気紛れ貴婦人願望バーバの徒然草~カムイミンタラに憧れ、悠々自適人になりたい

ご訪問いただきありがとうございます。安政の探検家松浦武四郎足跡を訪ね、音楽と自然、いにしえのロマンを愛する旅人です。

喜茂別から中山峠「東本願寺道路」北門開拓の碑へ

2017-02-14 23:16:12 | 旅行

2016年5月22日、喜茂別町の史跡「道しるべ」の碑を訪ねた後、次の目的地に向かい、喜茂別から国道230号線中山峠へ向かった。
峠の頂上には道の駅などがあるが、私たちは「本願寺道路」を開削したという僧侶の碑を目的としていた。北海道の開拓がまだ十分ではなかった時代、道路の必要性を説いた安政の探検家松浦武四郎であることも訪ねたいという理由の一つであった。
 峠の頂上に着いたら、まだ残雪が所々にあり、銅像には近寄れたが、台座の文字が雪に埋もれた状態であった。
「東本願寺道路」は明治初期石狩の国の札幌と胆振国尾去別(現在の伊達市長和と平岸の間に道路を開削しその労力には僧侶や氏族と平民、アイヌが従事した。この経路は従来からアイヌが通行しており、江戸時代には松浦武四郎らもアイヌの案内で通っていた。
道路の起点である伊達市長和の碑は2015年10月13日に訪ねているので、その石碑

因みに、北海道函館水産高等学校(北斗市七重浜)の側にも「本願寺道路」の説明版がある。

説明版

中山峠の北門開拓「現如上人像」と雪に埋もれている「本願寺道路碑」


中山峠を札幌方面に進み、簾舞の目的地に行った。
札幌市簾舞の中学校附近に札幌ふるさと文化百選・本願寺街道」の説明版がある。

マップの拡大図

説明には・・・
『簾舞二星岱麓の南側および旧「山の上」(現みすまい団地)と称したところ、札幌の黎明期、僧侶たち一行が困苦欠乏に窮しながらも敢然と未開の大原始林に挑んで一条の道路を開削した「本願寺道路(別名:有珠新道)の跡がある。
安政年間、虻田から洞爺湖を経て札幌に入り、「川に従い虻田、有珠に道を開かば、その便利いかばかりならん」とその必要性を説いたのは幕末の探検家松浦武四郎だった。
 明治時代、新政府にとって北海道の開拓は急務で、特に太平洋側と札幌本府を結ぶ道路は必要不可欠であった。同2年、本願寺は「新道切開」移民を奨励」「教化普及」の目的に寄り、政府に北海道開拓の官許を得て、翌3年、若干19歳の法嗣現如上人が中心となり、新道の開削を始める。
 特に、札幌と函館を結ぶ重要道路として工事に最も力を入れたのは尾去別から平岸までの道路(約104㎞)の事業で山間渓谷難所続きも1年3ケ月の突貫工事により4年10月に完成させた。それは、現在の国道230号線の原型となったもので、当時の姿の一部を簾舞でしのぶことができる。
また、明治5年1月開拓使は、この道を利用する旅人へ宿泊休憩など便宜を図るために「通行屋」を開設、屋守の黒岩清五郎一家がこの地の最初の定住者となり、簾舞開拓の原点となった。
 この街道が後世、地域発展に大きく貢献したことは言うまでもない往時を知る貴重な「史跡である。』と書かれていた。(平成8年10月10日 簾舞通行屋保存会)
この説明版を見て、矢印にしたがって、「中学校」に行った。
校庭の少し広い場所に駐車させてもらい、石碑を訪ねた。
校舎の裏にある道しるべ
 
本願寺道路跡で(往時の街道に立つ

学校は日曜日なので誰もいないように思えたが、お帰りになる先生に出合い、校舎の裏にある「本願寺跡地」を訪ねたことを伝えると、「学校でも生徒に教えている。」ということでした。郷土の歴史にじかに触れることのできる場でもある。先生は校長先生でした。
この後、本願寺道路の終点碑がある平岸の天神山附近に向かった。
終点石碑と説明版


