春夏秋冬

誰かに打ち明けるよりずっといい。ブログはわたしの心をケアしてくれます。

妻の家出

2017-04-23 | 想いの記録
村木厚子さんエッセイ「家出の勧め」を読んだ。
164日の勾留で家を空けた体験から、妻が留守でも生活出来るように、夫にも家事ができたらよい。
先ず一泊。それが出来たら一週間。
妻は心の洗濯ができる。
夫は妻のありがたみを再認識、そして一人暮らしの予行演習ができる。

私も2月3月に35日家を空けた。
勾留とは違うけれども、私は異空間で過ごして新鮮な生活が出来た。
私が居ない家の家族は、けっこう張り切ってイソイソ家事をしたようだ。
家を出ていた私も家に残されていた家族も有難い良い体験だったわね。
またいつか、異空間で過ごしてみたい。
三人目の孫が授かるなら、その時ね。
まだまだ元気にならなきゃ‼
老けられません!
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 若作りじゃない | トップ | この家で小さく暮らす »