南田千畝公開記

“情けは人の為ならず”
だから躊躇せず積極的に幾らでも助けよう!

行楽地観光秘話

2017年04月19日 | 日記
社会人になって間もない頃、月に1度か2度のペースで、私の休日に祖父母を観光地めぐりに連れ出したことがある。
その発起人は、母だった。
「気が狂いそうだから、(祖母を外に)連れ出してくれ」との依頼からだった。
折角の休日に、何が悲しくて…、と思ったのだが、ガソリン代だけ出してもらうことで、同意した。
祖母だけでは何かと都合が悪いし、祖母も気が進まないであろうことから、祖父や隣家の住む(祖父のいとこ)おばあちゃんとセットで出かけたものだった。
祖父母はとても喜び、母も心身ともに休養出来て、とても喜んでいたっけ。
祖父母も母も既に他界した今…この世で、当時の事情を知っているのは私だけになってしまった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 情けは人の… | トップ | 気性が顔を形成する »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。