春夏秋冬

誰かに打ち明けるよりずっといい。ブログはわたしを楽にする。

見学の後から読み始めた「ニュータウンは黄昏て」

2017-09-05 | 想いの記録
体操教室の見学をしてきました。
部屋に入ってすぐに、ここはわたしの場所じゃないと思った。
しかし、名前を聞かれ、席を誘導され、そのまま座ってしまった。
なんと、椅子に座ってする高齢者のための体操でした。
帰りたいなと思ったけれど、
少し遅れて入ってきた指導者が年齢不詳の素敵な女性で、
その女性を見た途端にやる気が出ました。
やってみたら結構楽しかった。
なんと単純。

次回も行きます。
そのうちに嫌になったらやめるし、やる気が続いたら続ける。
それだけのこと。

教室のある施設がけっこう街中なのがうれしい。
オシャレな店を覗く楽しみが出来ました。

家に帰ってから読んだのが、相変わらずの垣谷美雨の本。
「ニュータウンは黄昏て」


わたしは垣谷美雨と相性が良いのか?読み始めると止まらなくなる。
洗濯物を取り入れたり、夕ご飯を作ったり食べたり、その時だけ読むのを中断してずうっと読書を続けました。
洗濯物は取り入れたまま、かごの中。
さっき読み終えました。
これも面白かった。
資産としての家・・・多角的に勉強させてもらいました。
登場人物も様々で・・・勉強になりました。

垣谷美雨。
ほんの数か月前まで知らなかった作家の本を立てつづけに7冊ほど読んだ。
全て面白かった。
小説をこんなにも続けて読むのは数十年ぶりです。
垣谷美雨あっぱれ。