“渋谷の父 ”ハリー田西の占い研究所

自身のことを含め世の中の森羅万象を占い師・運命学研究家の立場からつづります。

【11月の指針】来年につなげるべために、今は身の回りのことを着実にこなすべし!

2016年11月01日 23時50分48秒 | Weblog
11月に入りました。今月は己亥月。

十干の「己」は陰の土性で、「戊」の山に対して、
田園、街、村、広場など人々が生活をする場所、低い土地を意味します。
日干(生まれた日)が己の人は、こつこつ堅実で地道な生き方を続けるところによさが出ます。

十二支の「亥」は陰の水性、
「亥」は猪突猛進ということから勇気と冒険の意があります。
また、「亥」という字に「木」へんをつけると「核」になります。
すなわち亥には大きなエネルギーが宿っていて、
それが将来大きな力になって表れると考えられます。

ここで、十二支のたとえ話を使って面白く説明しましょう。

昔話の桃太郎は、「亥」=陰の水性=小さな川を流れてきたので、
「亥」年生まれの「亥」の化身、
だから勇敢で突進力があるわけです。

そんな「亥」(桃太郎)が「戌」「酉」「申」が従えて向かう先は「子」。
「子」は陽の水性で海を意味します。
つまり、桃太郎の一行は海を目指し、海を越えてゆく。
そこで桃太郎たちを待っているのは、「丑」のように角が生え、
「寅」のように鋭い牙を持ち虎革のパンツをはいた獰猛な鬼たち。
丑寅の方位は、鬼ヶ島のある鬼門の方位です。

その鬼たちを追い払い(節分)、
桃太郎は春3月に見事に桃の花を咲かせるというわけです。

その桃太郎は「木」でできた「亥」なので「核」、
みんなの中核、リーダーをなす男、
いわば核兵器のように強力なパワーを秘めているというわけです。

そんなわけで、今月は、自分の身の回りに目配り気配りをして、
内側に秘められた大きな力を地道に着実に育ててゆくと、
それがやがて春になって大きな花を咲かせると読みます。

それから蛇足ながらもうひとつつけくわえさせていただくと、
今月は上が「己」で下が「亥」の組み合わせですから、
盛土問題の渦中にある豊洲新市場の建物の地下に溜まった水、
また増えるのか、それともこれがまた話題となるのか?
ちょっと心に留めておきたいと思います。


ここで、イベントのお知らせです。
 

『渋谷の父ハリー 2017年大予言セミナー』

猛暑、裏鬼門での地震、火山の噴火、リオ五輪でのメダルラッシュ、天皇のお言葉…
昨年暮れの「大予言セミナー」で発した2016年の予測はことごとく的中! 

さて、そんな的中率100%の中で迎える来年2017年の日本はどうなるか? 
来年のあなたの運勢は? 
天中殺中のあなたの運命は?

渋谷の父ハリーが今年もまた2017年を緊急大予言!
激動の時代を生き抜く法を語ります!


期日:11月27日(日)、12月3日(土)、12月10日(土)

時間:13時30分~15時30分(受付13時~)

※いずれも内容は同じですので、ご都合のよい日にお越し下さい。

会場:TKP渋谷カンファレンスセンター(予定)

参加費:1万円

※天中殺別の運勢診断シートつき

※参加人数によって会場が変更になることがあります。


☆イベントの参加の申し込み、鑑定予約はこちらからどうぞ!

渋谷の父  ハリー田西  “渋谷占い”
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【10月の指針】心を広くし... | トップ | 同じ申酉天中殺中の朴槿恵大... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おもしろいー! (きのえとら)
2016-11-05 16:48:11
今月の指針、いつも楽しみに読んでいます!
今回の桃太郎のお話は特に、すごくおもしろかったです(*^_^*)
今後も楽しみにしています☆

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む