春夏秋冬

誰かに打ち明けるよりずっといい。ブログはわたしを楽にする。

帰郷はサバイバル

2017-10-18 | 想いの記録
実家にも義実家にも泊まりたくない。
高速を長時間走って、山道をクネクネドライブしてやっとたどり着く義実家。
意地悪高飛車性悪義母に笑顔で「ただいま」って言えるのか?
そこで食事をし、トイレを使い、入浴し、就寝することを想像するだけで苦痛だ。
日毎に義実家に行く日が近づく。
これはもう考え方を変えるしかないわね。
その五日間をささやかなサバイバルの日としよう。
ささやかな困難を乗り越えよう。
乗り越えた後には以前より強くなったわたしがいるはず。

1・早く起きて自分好みの食事を作ろう。
2・トイレは義母が眠っている時間に済ませよう。
3・布団の間に寝袋を敷いて寝よう。
4・テレビの前に座り込まない。
5・晴れた日は畑で草むしりをしよう。
6・雨の日は読書をしよう。

1・義母は昼過ぎに起きて日付が変わってから眠る生活らしい。
義母の作った得体のしれないものを食べたくない。
いつも無理やり口の前まで押し付けられて我慢して食べていた。
反発はしないけど我慢もしない。
自分の食生活は自分で支えなきゃ。

2・義母が寝ている部屋はトイレの前。
わたしがトイレに入ると必ず声をかける。
「○○さん!入っているの?」「はい入っています」
夫に声をかけたことはないらしい。
わたしが長居してると何度も声をかけてくる。

3・義母は足が悪く急な階段を上がれない。
わたしたちが居ることになる2階の押し入れの布団が湿っていてカビ臭い。
その布団の中で呼吸したくない。
洗濯できる寝袋を二つ買いました。夫用とわたし用。敷布団と掛布団の間で寝袋に入って寝ることにする。

4・義母に遠慮して一緒に歌謡番組やワイドショーを観ていた。気づまりだった。もう遠慮しない。一緒にテレビを見ない。

5・晴れた日は畑に出て何か私にできる作業をする。

6・暇があったら別室で読書をする。

1~6の苦痛回避生活を想像するだけで、ちょっとだけ明るい気分になれます

今は洗濯できる寝袋がたくさんある。しかも安価!寝袋も進化してる
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« あした考えます | トップ | 気持ちよくしゃべってしまった »