「ファッションとアート 麗しき東西交流展」 横浜美術館

横浜美術館
「ファッションとアート 麗しき東西交流展」 
4/15~6/25



横浜美術館で開催中の「ファッションとアート 麗しき東西交流展」を見てきました。

ファッションとアートは、近代以降の東洋と西洋において、互いに影響を与え合いながら、新たな歴史を築いてきました。


飯田髙島屋「室内着」 1906(明治39)年頃 京都服飾文化研究財団

会場内には日本、および西洋を彩ったドレスや服飾品がずらり。その数、100点です。さらに工芸、絵画、写真などの100点を加え、日本と西洋が服飾文化を、美術の観点を交えて検証しています。

冒頭から舞台は横浜でした。歌川貞秀の「横浜商館真図」です。そもそも1859年の開港以来、横浜は交易地として発展します。開港場には外国人居留地が設けられ、商館やホテルも立ち並びました。そして日本人も時に洋服を着て外国人と交流します。つまり西洋文化を早い段階で摂取したのが横浜であったわけです。

横浜側の動きも機敏です。早速、外国人向けに洋装の生産に乗り出します。その一つが椎野正兵衛商店でした。同地にて絹織物商の事業を開始し、日本初の服飾ブランドを立ち上げます。ハンカチやマフラー、ネクタイを販売、室内着などを輸出しました。一例が「輸出用室内着」です。菊の刺繍が施されています。色は茶色でした。ともすると地味でもありますが、大いに売れたそうです。日本的なデザインに魅力を感じたのかもしれません。


宮川香山「高浮彫桜ニ群鳩大花瓶」 明治前期 田邊哲人コレクション(神奈川県立歴史博物館寄託)

さらに横浜の輸出品といえば宮川香山です。同地に窯を開き、高浮彫の技法による真葛焼を生産。外国へと輸出します。西洋でも人気を博しました。ほか下総の生まれで、主に横浜から海を渡った芝山細工の飾棚なども重宝されたそうです。あわせて展示されていました。

日本で洋装を早くから受容したのは上流階級の人々でした。皇族や華族は維新後に洋装を導入します。鹿鳴館で舞踏会や音楽会が頻繁に開催されました。一方で庶民に洋装が浸透したのは関東大震災後のことでした。


鏑木清方「嫁ぐ人」 1907(明治40)年 鎌倉市鏑木清方記念美術館 *5月20日から展示

当時の女性の洋装を知るのに有用なのが絵画でした。例えば山本芳翠の「岡田けい像」です。モデルは駐英領事の園田孝吉男爵の妻です。さらに岡田三郎助や山村耕花、鏑木清方らも洋装の女性をモデルとした作品を残しています。

うち山村耕花の「婦女愛禽図」に興味が引かれました。二幅の屏風絵です。左右には確かに小鳥を愛でる女性が描かれています。しかしながらいずれも和服です。洋服は着ていません。一体、どこに洋装の要素が見られるのでしょうか。

答えは髪型でした。当時、「耳かくし」と呼ばれるスタイルが流行。これが洋装にも和装にも似合うとされたのです。何もすぐさま全てが洋装化したわけではありません。髪飾りや着物の一部に洋風の模様が取り入られていきました。

和装にも西洋的なモチーフが現れます。夏の単衣です。白地にバラやチューリップの模様が油絵風にあしらわれています。和洋折衷的と呼んでも差し支えないかもしれません。

勝田哲の「朝」が力作です。ベットの上で花柄のツーピースを着た女性が寝そべっています。手前にはレコードが置かれていました。一度、着替えては聞いているのでしょうか。朝の空気を入れるためは窓は開け放たれています。戸外に広がるのは緑です。白いレースのカーテンが僅かに揺れています。まさにモダン・ガール。実に洒落ています。戦前に最後に花開いた華美な気風を感じることが出来ました。


「昭憲皇太后着用大礼服」 1910年頃(明治末期) 共立女子大学博物館

一つのハイライトとも言えるのが「昭憲皇太后着用大礼服」です。吹き抜けの展示室をほぼ独占。肩からトレーンが3.3メートルも延びています。ゴージャスです。深い緑色も艶やがあります。もちろんモチーフは菊花でした。新年式に着用したと言われています。

ラストが西洋での受容です。いわゆるジャポニスムの展開を追いかけています。日本の美術品は、のちのアール・ヌーボー、アール・デコなどの装飾芸術にも大きな影響を与えました。


