気紛れ貴婦人願望バーバの徒然草〜カムイミンタラに憧れ、悠々自適人になりたい

ご訪問いただきありがとうございます。安政の探検家松浦武四郎足跡を訪ね、音楽と自然、いにしえのロマンを愛する旅人です。

旅の途中寄り道:鶴沼ワイナリー・新十津川(玉置)神社など

2016-03-31 21:31:45 | 旅行
9月30日、国道275号線、晩生内からつるぬま道の駅を過ぎて、道を左折して鶴沼ワイナリーへ向った。このエリアに来たときには、鶴沼限定のワインを購入している所でもある。北海道内でも広大なブドウ畑があるという所。
季節的にはまだブドウの収穫はこれからという時期と思うが、御主人は「今まで熊が出没したことはないんだけれど、最近、熊が出て、檻を借りて生捕った。」ということをお話された。美味しいものは熊も分かるんでしょう・・・。
つるぬまワイナリーのシンボルマーク

ワインショップ

ブドウ畑

下徳富駅(無人駅)
この駅を調べた・・・1934年、札沼北線、中徳富駅と浦臼駅間の延伸開業に伴い開業されたとのこと。

ホーム

田園の中を線路が走る・・・

月形樺戸集治監正面
 ここは2015年年7月16日に見学に来た所ではあるが、新撰組の永倉新八(現在の北海道大学で武術を教えてもいた人物。)のことや、囚人の足に付けられた鉄の玉ですり減った石の階段に当時の囚人の過酷な扱いに気を奪われ、肝心の集治監正面を撮りわすれた。新十津川に向かう途中でもあったので、その場に寄った。
旧樺戸集治監正面

囚人の足に付けられた鉄の玉ですり減った石段


新十津川の開拓記念館に寄り「玉置神社の絵馬」を見学させてもらった。
新十津川開拓記念館全景

絵馬は
『明治二十七年六月二十四日
  玉置神社奉祀之景  新十津川村岸尾森直』とあり、
明治27年、上徳富シスン島に社殿を建てて、旧郷分霊を奉安したときの様子を岸尾森直氏が絵馬として奉納したもので、カンバスに油絵具で書かれている。露点が設けられ、村民が撃剣、射撃、踊りなどに興じている様子や家屋の配置、渡船など開村当時の様子が克明に描かれているということで歴史的価値が高い絵馬であることが調べた資料で分かった。
記念館内展示の絵馬と玉置神社木柱


記念館前の松浦武四郎の歌碑。(再会)

歌碑は安政4年旧暦5月15日に徳富川河口に泊まった時に詠んだもの。
「日数経て 富区の里に 来てみれば ここもかはらぬ茅ぶきの宿」
金滴酒造

金滴酒造のガラス窓に描かれた昔の酒造りの様子


酒造会社の向かいには「松浦武四郎の止宿の石碑」がある。(再訪)

新十津川神社
場所は樺戸郡新十津川町字中央37番にあり、その神社の由来は
『本社は明治22年奈良県十津川村の有する吉野郡一帯の豪雨により、生活の方途を失った人々が北海道へ移住することに端を発し、明治24年1月14日本村役場側に仮殿を設けて、奈良県十津川の玉置神社5柱の御分霊を奉斉した。
 同27年6月24日本村上徳富のシスン島に仮設を建築、同31年水害により、現在の高台に奉還し、同33年9月には社殿を造営、更に大正4年に現在地に社殿を新築した。・・・・(中略)・・・昭和42年社名を新十津川神社となる。平成2年に鎮座100年を迎えた』
鎮座百年記念碑


新十津川神社の石柱


鳥居は「玉置神社」の社額が掛かっている。

本殿

本殿の社名は石版に「玉置神社」の額になっている。石版は珍しい。

手水場

御神興庫
神輿の庫正面には、「大正九年六月」と「本村居住四国出身者」とある。

其の外境内には神社改築の際の「上徳富記念碑 土坑組合の記念碑」があり、碑の裏側には開町百年にあたり、神社の造営にあたり。広く篤志寄附の奉賛を仰いだということや、母村十津川村より杉、桧、特殊財の献財を賜ったということが刻まれていた。(平成元年七月の竣工である)
記念碑の手前の石碑が徳富高台尋常小学校跡

