春と夏と秋と冬 

もっと気楽に暮らしたい

習字もはじめたい

2017-04-17 | 想いの記録
美術と英語を録画しているけれど一人の時間がなかなかなくって、ゆっくり観られない。
日曜美術館「絵は歌うように生まれてくる~画家・谷川晃一 森の生活~」
昨年の再放送らしいですが、谷川晃一さん、宮迫千鶴さん。 全く知らなかった。
番組に出てくる家や人々。そしてファッション。谷川さん、顔はしわで頭は白いけど若い。ファッションもステキ。
谷川さんの猫もいい猫だった

創作する人、描く人は日々挑戦しているような生活で、心身の衰えが遅いのかしら。
堀文子さんも、篠田 桃紅さんも、後藤はつのさんも、内側から若い。

私は習字を始めたいと思うようになりました。
絵手紙でもなく字手紙でもなく習字をしたい。
白い紙に太筆で力強く漢字を書きたい。
習字教室探そうと思います。

体操3か所で毎月約4000円。
習字教室はたぶん1000円ほど。
私のおこづかいでなんとか間に合うの。
公的施設はほんとうに有り難い。
日曜美術館で垣間見た優雅な生活とはかけ離れた私の1000円単位の暮らし。ささやかな暮らし。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 久しぶりの場所に戻ってみた | トップ | 末娘 »