青空世界

ようこそ「雲のサロン」へ。
創作物語、日々の面白い出来事や、私の考えなどなど。

守恒文字と古代ヘブライ語と

2017年03月07日 | Weblog
神代文字っていっぱいあるんだけど・・・

ところで物部守屋「モリヤ」ってユダヤの人なのかな?

古墳と深い関係がある人だけどな?

大阪の四天王寺で昔何があったのかな?

茨城の磯原町の皇祖皇大神宮のモーセの十戒石(?)には

守恒(モリツネ)文字があるそうだし、

茨城の鹿島神宮にはフツノミタマノツルギがあるし・・・

これってみんな繋がってるんだよね?!

しっかし、モリツネ文字の草書体は、古代ヘブライ文字によく似てるんだよね・・・・・



http://www.marino.ne.jp/~rendaico/gengogakuin/gengokenkyu/mojishico/kamiyomojico.htm
日本語上古代文字(神代文字)


http://miko.org/~uraki/kuon/furu/text/sindaimonji/moritune/moritune_list.htm
守恒(モリツネ)文字/アジチ文字


http://www7b.biglobe.ne.jp/~choreki/sinmoji.htm#a
モリツネ文字 草書体


https://www.amazon.co.jp/%E5%A1%94-1976%E5%B9%B4-%E6%A2%85%E5%8E%9F-%E7%8C%9B/dp/B000J9F0XY
塔 (1976年) 古書, 1976  梅原 猛 (著)
ジャンル:
文化
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ストップ強姦事件! | トップ | ユダヤ陰謀論の陰謀 »

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL