競馬万事塞翁が馬

中央競馬GI予想&回顧と気象予報士試験受験日記

第21回秋華賞

2016-10-16 16:55:50 | 競馬回顧
カイザーバル軸でも買ってるんだが、ぱーるこーどなんて買ってない…。
母父SSが3着に来るってのは分かってんだよ。でも金に繋がらん。悲しい。
まぁ、カイザーバルについては書いたら来ないような気がしたので敢えて書かなかったが、
やはり伯母のダンスパートナーが亡くなったのがサインだった模様。ベタやなぁ。
関東追い切り馬は勝てないジンクスも継続。勝ちたけりゃ栗東留学しなさいってこった。

ヴィブロスは絶好のスタート。行きっぷりも良かったがとりあえず手綱を引いて自制。
2つに切れた馬群の後方集団の一角で絶好の手応え。勝負どころに差し掛かっても持ったまま。
直線大外に持ち出し、ラスト1ハロンで凄まじい伸びを見せて差し切り勝ち。
全姉のヴィルシーナは先行脚質で鳴らしたが、この馬は後方待機策への転換で素質が開花した。

パールコードはヴィブロスを上回るロケットスタートで先行集団へ取り付き成功。
道中は周りに掛かる馬がいたが惑わされずに折り合いがついていた。
こちらも十分に脚が溜まって、勝負どころは持ったまま。
ゴール前でカイザーバルを捉えた瞬間、外からヴィブロスに差されて惜敗。これは仕方ない。

カイザーバルは早めに内に入れたかったが叶わず、1コーナーで外を通らざるを得なかった。
壁を作れなかったことで首を振って掛かってしまい、スーッと前へ。これは終わったと思った。
しかし逃げ馬集団の後ろという絶好位は確保していて、前走のようにクロコスミアを捉えに行った。
結構掛かっていたのに直線伸びたのは驚き。返す返すも外枠が運の尽きだった。

ジュエラーもなかなかのスタートを切ったものの、他に行かれて後方からの競馬。
道中は後方馬群でヴィブロスの内を追走。3コーナーを過ぎて周りが動き出しても内で静観。
勝負どころでも内でジッとしていて、直線内から凄まじい勢いで突っ込んできた。
しかしゴール前の伸びはヴィブロスが断然上で、やはり距離が長かった模様。

パーシーズベストは痛恨の出遅れ。スタートの瞬間でパールコードに2馬身程置かれていた。
道中最後方、直線に向いて後ろから2頭目では話にならない。
そもそも紫苑Sで前のほうにいたパールコードを無印にして、後ろから行ったパーシーズベストを
買う辺りに馬券センスの無さが伺える。はー、詩に鯛。

ミエノサクシードは出たなりの位置で後方からの競馬。
道中はジュエラーの外、ビッシュの前。3コーナーを過ぎてから外を通って追い上げ開始。
うん、外回し過ぎだね。めっちゃ外に振られてるやん。
あの位置から届くはずもなく、持ち味を活かせないまま終戦。典型的な外枠の差し馬。

ビッシュは無策のまま後方からの競馬。道中後ろから4番手、3コーナー過ぎから進出開始。
しかし前からは結構離されていて捲り切れず、4コーナーでもまだ中団。
直線入口でヴィブロスの直後までやってきたものの、相手はまだ持ったまま。
直線平坦の高速馬場でバカ正直に後ろから行ったらどうなるか、鞍上の方には猛省を促したい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第21回秋華賞 | トップ | 第77回菊花賞 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。