ジュール=ジョゼフ・ルフェーヴル「ジャポネーズ(扇のことば)」 1882年 クライスラー美術館

ではファッションはどうだったのでしょうか。日本製のドレスが受け入られるとともに、西洋においても日本の模様を取り入れたドレスが生産されました。

チラシ表紙を飾ったターナーの「デイ・ドレス」のモチーフは軍配です。さらに葉や椿も加わります。刺繍自体は和風です。ロンドンで日本の小袖をほどいてバッスルスタイルに仕立てあげられました。

そして非対称の模様も導入。カキツバタがアイリスに似ているとして取り入られたこともありました。一般的にデザインは平面化します。和風の柄が採用されました。中には虎の顔を大胆にプリントしたドレスもあります。またコルセットの解放にも着物の影響があったそうです。メゾンもこぞって日本の着物にインスピレーションを得たドレスを発表しました。

会場内、一部展示台のみ撮影が可能でした。(但し平日のみ)



日本の漆芸のデザインもテキスタイルへ影響を及ぼします。シャネルは漆塗りに金や銀粉を蒔いた技法に着想を得ます。またリバティ商会は螺鈿の輝きを連想させる色のドレスを販売しました。ほか青海波風の模様など、日本のモチーフをドレスの随所で垣間見ることが出来ました。



出品のドレスは「京都服飾文化研究財団」(KCI)のコレクションです。世界屈指の服飾品を有し、研究活動を行う団体です。KCIのコレクションがまとまって公開されるのは約20年ぶりのことでした。



ファッションとアート。いささかアバウトなタイトルにも聞こえますが、構成自体は練られていました。またドレスはほぼ露出での展示です。一部は360度の角度から見ることも可能です。東西文化の交流地でもあった横浜ならではの展覧会と言えるかもしれません。



6月2日(金)は横浜開港記念日のために無料で観覧出来ます。

「ファッションとアート 麗しき東西交流/六耀社」

6月25日まで開催されています。

「ファッションとアート 麗しき東西交流展」 横浜美術館@yokobi_tweet
会期:4月15日(土)~6月25日(日)
休館:木曜日。但し5月4日(木・祝)は開館。5月8日(月)。
時間:10:00~18:00
 *5月17日(水)は20:30まで。
 *入館は閉館の30分前まで。
料金:一般1500(1400)円、大学・高校生900(800)円、中学生600(500)円。小学生以下無料。
 *( )内は20名以上の団体。要事前予約。
 *毎週土曜日は高校生以下無料。
 *当日に限り、横浜美術館コレクション展も観覧可。
住所:横浜市西区みなとみらい3-4-1
交通:みなとみらい線みなとみらい駅5番出口から徒歩5分。JR線、横浜市営地下鉄線桜木町駅より徒歩約10分。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「佐藤直樹 秘境の東京、そこで生えている」 アーツ千代田3331

アーツ千代田3331
「佐藤直樹個展 秘境の東京、そこで生えている」 
4/30~6/11



アーツ千代田3331で開催中の「佐藤直樹個展 秘境の東京、そこで生えている」を見てきました。

アートディレクターとして活動する佐藤直樹は、2012年頃から、身近な植物をひたすらに描き続けてきました。

その創作行為は今も進行中です。当初から何らかの完成を意図したわけでもなく、また画家を目指して描いたわけでもありませんでした。



結果生まれた絵画は全100メートル超。さらに約30メートルの新作も加わります。冒頭のタイトルは「そこで生えている」です。ご覧の通りのスケールです。ほぼ全ての壁面を、植物をはじめとした自然のモチーフが埋め尽くしていました。

素材は木炭。よってモノクロームです。筆はかなり密で、余白の部分は殆どありません。



一目で見て連想したのが熱帯のジャングルでした。幹の太い大木がそびえ立ち、巨大な花がむせかえるように咲き誇り、分厚い葉が力強く四方に開いています。木目しかり、葉脈の一つをとっても、線に迷いはありません。執拗なまでの描写です。何か呪術的な要素を感じたのは私だけでしょうか。そして闇が侵食します。空間を覆う無数の樹木や葉は光を遮っていました。



特に下絵も用意せず、構図も考えずに描き進めていたそうです。支持体は木の板です。キャンバスではありません。高さ1.8メートル、横1メートル弱の板を横へ繋ぎ合わせています。さながら巨大な絵巻のようでした。



大木の向こうには白波を立てては荒れ狂う海も広がっていました。まさに秘境ならぬ、人跡未踏の魔境なのかもしれません。これほどの自然にも関わらず、動物はおろか、昆虫の姿も一匹も確認出来ませんでした。



世界は未だ拡張しています。この自然の一大パノラマに終わりはやって来るのでしょうか。

会場は3部構成です。一連の大作に続くのは、新作の「植物立像図」でした。1枚の板に各1点の植物をまさしく立像のように描いています。



全26枚の連作です。一室をぐるりと取り囲んでいます。立ち並ぶ植物の様態に同じものはありません。しばらく眺めていると伊藤若冲の動植綵絵のイメージが頭に浮かびました。



ラストは最奥部の暗室です。タイトルは冒頭と同様の「そこで生えている」でした。2013年に東京電機大学跡の地下で描かれた10メートル弱の壁画を展示しています。



ここでは壁画にあわせて光と音を交えたインスタレーションも展開しています。詳しくは会場で体験していただきたいところですが、より「秘境」を、視覚、聴覚、ないし一部、触覚に引きつけて味わうことが出来ました。

インスタレーションはおおよそ10分ほどです。開始時間が毎時2回、15分と45分です。お出かけの際にはご注意下さい。


会期中、数多くのトークやライブ、パフォーマンスイベントが行われます。いずれも観覧とは別料金ではありますが、そちらに参加するのも良いかもしれません。



6月11日まで開催されています。

「佐藤直樹個展 秘境の東京、そこで生えている」@It_has_grown) アーツ千代田3331@3331ArtsChiyoda) 1階メインギャラリー
会期:4月30日(日)~6月11日(日)
休館:火曜日。
時間:12:00~19:00
 *但し5/4(木祝)、5/12(金)、5/13(土)、5/19(金)、5/27(土)、6/3(土)はイベントのため18時閉場。
料金:一般800円、シニア・学生700円、高校生以下無料。
場所:千代田区外神田6-11-14 アーツ千代田3331 1階
交通:東京メトロ銀座線末広町駅4番出口より徒歩1分、東京メトロ千代田線湯島駅6番出口より徒歩3分、都営大江戸線上野御徒町駅A1番出口より徒歩6分、JR御徒町駅南口より徒歩7分。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「アブラハム・クルズヴィエイガス展」 メゾンエルメス

メゾンエルメス
「The Water Trilogy 2 アブラハム・クルズヴィエイガス展」 
4/21~7/2



メゾンエルメスで開催中の「The Water Trilogy 2 アブラハム・クルズヴィエイガス展」を見てきました。

メキシコシティを拠点に活動する現代アーティスト、アブラハム・クルズヴィエイガスは、「訪ねた土地のローカルな素材」(解説より)に作品を制作してきました。

では「ローカル」とは、一体どのような素材に基づくのでしょうか。



まずは新聞でした。巨大なオブジェが宙吊りになっています。全面、日本の新聞です。雑誌なども無数に重ねています。さらに割り箸や竹も使用。いずれも日本で採取したのでしょう。オブジェはまるでビルのようでした。建築的とも呼べ得るかもしれません。実際、クルズヴィエイガスは、日本での建築運動、メタボリズムを参照しているそうです。



オブジェ下部には朝顔の植木鉢がぶら下がっています。思いがけない組み合わせです。とはいえ、外光の差し込むエルメスのスペースです。会期の進行に応じて成長するのかもしれません。



「ツマミディザスター」にも身近な素材が利用されています。板に古紙、雑誌類でした。一部に建築用の廃材も利用しているのかもしれません。無数の細い棒らしきものが突き出ています。ややトゲトゲしい。鳥の巣のようでもあります。私は生け花を連想しましたが、実際はどうなのでしょうか。



最も美しく感じたのは「ブラインド・セルフポートレート」でした。青や水色、時に深緑の紙がたくさん壁に貼られています。全体では山の形を築いています。まるでモザイクタイルのようでした。

この紙自体も「ローカルな素材」でした。というのも、段ボールや新聞の切り抜きのほか、作品制作で日本に滞在した際に溜まったレシートやクーポン、また手紙やチケットなどを用いているのです。それにアクリル絵具で色をつけています。



「リソース・ルーム」でも段ボールなどを使用。農作物や資材を運ぶ手押し車までも作品に引用しています。さらに水槽の中にはウーパー・ルーパーが泳いでいました。



クルズヴィエイガスは「美的な乱雑さ(混沌)」(解説より)をルーツとしているそうです。人で溢れかえる東京にどのようなカオスを見出したのでしょうか。


7月2日まで開催されています。

「The Water Trilogy 2 アブラハム・クルズヴィエイガス展」 メゾンエルメス
会期:4月21日(金)~7月2日(日)
休廊:会期中無休。
時間:11:00~20:00 
 *日曜は19時まで。入場は閉場の30分前まで。
料金:無料
住所:中央区銀座5-4-1 銀座メゾンエルメス8階フォーラム
交通:東京メトロ銀座線・日比谷線・丸ノ内線銀座駅B7出口すぐ。JR線有楽町駅徒歩5分。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「自転車博覧会2017 自転車とモード展」 伊藤忠青山アートスクエア

伊藤忠青山アートスクエア
「自転車博覧会2017 自転車とモード展~門外不出のヤガミ・コレクション」 
4/29~5/28



毎年春の恒例、伊藤忠青山アートスクエアで行われる「自転車博覧会」も、今年で6回目を数えるに至りました。

テーマは「自転車とモード」です。モードとは服飾の流行の様式を意味します。一体、自転車とどのように関係しているのでしょうか。

その例がポスターでした。というのも場内には、ビンテージ自転車の実車に加え、ほぼ同時代の自転車のポスターを展示。モデルとして男性や女性が描かれています。そこから当時のファッションを知ることが出来るわけです。


手前:「前輪駆動式トライシクル」 1884年 イギリス サイクル・ギャラリー・ヤガミ
奥:「HOWE BICYCLES TRICYCLES」(ポスター) 1878年頃 ホー自転車(フランス)製作 自転車文化センター


まず目を引くのが「前輪駆動式トライシクル」でした。近代的な三輪車は19世紀中頃に開発。しばらくしてから商業用として生産されます。そもそも三輪車は二輪車と異なり、運転に一定の技術を必要としません。よって女性や年配の男性に人気を博しました。一説では二輪よりも三輪の方が早く製作されたと考えられているそうです。

その三輪車を扱ったポスターが「HOWE BICYCLES TRICYCLES」でした。身を飾った男性が三輪車に乗っています。帽子のスカーフがなびいていました。風を切っているのでしょうか。背後で疾走する機関車と相まって、スピード感を表現しています。


「ミショー型自転車」 1868年 ピエール・ミショー製作 フランス サイクル・ギャラリー・ヤガミ

当初、自転車を愛用したのは上流階級の人々でした。「ミショー型自転車」は19世紀半ばに量産体制に入り、6年後には1000台も生産されます。レース用としても活躍します。自転車は端的な移動手段のみならず、スポーツの競技としても取り入れられました。


手前:「ピエール・アロー号」 1915年 アメリカ サイクル・ギャラリー・ヤガミ
奥:「HUMBER」(ポスター) 1900年頃 ハンバー自転車(フランス) 自転車文化センター


アメリカでは1890年代に自転車ブームを迎えます。メーカーは数千社も乱立し、年間100万台以上もの自転車が作られました。しかしのちに自動車が普及することで、市場は縮小。オートバイの生産が追い打ちをかけます。そこでオートバイのハンドルに似せたのが「ピエール・アロー号」でした。確かにハンドル部分がかなり屈曲しています。

なお「HUMBER」では、女性の自転車にのみ、後輪にネットが取り付けられていることが分かります。これはスカートが巻き込みを防ぐためのカバーです。女性が快適に乗るための工夫も随所に取り入れられました。


「子ども用馬型自転車」 1890年前後 アメリカ サイクル・ギャラリー・ヤガミ

子供用の自転車では馬のデザインが人気でした。かのモネも息子のジャンが馬の自転車に乗る姿を描いているそうです。しかし馬が一際大きい。うまく漕ぐことが出来るのでしょうか。まるでメリーゴーランドを見ているかのようでした。


「十字号」 1947年 三菱重工業 自転車文化センター

日本の古い自転車も展示されています。その名は「十字号」です。制作は戦後間もない1947年、三菱重工業が販売しました。見るからに頑丈です。終戦により廃材となった航空機用のジュラルミンを採用しました。鉄に比べて強度が50%も増しています。


「ボーデン スペース ランダー」 1950年 ベンジャミン・ボーデン製作 アメリカ サイクル・ギャラリー・ヤガミ

なにやらSF的です。アメリカの「ボーデン スペース ランダー」はどうでしょうか。1950年の試作品です。コンセプトは「THE BICYCLE OF THE FUTURE」でした。だからこそ近未来的なのでしょうか。素材がファイバーグラスです。これにより、錆びずに、腐食しない車体であることをアピールしました。しかし強度に弱点がありました。斬新なデザインではありますが、普及するには難しかったのかもしれません。


