春夏秋冬

誰かに打ち明けるよりずっといい。ブログはわたしを楽にする。

たった350なのに

2017-09-07 | 家族のこと
はるな愛ちゃんがテレビから話しかけてくれた。
「お母さんが私を無視していたの。私が居るのに見えないように生活していたの。今になってやっとお母さんにあの頃のことを聞いてみたら、お母さんは私をこんな子に育てたことを申し訳なくて存在を無視していたのだって」

わたしもそうです。
産まれてからずうっと賢く優しい娘。優等生で当たり前だった娘がだんだん学校に行けなくなり、会社にも行けなくなり、家に居るようになった。それでも会社は家で仕事をさせてくれている。それだけで偉いじゃん。わたしにはできないことよ。わたしは辞めたまんま。職場との連絡も着信拒否で断ってしまった。自分を守ることで精いっぱい。在宅娘はわたしよりずうっと偉いじゃん。稼ぎがあるんだもの。わたしは年金だけよ。夫に依存してるわ。稼ぎも無いのに体操や書道に行ってる。服も買ってる。化粧品も買ってる。夫に依存してるくせに夫に腹を立ててる。

久しぶりに今夜は鶏の唐揚げをつくった。
在宅娘を喜ばせたくて。
ビールも半分こしようかと誘ってみたらビールはいらないって。
だからひとりで飲みました。
たった350の缶なのにすっごくハイになっている。
在宅娘ごめん。はるな愛ちゃんありがとう。