みずゑの春夏秋冬 

年齢にとらわれず身ぎれいにしていると気分が若返り健康にもなれるそうなのでわたしも自分らしく人生を楽しむ!と決めましたよ。

義母からの電話

2017-07-29 | 家族のこと
夫が留守の時に義母から、
「隣の人がうちの土地に・・・」という電話がありました。
わたしはアドバイスなんかできません。嫁ですから。
何を言っても義母には響きません。
昔から、私の発言は義母の耳には届きません。
スルーのみ。
ならわたしに云うなよと思うけれど、ただただ聞き役が欲しいだけらしい。

ただただ聞いています。
こちらの意見は言いません。
あんな話こんな話。かれこれ1時間ほど聞きました。
テレビの音を最小にして字幕で観ながら聞きました。

夫が帰って来て、なにやらアドバイスをして義母は納得したようです。
夫は電話を切ったあと、義姉にも電話をします。
義姉も義母と同じ。夫の言葉を待っているのです。

義姉このごろ義母にそっくり。
夫は進学のために15歳で家を出て50年ほどになる。
親と離れて50年。
それが良かったのだと思う。
夫は親にも姉にも依存しない。
それでも田舎の農家の長男だという自覚があるらしい。
時々冗談を言いながら冷静にアドバイスしている。

こんな夫で良かった。と思うけれど、わたしに対してもいつも冷静なのよ。
なので時々サミシイ気持ちになる。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 霰粒腫その後 | トップ | 約1名はさみしがってくれた。 »