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

虻田から喜茂別など:その6旧跡のしるべ「お大師山・三宅伊勢松頒徳碑・福島団体入植跡」など

2016-12-11 20:57:10 | 旅行
喜茂別小学校付近にある「お大師山八十八か所巡り」の地を訪ねるため、向かった。喜茂別小学校グランドまで来たがお大師山の入り口が見当たらない。丁度、小学校に消防車が止まっており、学校から消防士さんが車に戻ってこられたので、お大師山に行こうと思っていることを話したら、グランドの下の道路を教えていただいたが、ご親切にその側まで道案内をしてくださった。林の中で迷わずに到着出来、感謝です。
(1)お大師山
旧跡のしるべによると(要約・・・)

『お大師山は「観音山」ともいわれ、八十八体の仏堂が安置されている山。喜茂別弘法教会(本尊・弘法大師)のあった所。・・・・(中略)・・・昭和5年(1930年)お大師山の丘に喜茂別村内外から寄進された石仏が建立された。・・・医師の片面に浮彫にした薬師如来・千手観音・重一面観音・阿弥陀如来像など多く見られます。八十八体の石仏建立は、四国八十八か所へ行けない人たちにも、このお大師山を巡礼参拝することにより御利益を受けると信じていたからであろう・・・平成10年10月 喜茂別町教育委員会』
お大師山旧跡のしるべのあるところ

大師山道

手水場

(2)三宅伊勢松頒徳碑
場所は国道230号線沿い、栄という所を通過し、福島の手前(上喜茂別)「札幌まで60㎞」の道案内の付近。中山峠に向かって、右側の広場に石碑が見える。

『三宅伊勢松について、明治元年(1868)香川県生まれで、25歳北海道にわたり、明治37年(1904)上喜茂別に入植。土地を購入し、牧場を拓いたり上喜茂別発展のため駅逓所を開設、農民の便宜を考えて日用品販売所を設けたり、澱粉工場を経営し、農家の収益を計るなど多方面にわたり活躍した。氏は幼少の頃、就学の機会がなかったことを嘆き、上喜茂別特別教授場の創設に努力し、教授場用地を進んで寄附。人生の大半を上喜茂別開拓と子弟教育にささげた』彼の功績を記念し大正7年(1918)上喜茂別尋常小学校の校庭に碑を建立したというものです。
頒徳碑

(3)福島団体入植跡

『東北6県の中で最も南に位置する福島県は奥羽山脈や阿武隈山脈が走っている。この地に生活していた住民が渡道を決意したのは、山梨県の移住と同じく水害と連年の凶作による困窮からであり、北海道二再生を求めた。・・・
この記念碑は移住20周年を記念し昭和5年に国道沿い地蔵付近に建立されたもの   
                                平成12年 喜茂別町教育委員会』
石碑の側面には「明治四十四年四月 八十九戸の移住と彫られている。

この後は定山渓に向かう中山峠頂上にある北門開拓の「東本願寺の現如上人像」を訪ねる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

虻田から喜茂別など:その5旧跡のしるべ「比羅夫神社・阿部嘉左衛門・開拓記念碑」など

2016-12-10 19:53:59 | 旅行
喜茂別町の「旧跡のしるべ」のマップには13か所の史跡がある。旧国鉄駅を後にして、尻別川の対岸にある比羅夫神社を訪ねた。目印は「留産橋」を渡り、釣り具屋さんの付近。
「比羅夫」といえば、倶知安にJR比羅夫駅があり、ニセコのスキー場にも「ひらふコース」というのがあり、大分昔であるが、スキーで遊んだり、スノーシュウオークもしたことがある。また、後方羊蹄山(しりべつやま)にも比羅夫コースがある。
比羅夫といえば7世紀中期に蝦夷地を服属させたという阿倍比羅夫将軍の名もある。
(1)比羅夫神社

