競馬万事塞翁が馬

中央競馬GI予想&回顧と気象予報士試験受験日記

第12回ヴィクトリアマイル

2017-05-14 16:54:47 | 競馬回顧
稍重スローに笑った馬と泣いた馬が入り乱れて大荒れ。ヘマ中何やってんの…。
アドマイヤのGI勝ちってジュピタ以来か?
でんこうあんじゅも府中マイルの重賞勝ってるけどここで買えとか無理っす。

アドマイヤリードは出たなりの位置でレースを進め、後方馬群の内を追走。
勝負どころで他馬が馬場の悪い内を避けて外に進路を採る中、敢えて内を通ってショートカット。
加速が乗るまで少々時間を要したが、スマートレイアーとソルヴェイグの間を突いて先頭。
一度ついた加速は衰えることなく、1馬身抜けてゴール。
勝ち時計1分33秒9は例年より2秒弱遅いが、馬場とペースを考えれば妥当。

デンコウアンジュも他に行かせて中団馬群で待機。
道中はアドマイヤリードより1馬身前に位置。その他大勢と一緒に外を回して直線へ。
ミッキークイーンを内に見ながら、自らは何の障壁も無く追い込みに専念。
メジャーエンブレムを差し切ったアルテミスSのような末脚が炸裂。
蛯名は'13年のホエールキャプチャ(12番人気で2着)と同様に追い込みで穴を開けた。

ジュールポレールは楽な手応えで先行集団の一角に取り付き、内の6番手を追走。
勝負どころで動かなかったためポジションを落とし、直線に向いた時点で若干後ろに置かれた。
前日の雨の影響が残った内を避ける競馬になり、馬場の中央を通っての追い上げ。
ゴール前の叩き合いでスマートレイアー以下を辛うじて捉えた。
格下の身でここまで走れば御の字。良馬場内ピタならもっとやれただろうが…。

スマートレイアーはソルヴェイグに先を譲り、他にも行かせて5番手の内という位置取り。
想定通りのスローで行きっぷりが良く、楽に追走できていた。
クイーンズリングと共に内を立ち回って直線に向くと、早くも先頭を伺う位置取りになった。
持ったままで坂を駆け上がり、クイーンズリングとソルヴェイグの間でスパート。
しかし手応えの割に案外伸びず、ゴール寸前で外から攫われた。このレースには縁が無い。

ソルヴェイグはスタートダッシュを決めてハナを確定。
他に誰も競りかけてこなかったのでマイペースで行けた。最初の3ハロン35秒6は条件戦並みのスロー。
これほどのスローなら直線に向いても手応え十分。これはしてやったりかと思った。
実際にアドマイヤリードが来るまでは先頭を走っていた。
先週までの高速馬場で内ピタ先行が叶えば勝ちまであったと思う。

クイーンズリングはスタート後控えに回って中団後方馬群の中。
道中はジュールポレールを前に、ミッキークイーンを外に見る位置を追走。
脚を溜めて内突き一発という算段。スマートレイアーの内、馬場の3分どころを通っての追い上げ。
直線はスマートレイアーに並びかけていっての追い比べに持ち込んだもののどうしても前に出られず。
結局ゴール前でスマートレイアーと脚色が同じになった。今となってはマイルは忙しい様子。

ミッキークイーンはスタートを決めて前にも行ける感じだったが自重して中団の外。
先頭まで7~8馬身という理想的な位置取り。勝負どころで前が壁になっていたが手応えは十分。
しかし直線でいざ追い出してみると手前がバラバラになってモタモタ。
ようやく加速が乗ろうかというところでレッツゴードンキとデンコウアンジュに挟まれて減速。
再度加速したが間に合わなかった。このメンバーで脚を余すとか、浜中さん勘弁してください。

アスカビレンは池添が積極的に出していって3番手。
スローで無理するところがなく、理想的なポジショニング。
しかし直線に向いた時点で既に手が動き出し、横一線の追い比べで次々抜かれて終了。
騎手の誘導は巧かったと思うが、馬がこれに応えられなかった。

レッツゴードンキはスタート正常ながらスローで早々に引っ掛かって岩田が懸命に抑え込んでいた。
「後ろから行くから要らない」ではなくて「スローで引っ掛かるから要らない」が正解だった。
この馬も前で引っ張る馬がいてパンパンの良馬場なら時計勝負に持ち込んで勝ち負けできたかもしれない。

ルージュバックは全く前に行く気を見せず、後ろから数えたほうが早いという位置取り。
この時点で消えたと思った。直線に向くところでは何と最後方。戸崎は何がしたかったのだろうか。
この馬の馬券を厚く買ってた人は怒っていい。まあマイルのここでこの馬を買う方が悪いのだろうが…。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第12回ヴィクトリアマイル | トップ | 第78回優駿牝馬 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。