ここを見てから、次の目的である空知太神社方面に向かった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

念願の松浦武四郎止宿の地「上カバト下カバト

2016-03-23 23:51:51 | 旅行
2015年9月30日、札比内神社から、国道275号線を進み「鶴沼道の駅」の看板から少し行ったところに「樺戸川駅逓跡」の石碑があるのだが・・・私たちが行った時には目標となる閉店した商店はあるのだが、その側に少しの石碑が見えた。残念ながら、鬱蒼とした雑木林状態で背の高い雑草をかき分けようとしたが、足元には溝らしき凹みがあり、近寄れない。裏側に廻ったが、廃屋の側には古い農機具が散らばり、養蜂の箱が数個置かれて石碑の裏側にも行けない。
辛うじて見えた樺戸川駅逓跡石碑の一部

其の地を離れて目標の松浦武四郎の止宿の地へと向かった。
「上カバトと下カバトの境」
松浦武四郎は安政4年5月21日(陽暦)1857年6月12日止宿の地」
於札内川の梶戸橋の手前(浦臼方面から新十津川方面に向かう途中にある橋)手前で右折(前回は左折して迷った。)そのまま畑の中に挟まれた道路を進むとT字路になり、そこを左折するとビニールハウスの奥に説明版があり、ホットした。
ここに至るまで、私たちは同年5月にも浦臼に来て、役場にもより「上カバト・・・」のことを伺ったが、分からない様子であった。
それで、今回はようやく実現できた。
松浦武四郎著「丁巳東西蝦夷山川取調日誌ー上」にはこの地について
『ヲソキナイ 右の方、川幅三間計。源はカハト山より落ちるよし。相応の川なり。
ウラシナイ 右の方小川有て、去年は此処にて止宿せしなり。左の方小川、源はカハト山に達するより也。
川底小砂利のより。・・・(中略)
カバト 左の方相応の川也。然し源は近し。カハト山より来る。・・・昔は此カハトには土人小屋多く有り由也。
此処より下をツイイシカリまでを下カバトと云。文化5年改の時は百弐人人別も有し由なるが、今は参拾一人、軒別十軒とすれど、段々是までも云如く三十一人の陣別、十軒の軒数も一軒も無。』と淋しくなったことを書いている。

ビニールハウスの側にある説明版には

カパト川は江戸時代に松前藩が設けた石狩場所の内の上カバト場所と下カバト場所の境界となっていた川です。松浦武四郎は、丁巳東西蝦夷山川取調日誌の中で「ここよりツイイシカリ(対雁、江別辺までを下カバトと云い・・・。これよりウリウブト(雨竜)までを上カバトと云う。と記してます。上、下カバト場所の境であるカパト川は長い間、現在の樺戸川と思われていました。その後、平隆一氏の調査で、図の位置が正しい境であることが判明しました。
尚、松浦武四郎は安政4年5月21日(陽暦1857年6月2日)にカパト川で止宿しています。
   資料提供 美唄市 平 隆一氏  浦臼町文化財保存会 2005、6、10』と説明版の右側にマップイラストが描かれてあった。
農家さんのビニールハウスにお邪魔しました。こう所に止宿していたんだと安政の探検家のことを改めて尊敬。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

松浦武四郎止宿の地「上カバト下カバト」の碑へ辿る道ー二日目

2016-03-22 12:25:26 | 旅行
前日、栗山町から迷いに迷って辿り着いた南幌温泉ホテルをスタートして9月30日、目的地の浦臼方面へ進んだ。
途中、気になる石碑や神社、無人駅などがあり立ち寄った。
午前8時40分、篠津神社と石碑
 篠津神社の全景


篠津開基百年碑には北海道開拓の歴史の一つが刻まれていた。

『篠津村は、明治十四年七月七日、屯田兵十九戸の入地によって開かれ次いで、仝十八年三十戸、仝十九年十戸が配置され屯田村として北辺の警備と開発に当たり兵農一如以って開拓の草創とする。』とあり、現在は国道整備や農業、その他の事業などで繁栄したものと推測されるが、当時の記録によると
『推するに往時この地は巨樹蒼々として天日を尚( )丈余の熊笹人畜を没し、熊狼跋扈千古不斧の道燐たり、先人克す艱難辛苦風雪に耐へ・・・・』郷土創生の偉功繁栄を孫昆に嘱せんとする・・・と昭和五十六年に建立されていた。

「開村記念碑」

『篠津村明治十四年移青森・岩手・山形二十戸、仝十八年移鹿児島、佐賀、鳥取、石川、熊本五県三十戸越・・・』と各地から開拓に入っていることが分かる。
神社境内にはその他「忠魂碑」「日露戦争・満州事変、大東亜戦争」の戦没者慰霊碑がある。