  所在地:喜茂別町字平岡
鳥居をくぐり階段を登ると小さ社殿があり、開き戸の横に
「比羅夫神社の歴史」について説明が書かれている。

『大正二年(一九一三)史跡台(留産、村所有地)に創建された。

河合篤叙(かわいあつのぶ:初代倶知安郵便局長))の阿部比羅夫を祀り神とする神社の創建の意見にを入れてその実現に期したものである。
旧伊達藩亘理の家老で伊達開拓の功労者である田村顕充(たむらあきまさ)と河合の交流も背景にあった。昭和四十一年道路改修時、社殿建立の従来の一から西寄りの低地へ新社殿を建立した』
喜茂別教育委員会の「旧跡のしるべ」によると神社には6本の錆びた刀(蝦夷刀)と拓石があるとのこと。
社殿の裏は小高い森になっており、河合氏らは頂上にチャシらしい跡を発見して、比羅夫置庁の地はここであろうとこの地に移転したという記録があった。
階段から

手水場(鳥居の柱下にある)

(2)喜茂別発入植者の阿部嘉左衛門

『阿部嘉左ヱ門は天保9年(1838)6月に生れ、仙台阿部嘉左衛門の婿養子となる。
明治3年、33歳のとき、旧亘理藩主伊達邦成移住の時、一家をあげて渡道。明治4年、伊達邦成の命により、喜茂別町に入植。』
相川共同墓地内に「旧跡のしるべ」がある。
彼の足跡には
 和人として初めて喜茂別に居を定め、喜茂別駅逓(相川の渡船所)を創設した。
しかし、「喜茂別駅逓所」の史跡は・・・どこかにあるのか・・・調べていなかった。

(3)喜茂別神社と開拓記念碑
開拓記念碑

「旧跡のしるべ」によると、『喜茂別村は大正6年(1917)4月真狩村より分村↓。
大正9年(1920)6月には徳舜瞥村字尾遠の一部を合併し、昭和13年(1938)全村字名快晴、地番整理を実施し、その記念として開拓記念碑を、喜茂別神社境内に建立した。
   平成10年10月 喜茂別町教育委員会』

喜茂別神社鳥居

旧跡のしるべのような説明案内はないが、調べると
祭神  天照大神・豊受大神・大己貴神(おおなむちのかみ)少彦名神(すくなひこのかみ)
由緒については
「明治41年晩春の大早魃に際し、初代社守大槻音吉斎主となり尻別山において天照狼や豊受大神を勧請した・・・。
神社社殿はとても立派なもの。

狛犬さん

手水舎

喜茂別で最も古い馬頭観音の旧跡のしるべの説明版があるが・・・馬頭観音への道は雑草で不明。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

虻田から喜茂別など:その4旧跡のしるべ「南部団体開拓・庚申堂・旧国鉄駅」など

2016-12-08 21:51:03 | 旅行
訪問したのは2016年5月22日、資料を見ながら、喜茂別町内の歴史的史跡、あちこち巡った。
(1)「南部団体開拓の碑」

説明案内

「明治35年(1902)4月鷹羽喜太郎氏を団体長とする南部団体(岩手県岩手郡本宮村を通信とした)が、當時の上尻別に入植を果たしたのが喜茂別町への団体入植の最初であった。・・・(中略)・・・この碑は、昭和43年9月に原上尻別地区の住民が主となり建立されたが、昭和56年、現在地に移設された。
                   平成11年11月喜茂別町教育委員会

(2)庚申堂

喜茂別郷土研究会発行の「ヌプリ」1号には「北海道には珍しい庚申碑」と記述されている。

建立の由来について
「しりべつのこの付近には四国の人が多かったので、弘法大師を信仰し、毎月20日にはだいし大師溝を「開いていた・・・。この尻別にもの農神として庚申を祀ろうと昭和2年(1927年)交流した・・・と説明。
 
