり、しばらく離れる手段としてパーセンテージを微少にしたら、ほんとに一気に落ちました。
そうするとワクワクも落ちるんですね。
6月になったらパーセンテージを元に戻そうと思っています。
少しはワクワクが戻るかな?


前よりはまし。まだまだですわ。

2017-05-25 | 家族のこと
娘さんと同居になって、賄いを引き受けたブロガーさんがおっしゃることが、いちいち良くわかります。
わたしも2~3月に娘家族と同居して賄いを担当しました。
若い夫婦は外食が多く、出来合の物を買って冷蔵庫の中がいっぱい。
赤ちゃんも生まれて三人家族になり、教育費も食費も増えるばかりなのだから節約しなきゃやってけなくなるのよ。

私も頑張りました。
お肉や魚の嵩増し・・・こんにゃく、じゃが芋、高野豆腐、ちくわ、油揚げ・・・等で工夫
・人参とコーンをフレンチドレッシングで和えたサラダ。
・キャベツの千切り。
・ちぎったレタス。
・ゆでたブロッコリー。
・プチトマト。
上記はパックに詰めて付け合わせ常備菜とした。
魚も肉も安い日に仕入れて二人分ずつに冷凍保存。

モノに溢れた部屋を整理整頓。
モノの落ち着き場所を作って、モノの名札をテープで張り付けた。覚えたら剥がせばいい。
ゴミの日に出しそびれたゴミの袋が置きっぱなしだったりしてはじめは本当にこれがわたしの娘のすること?と、驚いた。
ゴミの日をカレンダーに書き入れて、市役所に出向いてゴミの仕分けの小冊子をもらってきて、カレンダーの横につるした。

部屋が広くなり、掃除がしやすくなりました。

洗濯物の干し方まで教えました。
重ねないように、間隔を開けて・・・イイ年の大人な娘に教えました

先日「おくいぞめ」に招かれて、2か月ぶりに訪問しましたら、一見まあまあな暮らしぶりでほっとしました。
娘は
「お母さんが色々変えてくれて暮らしやすくなった家事のやり方がわかった」
といいました。

でもね、わたしはあちらのご両親がお寛ぎの中、洗面所とトイレに走り込みましたよ。
案の定・・・ティッシュとトイレットペーパーで慌てて掃除しました。
変な汗かいちゃった。

終末の心配はしないことにする

2017-05-23 | 家族のこと
家に居る娘のことを座敷童って書いてた。
最近気づいた。
座敷童という呼び方は娘を子ども扱いしている?
もう大人な娘。
ザイタクワークムスメ。
本人は一生一緒に住むと思っているのか、
親が駅前のマンションに移住する夢話をしていると、
「わたしの部屋は南側でベランダが付いていて・・・」などと語る。

結婚しないのか。とか一生親が面倒みるのか。
とか腹立たしく思ったりしたけれど、この頃はそれでいいじゃないかと思うようになった。
娘がオバサンになってもこの家に居たら、外に出た子達は安心かも。
老親をおひとりさまにしなくて済む。
気楽でいられるよね。

この子を1人残すわけにいかない!なんて考えは捨てましょう。
終末まで同居してもらいましょ。
死後の心配はしないわ。
だって娘は大人なんだもの。

ひとりでさっさと帰る。

2017-05-22 | 食生活、ダイエット、健康、美容、おしゃれ
体操教室、週3回のうち2回は公共施設です。
公共施設で会うお仲間とはその場限りの割り切ったお付き合い。
住む地域が同じなので余計な話はしない。
休憩時間は笑い声が上がる。みんな仲良しです。

あとの1回は公共じゃない都心の施設です。
そこは、体操の合間合間に健康グッズや食品の宣伝が入る。
体操が終わるとハーブティーやら健康茶やら時には健康菓子(?)がふるまわれる。
帰りたい。
そんなもの要らないからさっさと帰りたい。
なのに、皆さんだらだら座り込んで食品やグッズを購入しているのよ。

体操に行ってそんなもの買うのってオカシイじゃん。
わたしはどうしてもそういうのが嫌。
今日もさっさと帰ってきた。

そこでは公共施設よりもずうっと高額な受講料を払っている。
そんなに嫌なら行かなきゃいいんだけれど、実際それが嫌でしばらくやめていたんだけれど、週3回くらいはやりたい。私にとってはありがた~い体操なのよ。

かといって、家で一人でやるほど意思が強くないから再開した。
あ~あ。こんなことなら再開しなきゃよかったわ。
来月まで払込んだので続けるしかない。
来月末に止めるか我慢するか決めよう。

体操して、商品を買っている女性たち。
施設や講師のノルマに気を遣ってる?
受講料払って、遠慮はいらないと思う。

さっさと帰る私。
「あのひとさっさと帰るひと」
「何にも買わないひと」って思ってもらおう。
挨拶はちゃんとしてるし、笑顔で感じよくしてるし、嫌われてないからいいんだよ。
・・・って勝手にそう思ってるけど、果たして・・・。





お願い短くして

2017-05-20 | 想いの記録
好きなブログがいっぱいあってサーフィンしています。
この頃とっても辛いのは長文が読めない!
詩のように短歌のように俳句のように短く書いてください!
読みたいけれど読み解く我慢が続きません。

勝手なこと言うなよ。だったら読まなくていいじゃないか、だよね。
でもつい読み始めてしまう。
10行くらいまでは頑張って読んで、流して流して最後を読んで、閉じて次に行ってしまいます。

こんなわたしですが、小説は長文でも読めます。
今「歳月の梯子」を読んでます。一日数ページ。だから2週間目なのにまだ146ページ目。
毎日ワクワクが続いてる。
ゆっくり長く楽しみます

カード使ったよ

2017-05-20 | 家族のこと
今朝夫に言いました。
「わたしさあ、ほんのこないだまでいつ死んでもいいって思ってたんだ。赤ちゃんもみたし、ほんとにもういいと思ってたんだ」
「でも、このごろオシャレしたくなった。まだまだ生きようと思うようになったんだよ」

夫が黙っています。
下向いてる。
思わぬ展開。
わたしはもっともっと話したかったけれど、夫の反応で声が裏返りそうになって話せなくなった。

しばらくして落ち着いたので言いました。
「服買ったの。予算オーバーかもしれんけど・・・へへへ」

そこが言いたかっただけなんだけどね。