国道275号を月形に向かい、途中無人駅の中小屋駅に立ち寄った。私は鉄道マニアではないが、無人駅や秘境の駅という処には何か気になっている。それは、なんでここに駅があるの・・・とか無人駅は誰が掃除しているのかなど、付近に住んでおられる方の駅への思いやかつては賑やかだったのだろうかなど勝手な想像をさせられるところなのだ。
中小屋駅・・・ホームは田園風景の中に


更に進んで「豊ヶ岡駅」

駅舎内部

札比内神社があり、立ち寄る。

坂口茂次郎翁の顕彰碑があった。
札比内神社の由来を調べてみた。
『札比内でも厚軽臼内地区は他の地より早く開拓され、明治5年神社を創祀、厚軽臼神社として祀るも、大正9年岩本農場の高台に移し、社郷を大沼神社と改称したが、年々移住者も増えて広範囲に開発が進み、札比内全域の中心となる所に再度神社を移すことになり・・・・(中略)合併により合祀された歴史を持つ御祭礼とのこと』
坂口翁のことはまだ調べていない。

鶴沼道の駅の案内板から少し進んだところにある「樺戸川駅逓跡」を探したが、目印の廃屋となった商店の家の横に雑草に埋もれた石碑があったが、それかな〜と思い、近寄るが雑草と樹木に覆われていた。草刈鎌があったら確認できたのだが・・・と

松浦武四郎止宿の碑「上カバト下カバト」の地へ到達。この碑は今まで何度か訪ねて来たが、見つけることが出来なかった。今回ようやくたどり着けたところでもあり、碑を見て感動。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4泊5日の空知方面を旅する:日本最北の関所から無人駅/特別展「夷酋列像などー一日目

2015-10-10 09:27:10 | 日記
2015年9月下旬から、予約の取れたホテル泊しながらの歴史・無人駅など観光名所から外れたところへと旅に出た。
最初は何度も通っている国道なのに見過ごしている所や何度か探したが、辿りつけなかった松浦武四郎の宿泊の地の一つである浦臼の「上カバト、下カバト」の史跡を訪ねることがメイン。
 早朝に自宅をスタートし、最初はJR山越駅」ここは「日本最北の関所」となっており、駅舎も関所風。
今年の夏に史跡山越内関所跡の石碑や隣にある山越諏訪神社など訪ねていたが(このところはブログにアップ済)駅舎は素通りしていた。(この駅の横にあるトイレは綺麗に清掃を・・・とアッピールしていたころもあった。)
JR山越駅・・・関所風の改札口やホーム




八雲の鷹ノ巣駅や国縫の北豊津駅
駅前にはすぐにたどり着けない駅に感じた駅2か所(いずれも、カーナビには位置がでるが、駅への道がわからない・・・不思議な駅)いずれも、ダートな道を進むが、駅への案内板がないので利用する人だけが知っている駅ということなのか、と思った。
鷹ノ巣駅へのダートな路を進む
無人駅の「JR鷹ノ巣駅」

北豊津駅へのロード



カメラを向けていたら、間もなくJRの列車が駅に停まった。

この駅は秘境というほどではないが、一日何人の方が利用するのだろう・・・利用者は学生かな・・・

国道5号線から長万部通過し国道37号線に入り、豊浦にある噴火湾展望公園に行く。ここには歴史の道というのがあり、北海道を測量した伊能忠敬のモニュメントや碑があるはず・・・しかし、この時点では見つけれず次の目的地に進んだ。
 札幌白石の秀岳荘で軽トレッキングシューズとポールを買い替えた。
国道12号線を北上し、江別の野幌森林公園でウオーキング出来たらしたいな・・・という気分であったが、小雨がポツポツ、北海道博物館で開催中の特別展である蠣崎波響の「夷酋列像」を見ることにした。
北海道博物館正面と特別展の看板


会場は撮影禁止、メモ禁止である。個人的には、自分の記憶力のことを考えれば、撮影は許して欲しいという思いがあるが、ブザンソン美術考古学博物館から特別お借りしたものなので、やむを得ないものか・・・と思った。
それで、事前にHNKで放映した特別展開催のテレビコマーシャルの映像をカメラに収めていたので、それを自分の記憶にとどめるために画像をアップした。
蠣崎波郷の筆によるアイヌの酋長たち




展示品の中に三重県の松浦武四郎記念館からの出品、「初航蝦夷日誌(国指定重要文化財になっている。)」や、国立歴史民俗博物館からの松浦武四郎著「蝦夷漫画」など貴重な本をガラス越しではあるが、本物を初めて観た。
「蝦夷漫画」は安政6年(1859)刊行されたもので、クナシリ、メナシの戦いのことが描かれている。武四郎の足跡を旅しているフアンとしては蠣崎波響の特別展で彼の作品を見ることができたのはラッキーでした。

この後、行き先の予定を変更して、2日目に予定していた栗山町へ向かう。
野幌から、宿泊地の南幌を過ぎ、国道274号線、長沼町マオイの丘を通過し、栗山町の円山神社(ここには松浦武四郎が通過の際目印にしたという神社入り口に説明版がある・・・というのを調べていたが・・・。
実際には、一般道477号線には小さな神社があったが、鳥居には神社名もなく、説明版も無かった。どうもこの神社ではないようだ・・・。しかし、ゴルフ場の入り口ということ以外には情報をもっていなかったので、諦めた。
天候変わりやすく、大雨から小雨になったり虹が出たりの変わりよう・・・

栗山町から、再び南幌へと戻るつもりであったが、国道337号を走ったが、南幌への道を間違え迷った。目印が見当たらない・・・広い田畑の中・・・ナビには南幌はあるのだが、宿泊地への道が・・・行方不明・・・?
コンビニで道順を聞いたが分かる店員さんはおらず、お客さんが「私の家はその方向だから、案内しますよ〜」と、彼女の車の後について進んだ。秋は暗くなるのが早いので、外はすでに陽が落ちていた。こんな時に救いの女神さんに出合ったという感じであった。彼女にお礼をし、ホテルに着くことが出来た。

こんな旅のハプニングの経験。良い人に出合って良かった・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天候に誘われて:ぶらり温泉行きが〜史跡めぐりに(8)20数年前に見た上昆布駅逓所は今・・・

2015-10-08 13:40:33 | 日記
倶知安の有島農場解放の碑などを見て、帰路に着く。国道5号線を蘭越方面に進んだが、昔(約20年以上も前かと思うが・・・)函館から、国道5号線〜豊浦方面の37号線を走っているときに「大岸」という所から、ニセコ方面に行ける道道32号線が近いのでは・・・と左折して行った。ところが道は間もなく森林の中でダートだったように記憶している。カーナビも付いておらず、地図に道があるのだから、行けるだろう・・・と行、森林が開けた所に「上昆布駅逓所跡」という木製の看板があり、「ここは昔、交通の要所だったんだろう・・・」とちらっと見て通過した。
今回、昆布を通過する時に、「気になっていた場所へ行って見ようか・・・」ということになり、昆布駅のあたりで道道32号線に進路を変えた。時間的にも、たそがれ時間。
 はたして、その碑はあるのかどうか・・・不安ではあったが、「牧場があったので、それを目標に行こう。」となった。道は舗装され、工事をしている部分もあった。しばらく進み、牧場があった。「やっぱりここのだ」・・・と、少し進むと、あのかつて見た木製の看板はなかったが、整地された所に立派な「上昆布駅逓所」があった。

そして、石碑の少し横後ろ側に木製の私たちが20数年前に見た覚えのある木碑がきちんと置かれていた。この朽ちた碑を処分して撤去されていなかったことにも感動した。(普通であれば、捨て去れらたかもしれない。)
「上昆布駅逓所開通百年碑」と新設。

碑文には
『この地に官設の駅逓所が設置されたのは、明治四十二年(一九〇一年)から、昭和一七年(一九四二年)までの三十三年間であった。
 取扱い人は、富樫茂助、富樫正吉であり、地域の繁栄に尽力した。
 歴史的遺産として、その功績を称え後世に伝えるものである。
                              平成二十四年十月十日建立  富樫家』
と刻まれ、裏側には 富樫 茂助
          宮坂 常次郎
          小林 加治
          富樫 正吉  と記されている」。
また、私たちが記憶に残っている木碑の方も残してくれて感謝、感謝の思いがした碑。

文字は判読できないが、辛うじて読める文字は
 「駅逓とは」、「宿泊」 「この  明治四・・・」という文字が残っていた。
9月22日、朝自宅を出て。八雲から黒松内、歌棄から倶知安、上昆布とぐるりっと廻り、家に着いた時は暗闇の中でった。
この次には、ホテルや旅館の予約確認で、空知方面の史跡や気になっていたところへ予定している。

                  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加