春夏秋冬

合流を繰り返して豊かに海まで流れ続ける川のようにわたしもひとびとの中でその日まで元気に流れ続けたい

寝るときの儀式

2017-01-30 | 食生活、ダイエット、健康、美容、おしゃれ
1、目薬
緑内障の目薬を両目に一滴ずつ垂らす。
タプロスという薬ですが、副作用でまつ毛が濃く長くなりカールします。
皮膚に付くと色素が残ります。おかげで中近東っぽい目元になりました。婆だけど。

2、入浴
の前に、顔と首をリンパマッサージして濡れタオルでそっと拭き取り、
裸で体重を計りカレンダーに記入。朝の排出も記入。
湯船には10分くらい沈んでホカホカ。

3、歯磨き
茄子炭塩歯磨きで磨きピックで歯間掃除。

4、顔~首~頭皮に化粧水

5、足の裏にフットクリーム

6、帽子をかぶって

7、ネックウォーマーをつけて

8、マスクをして

9、耳栓をして

10、ペットボトルに水を入れて寝室に入る

これを毎日。
疲れ果てて化粧も落とさずバタンキュー・・・なんて若かりし頃が懐かしい。
今やこの儀式を経てベッドに入ってもなかなか寝付かれず、夜中に目が覚めたりして、良い眠りに落ちる夜はめったにない。

しかし、この儀式、娘の家でもやれるのかしら。



太ったつもりが痩せていた!?

2017-01-30 | 食生活、ダイエット、健康、美容、おしゃれ
ちょっと食べ過ぎたから太ったかしら、と体重計に乗る。
あらら・・・体重は増えてないのよ。不思議。
このところずっと47キロ前後です。

前月の平均は49キロってカレンダーに書いてあった。
自分の気持ちと、実際の記録とは誤差がありました。
やっぱり体重は減り続けているみたい。

自分では太ったかもと思っていても体操のペアになるひとは「お腹凹んだままね」っていう。
自分で自分の身体がわからない。
一週間に一度会うペアの人が正しいのねきっと。

子供のころは痩せていた。
中学生頃から小太りになり、大人になってからも子供のようにお腹だけはポコンと膨らんでいたから、人前に立つときは意識してお腹をグッと締めていました。
過食してはダイエットを繰り返していた。
お腹を隠す服ばかり選んでいた。
ほんのこの間まで!

今は、寝るとぺっこり抉れます。
お腹が膨らんでない日が来るとは。
しかもこの年になってからなんて。

若いころにフルモニに出会いたかったわ。
もっとずっと貯金できてたと思う。
ダイエットや衣服の追及に散財しなかっただろうな。

今はシンプルな服が似合うようになったので買い替えなくなりました。
自分の過食と動かない生活に気づけて良かったです。

体重が落ち始めたころと違って、気づかないうちに少しずつ体重が落ちているみたいです。
体調は良いので、どこまで落ちるか楽しみです。
まだまだ痩せてるとか華奢だとかでは無いので・・・

ほっそり

2017-01-29 | 食生活、ダイエット、健康、美容、おしゃれ
今日の読売新聞「安心の設計」という欄に、84歳の樋口恵子さんの「延命治療辞退を宣言」という記事がありました。
樋口恵子さんは名刺の余白に
回復不可能、意識不明の場合、苦痛除去を除いては延命治療は辞退いたします
と書き込み、日付を入れ、サイン、押印をして、保険証と一緒に携帯しているそうです。
名刺が古くなると日付を変えて書き直す。娘さんにも渡していて、娘さんは「約束は守るよ」と言ってくれているそうです。
高名な医師の「完璧です」というお墨付き。

私も娘たちに一枚ずつ渡そうかな。
節目ごとに書き換えて、そのたびにまた娘たちに渡そうかな。

84歳の樋口恵子さんの写真も載っています。
みかけは自然な84歳です。
ふっくらされています。
机に向かい椅子に座って執筆活動を続けてこられた方なのでしょう。
美味しいものが大好きそうなお姿です。

同じ新聞の広告欄に「こころの匙加減」という100歳の医師、高橋幸枝さんの本とご本人の写真が載っています。
ほっそりされています。
きっと、元気に動かれた方なんだろうなと思います。

私も動き回ってほっそり元気に年を取っていきたいなと思いました。



性格が変わったの?

2017-01-29 | ひとさまのこと
喉の違和感が取れないので耳鼻咽喉科を検索してみた。
一番近い所が、私の大嫌いな横柄な医師の病院。
クチコミがとても良くて信じられない。
20年経って良い人になったのかしら?
今日は日曜日。
明日行く気になったら行ってみよう。
20年前はとっても嫌な態度で、ほかに耳鼻咽喉科が無かったから仕方なく通いました。
10年前くらいに病院の近くに御殿が建ちました。
大手企業のベッドタウンで、唯一の耳鼻咽喉科だったからよっぽど儲かったのね。
私の心証は悪いまんまですわ。

寝覚めが悪い

2017-01-29 | 家族のこと
大学入学初日の電車の中にメールが届き「新入生全員でアメリカ旅行に行く」とある。
私は焦っている。
電車がいつの間にか船になっていて船はアメリカに着いた。
学校に私の荷物がダンボール半開き状態で放置。
気取った同窓生は私から距離をあける。
私は怒りとサミシサでいっぱい。
いいやもう退学するから!
学歴なんかなくても私は強く生きていくんだ!
決心したら目が覚めた。

座敷童の経験が忘れられない?
遠方の娘宅に送ったダンボールが心配?
アメリカ報道見たくないのに毎日見せられる苦痛?
どっちにしても今私はストレス感じているようですね。


お雛様と喪服

2017-01-28 | 家族のこと
遠方の娘に呼ばれたらぱっと駆けつけなきゃいけない。
最低一か月は戻ってこられない。
その一か月の間に桃の節句があるので、座敷童のお雛様をもう出して飾っています。
上の娘達のお雛様は今年は押し入れの中の箱に入ったまま。
もう嫁いだからいいよね。
座敷童にも嫁いでほしい。
まだ見ぬよき方が必ずいつかどこかでうちの座敷童と相思相愛になって二人幸せになってくれると信じています。

それから、
遠方に住む夫の両親、私の母。
もしかしたら何かあるかもしれない。
そんな年齢ですから。
座敷童と私の、喪服とバッグと靴とネックレスをまとめました。
夫に「何かあったら持って行って、私もあちらから直行するから」と伝えました。

どうか何事もなく娘と婿と赤ちゃんの世話に専念できますように!

やっぱり働いてほしい

2017-01-28 | 家族のこと
夫が就職希望の書類を書いているのをチラッと見ました。
「退職後しばらくしてから毎日がつまらなくなった」というようなことが書いてあった。
ふんふん、わたしもそうだったな。
世の中から置いていかれるような、無用な人間になってしまったような、何とも言えずサミシイ気持ちになっていたわ。
一年二年と病気療養生活が過ぎて、家中の断捨離をして、今じゃあもうすっかり主婦生活に馴染みました。

夫にはやっぱりもう少し働いてほしいです。
ボランティアもいいけれど、少しでも生活の足しになる仕事があるといいなと思います。

孫にも座敷童にも何かと物入りですから。
親にもね。

自分はもう二度と働かないと決めている。
私が働くようになったら昔の二の舞になるに違いないから。
一生懸命頑張ってストレスを抱え込んで病気になる。そうなると困るのは家族。
だから私はこのまま家族のお助け役で暮らしていきたい。
用が亡くなったらころっと逝きたい。
まあ、希望ですがね。

待ってるのは疲れる

2017-01-28 | 家族のこと
娘が呼ぶのを待っている。
産まれるのを待っている。
急に入院しても困る。
婿と二人で留守番になるから入院する前も困る。
産まれてからがいいな。
どう思ってるんだろう。
聞けないのよ。急かしてるようで。
だから待つだけの生活。

喉の違和感はストレスからかもしれない。
自分で勝手に作ったストレス。

母は尽くすのよ

2017-01-27 | 家族のこと
体操に遅刻ギリギリで滑りこんだら、
「あれ?今日からお休みかと思った」って。
わたしも早く娘の家に行きたいような、もうちょっとのんびりしたいような。
体操はもう今回でオシマイ。
来月は休みの届けを出しています。

喉の具合が悪いので喉風邪かと思っていたら、何かが喉に出来ている?食べものが引っかかるような気が・・・
心配ではあるけれど、娘の出産のほうが大事な今は自分のことは後回し。
まあ今は頑張るしかないのよ。

数年前の発病で初めて手術を体験して、後遺症に苦悩し、再発を恐れ、やっとここまで元気になった。
今はおまけのありがたい人生を生きている。
必要とされる間は一生懸命尽くしたい。
それが一番の幸せです。

腕立て伏せがいいらしい。

2017-01-26 | 食生活、ダイエット、健康、美容、おしゃれ
わたしの体操仲間は50代から80代までの女性たち。
でんぐり返しが出来るし、お相撲さんみたいな四股を踏めるし、腕立て伏せも出来る。
年の割に頭も体も超若い方々ですが、
ケガや病気で休んだら・・・頭も体も変化が激しいそうです。
何人かの方が、自宅周辺で転んだり交通事故のケガで体操に来られなくなりやがて別人のようになった。と聞きました。

怖い!

転んだり、病気になったりして、寝込むと変化するらしいです。

元気な80の先輩は「転ばないこと。転んでも上手に転ぶこと。」って言います。

転倒事故による死亡者は年間4000人を超えるらしいのですが、転倒によるケガは年間100万件を超えるそうです。

怖い!

先輩によると、腕立て伏せが「上手に転ぶ」体操になるらしい。
とっさに手を付いて身体を支える筋肉が付くらしい。
これからはもっと丁寧に腕立て伏せ頑張ろうと思います。
娘の家に行ったら「真向法+腹筋+腕立て伏せ」やらなきゃ