青空世界

ようこそ「雲のサロン」へ。
創作物語、日々の面白い出来事や、私の考えなどなど。

猛暑中お見舞い

2017年07月17日 | Weblog
日本語破壊勢力が、「すごく」を「すごい」、「~してくださる」を「~してくれる」

と相変わらず下品で傲慢な言いかたをやめないのは不愉快極まる。

他人の領域に、勝手にずかずか踏み込んできて

~してくれるのはと言うあんたは、いったい何様なんなんだか!!! そんな無礼な日本人はいない!!!

キャプションのまちがいは四六時中で、しょっちゅう謝っているのは、日本人ではありえないミスの連発! みっともない!!! 仕事する気が無い証拠である。

朝鮮人が映らないTVがあったらバカ売れするだろうが、ほとんど人が映らなくなるのだろう(^^)


ここは日本なのに、右も左も工作員の議員が、なりすましの中国人、朝鮮人ばかりで、選挙、それもムサシ不正選挙で、支持するもなんも無いではないか!!!


このとんでもない熱波は、どこから来たのだろうか?

人類へのアース様のお怒りならばあたりまえだが、ネオコンの気象兵器ならば許し難い大罪だ。

37度などという梅雨ではありえない猛暑と、集中豪雨と、あり得ない数の落雷と、竜巻の日本列島・・・


南極から三重県程の氷山が割れて動いている・・・・・もう訳が解らないほどアース様はお怒りだ。

トランプは二酸化炭素による地球温暖化が目くらましだと思っているのだろうか。ロシアは昔から、太陽の異変を唱えているのだから・・・・


今年は、猛暑中お見舞いを、これ以上の本気は無いほど本気で申し上げます。

暑さと太陽から命を守るように、本気で心がけてください。



『社会』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 災害特別報道を | トップ | 皇室背乗りを許すな »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL