春夏秋冬

誰かに打ち明けるよりずっといい。ブログはわたしを楽にする。

犬と猫

2017-08-09 | ひと以外の生き物
うまれてからずっと犬が一緒でした。
どの犬にも思い出がいっぱいあります。
どの犬も優しくて良い犬たちでした。
思い出は楽しいものでもありますが、かわいそうな悲しい思い出もたくさんあります。
ブログには今も犬が居るかのように身バレ対策で書きましたが、実は結婚してからは犬は居ません。
共働きで3人の子供たちを育てることに一生懸命で、ホッタラカシに出来ない犬は無理でした。

新婚時代にペットショップでシャムの雄雌を買いました。
見知らぬ土地で猫たちは癒しになってくれました。
今も常に2匹から3匹のミックス猫と暮らしています。
今は16歳の雌猫と3歳の雄猫が居ます。

猫は横着です。
自分一番です。
わたしが猫たちのために、飲み水と食事を用意し、トイレをきれいに掃除し、寛げる場所を整えても、ちっともうれしそうじゃない。
かまってほしい時だけ寄って来て、ひとりで居たいときに触ると嫌がってするっと逃げる。
機嫌が悪いと噛みついたり引っ掻いたり。
見た目が可愛くて(飼い主は親バカです)触り心地が良い。それだけでいいんです。
猫がそこらへんでくつろいでいるのがいいんです。

散歩中、捨て猫らしい猫に遭遇します。
とっても苦しい気持ちでいっぱいになります。
もう、わたしは年だから連れて帰れない。
責任持てない。

犬も猫も飼い主次第です。
産まれてきたからには幸せに生き抜いてほしいと思います。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 猫対策をしながら布団整理 | トップ | 孫がいるいない »