「自転車博覧会2017 自転車とモード展」会場風景

ほかには幕末明治期の東京の錦絵コレクションも展示されています。何故に錦絵かと思いきや、いずれも二輪や三輪車が描かれた作品ばかりでした。これまではあまり意識したことがありませんが、確かに錦絵には自転車がたくさん登場します。今も昔も生活に欠かせない乗り物の一つであると言えそうです。


「自転車博覧会2017 自転車とモード展」会場風景

自転車はいずれも個人の所蔵です。これまでは「一部の関係者しか見ることができなかった」(公式サイトより)そうです。だからこそ門外不出です。中には世界で2台しか現存しない一輪車もあります。自転車黎明期を飾る貴重なコレクションばかりでした。



入場は無料です。5月28日まで開催されています。

「自転車博覧会2017 自転車とモード展~門外不出のヤガミ・コレクション」 伊藤忠青山アートスクエア
会期:4月29日(土・祝)~5月28日(日)
休館:会期中無休。
時間:11:00~19:00
料金:無料。
住所:港区北青山2-3-1 シーアイプラザB1F
交通:東京メトロ銀座線外苑前駅4a出口より徒歩2分。東京メトロ銀座線・半蔵門線・都営大江戸線青山一丁目駅1出口より徒歩5分。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「谷津バラ園」のバラが満開でした

かつては東洋一とも称された習志野の谷津バラ園が見頃を迎えています。



谷津バラ園の最寄駅は京成本線の谷津駅です。駅南口から商店街を抜け、京葉道路の高架を潜ると辿り着きます。駅からせいぜい歩いて5分ほどです。アクセスに難はありません。



敷地面積は12600平方メートル。ご覧の通り、かなり広大です。右も左もバラが咲いています。5月21日の時点でほぼ満開の状況でした。



バラ園の開業は昭和32年に遡ります。当時は京成電鉄が運営していた谷津遊園の一施設でした。昭和40年に現在の場所に移転。最盛期には1200種類ものバラが栽培されます。しかし昭和57年に谷津遊園が閉園するとバラ園も閉鎖されてしまいました。



遊園地は解体。跡地には団地が建設されます。一方でバラ園に関しては存続を求める声も多かったそうです。よって習志野市が敷地を買収し、都市公園としての谷津バラ園が整備されました。昭和63年のことでした。



現在、栽培されているバラは全800種。7500株にも及びます。また基本的に庭園は西洋式ですが、一部に和を志向した日本庭園があるのも特徴です。



皇室や王室に因むバラをはじめ、「香りの庭」と題し、香りの強いバラを集めたコーナーなどもあります。色も品種も様々です。お気に入りのバラを見つけるにはさほど時間はかかりません。



バラのアーチも人気スポットです。つるバラを誘引し、長さ50メートルものトンネルを築き上げています。



この日は快晴。気温も30度近くに達し、かなり強い日差しが照りつけていました。それゆえかバラもより華やかに映っていたかもしれません。



パーゴラのアーチにはベンチも設置され、眼下のバラ園を一望することも出来ます。千葉県内でも有数のバラの名所です。この日は多くの方で賑わっていました。



一般の入園料が370円とリーズナブルなのも嬉しいところです。園内をぐるりと一周、色に香りに楽しめるバラを見やりながら散歩しました。



バラ苗や園芸用品の販売ブースもありました。また週末を中心に園内のガイドツアーなども開催されています。そちらに参加するのも面白いかもしれません。

[谷津バラ園ガイドツアー]
開催日:5月18日(木)、21日(日)、26日(金)、28日(日)、6月2日(金)、8日(木)、11日(日)、16日(金)
時間:14:00~15:00



バラについては当面、見頃が続くと思います。公式サイト内に開花状況の案内もありました。お出かけの際にはあわせて参照下さい。

「谷津バラ園」
敷地面積:12600平方メートル
入園時間:9:00~18:00(5月1日~6月30日)、9:00~17:00(7月1日~9月30日)、9:00~16:30(10月1日~翌年4月30日)
休園日:月曜日(月曜日が祝祭日の場合は、その翌日休園)。12月28日~1月4日(年末年始)。但し5月、6月、10月~11月15日は休園なし。
入園料(5月1日〜11月15日):高校生以上370円、65歳以上180円、小・中学生100円。それ以外の期間は高校生以上180円、65歳以上90円、小・中学生50円。
問合せ:谷津バラ園管理事務所。047-453-3772
住所:千葉県習志野市谷津3-1-14
交通:京成線谷津駅下車徒歩5分。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