青空世界

ようこそ「雲のサロン」へ。
創作物語、日々の面白い出来事や、私の考えなどなど。

麻生さん、なに外遊してんの?

2017年03月19日 | Weblog
なにやら頭がぐちゃぐちゃになってくる「森友アッキード事件」ですが、

ここに、ひとりの賢者が表れて、

みんなによく解るように、問題の整理をしてくださっています(^^)

ありがたいことです(^^)

ツイートを解りやすく繋げてみました♪


で、あそーさーーーーーんっ!! 

  あそーさーーーーーーーんっ!!!

  あそーさーーーーーーーーーんっ!!!!



T.Katsumi‏
@tkatsumi06j さんのツイート
https://twitter.com/tkatsumi06j/status/842664645210988544

以下引用 転載
T.Katsumi‏ @tkatsumi06j · 3月17日


森友学園問題。次々に問題が発覚して「何が本当の問題なのか」わからなくなっている人も多いのではないか。
端的にいえば「すべてが問題」なのだが,それぞれの問題がどの位問題なのか,
あまりの情報の流量にみな圧倒されているような気がする。
こういう場合,まず一つ一つの問題を切り離して整理する。


①森友学園の問題(学校運営)
・虚偽による宣伝・献金の募集を行っていた事実がある
・副園長自らヘイトスピーチを行っていた事実がある
・政治活動を行い教育基本法に違反した疑いがある
・児童虐待を行っていた疑いがある
・その他

②森友学園の問題(対行政・政治関与)
・建設費用の見積もりを不正申告した事実がある
・ゴミ処理費用を適正に運用・報告しなかった事実がある
・国有地安価取得のために贈賄した疑いがある
・安倍首相・夫人を宣伝に利用した疑いがある
・公文書偽造の疑いがある

③国有地払い下げ問題(行政・政治側)
・手続を意図的に省略した疑いがある
(国交大臣,財務大臣,大阪府知事,財務省近畿財務局・理財局,国交省大航空局)
・便宜供与図った疑いがある(同上)
・公文書偽造の疑いがある(財務・国交省)

④法人設立認可問題(行政・審議会・政治側)
・恣意的に手続を緩和した疑いがある(知事)
・府私学審の人事に不正に介入した疑いがある(知事)
・府私学審で審理プロセスが不当に省略された疑いがある(私学審会長)
・適正な手続きによらず「認可適当」を答申した疑いがある(教育長)

⑤便宜供与問題(首相・閣僚・有力議員)
・①②の事実・疑いがあるにも関わらず献金を行った
・①②の事実・疑いがあるにも関わらず利益を供与した
・①②の事実にかかわらず積極的に支援した
・②③④を働きかけた(口利きした)


ざっとこんなもんだろうか。
まさに「疑惑の国家的事業」


最終的に問題となるのは、これら①~⑤を結び付ける所謂"極右団体"『日本会議』の存在で、日本会議のメンバーが推進した『現代教育秩序の転覆』計画に、首相・夫人、主要閣僚を始めとする政府、政党、首長、中央・地方当局が関わっていたか否かということだ。それが #森友学園問題 の肝だと思う。

問題なのが,中央・地方行政当局による便宜供与や手続上の不正,特権濫用等であり,更に問題なのがそれを暗に黙認・容認・推奨・推進した首相や閣僚,有力政党や有力政治家なのである。

「極右勢力の権力者,当局が結託した大がかりな国有地の不正売却・認可手続きにより「国粋主義的総合学園構想」を推進したことが問題と捉えているのはその為だ。

ただ,いくら証人喚問を行っても検察が動いても,

本丸の首相や閣僚の責任を問うまでは辿りつかないだろう。

それは,各国の金融系メディアがすでに察知している。

だからこの「戦い」は権力のどの層まで不正を暴き,白日の下に晒して,

政権のこれ以上の支持浮揚や社会の承認に歯止めをかけるかにある。



しかし問題の核心は植草氏がいうように,

「近畿財務局-理財局-財務相―首相の財務省ルート」にある。

これはつまり,次のトップダウン構造を暴くことができるかにあるということだ。

首相

財相

近畿財務局

理財局

私はこれにさらに国交相も加える。

つまり公明党も関わっている。政権与党として当然だろう。

「日本会議」には与せずとも,政府ぐるみの計画ならば連立与党が協力しない筈がない。

現に,大阪航空局は国交省の管轄である。

安倍政権誕生以来、国交相の役職が公明党以外に渡ったことはない。


だから,実際はこうなる。

首相

財相(副総理)・国交相

近畿財務局・理財局・大阪航空局


本命は,安倍首相よりも政治・財力のある麻生財務相・副総理だろう。

政権の中枢にありながら,いまのところまったくの無傷であるところが,

かえってその可能性を際立たせている。

ここを叩けなければ,『巨悪』は無傷でのさばり続けるだろう。


『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 立川サイキック戦争 | トップ | いまさら聞けないCIA »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL