みずゑの春夏秋冬 

年齢にとらわれず身ぎれいにしていると気分が若返り健康にもなれるそうなのでわたしも自分らしく人生を楽しむ!と決めましたよ。

寝るときの儀式

2017-01-30 | 食生活、ダイエット、健康、美容、おしゃれ
1、目薬
緑内障の目薬を両目に一滴ずつ垂らす。
タプロスという薬ですが、副作用でまつ毛が濃く長くなりカールします。
皮膚に付くと色素が残ります。おかげで中近東っぽい目元になりました。婆だけど。

2、入浴
の前に、顔と首をリンパマッサージして濡れタオルでそっと拭き取り、
裸で体重を計りカレンダーに記入。朝の排出も記入。
湯船には10分くらい沈んでホカホカ。

3、歯磨き
茄子炭塩歯磨きで磨きピックで歯間掃除。

4、顔~首~頭皮に化粧水

5、足の裏にフットクリーム

6、帽子をかぶって

7、ネックウォーマーをつけて

8、マスクをして

9、耳栓をして

10、ペットボトルに水を入れて寝室に入る

これを毎日。
疲れ果てて化粧も落とさずバタンキュー・・・なんて若かりし頃が懐かしい。
今やこの儀式を経てベッドに入ってもなかなか寝付かれず、夜中に目が覚めたりして、良い眠りに落ちる夜はめったにない。

しかし、この儀式、娘の家でもやれるのかしら。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 太ったつもりが痩せていた!? | トップ | もうちょっと寝てたいのに寝... »