(3)国鉄胆振線喜茂別駅跡地

旧跡・みちしるべの案内版

「喜茂別駅(旧西喜茂別駅)は私鉄胆振鉄道(京極~喜茂別間)開通した昭和3年(1928年)に開業。当時の役は「いびっこ広場」付近にあった。胆振縦貫鉄道「京極~伊達紋別)開通の折り、移転することになり、喜茂別中心街から北側へ移った。

(4)地神の碑・馬頭碑

説明版

「地神さん(ヂンシサン・ヂジンサン)は徳島県特有の農神で「小彦名命」(すくなひこのみこと)、「大巳貴命」(おおなむらのみこと)、「天照皇太御神」、「埴安魂命」(はこやすひめのみこと)、「稲倉魂命」(いなくらだまのみこと)を祭り神として大正5年(1916年)9月に建立された。
作物の生育を祈り、主格に感謝し、日々の暮らしを守り幸せをもたらすとされ、心の支えとなった。
「馬頭碑」は、農家の財産、家族の一員である馬の生前の苦労を偲び、魂のやすらかなることを願い建立され、地神と合わせて信仰された。
              平成12年喜茂別町教育委員会
この後、比羅夫神社や喜茂別町初の入植者である阿部嘉左ヱ門さんの祀られている所を訪ねた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

虻田から喜茂別など:その3旧跡のしるべ「ソーケッシュオマベツ駅逓所

2016-11-28 23:08:54 | 旅行
5月22日の続き・・・
喜茂別町のホームページから「旧跡のみちしるべ」をコピーして町内の史跡を巡った。
参考に持参したマップの写真

「ソーケッシュオマベツ駅逓所跡」
場所は喜茂別町の双葉地区にあり、目印は簡易郵便局ということで、久保内から北湯沢を通過し、国道453号線から国道276号へと進んだ。
「上荘渓朱橋」を見つけたが、簡易郵便局が見当たらない。有りそうな林を探し、近くで作業をしていた方に「このあたりに駅逓所があったことを訪ねた。其の方は、「道路の向かい側に白い家があり、そこが駅逓所であった・・・と教えてくださった。
説明版は大きな木の元に有り、道路側からは見えにくかったが、おかげで辿り着くことが出来た。
説明版は番号が付けてあり、分かりやすかった。町の教育委員会の力の入れようかな・・・。

『明治40年喜茂別村と大滝村の中間地点に建てられた官設馬逓所で、国が設置したもの。明治42年から昭和9年まで使われていた。建物は「北海道「開拓の村」に復元されている。』
駅逓所のあった風景

説明版には
「①喜茂別町・旧跡のしるべ」

『ソーケッシュオマベツ駅逓所は明治42年11月10日(1909年)に喜茂別駅逓所として開設された。その時の管理人は水沼菊太郎という人で、後に大正2年(1913年)長家国太郎氏に引き継がれた。この駅逓所は喜茂別駅逓所と徳舜瞥村(現大滝村)の三界滝駅逓所を結ぶ中間にあり、駅逓の本来の事業は宿泊・荷物の積み立てと郵便の取扱いが主な仕事であったと言われている。隆盛期に官馬を8頭備えて旅行者の送迎にあたっていた。明治44年(1911年)に山梨団体が入植するときには、ここにいったん宿泊し、それから現地へ向かった。駅逓の廃止になったのは昭和9年(1936年)といわれますが、ソーケッシュオマベツ駅逓は旅館としてその後もしばらく続けられた。』
ということと、昭和52年(1977年)札幌市厚別区「北海道開拓の村」に移築展示されていると書かれていた。
                平成9年11月 喜茂別町教育委員会

双葉からは「双子の羊蹄」が見える写真スポットがある。
かつて登山した懐かしい尻別山(左)と羊蹄山(右側)

廃校の双葉小学校

コメント
この記事をはてなブックマークに追加