「江戸の粋・明治の技 柴田是真の漆 × 絵」 三井記念美術館

三井記念美術館中央区日本橋室町2-1-1 三井本館7階)
「江戸の粋・明治の技 柴田是真の漆 × 絵」
2009/12/5-2010/2/7



「幕末から明治にかけて活躍した漆芸家」(公式HPより引用)、柴田是真(1807~1891)の業績を回顧します。三井記念美術館で開催中の「江戸の粋・明治の技 柴田是真の漆 × 絵」へ行ってきました。



既に大きな話題となっている展示でしたが、その洒脱な漆絵、そしてだまし絵ならぬ「だまし漆器」には大いに感銘するものがありました。以下に早速、印象に残った作品を挙げてみます。

「砂張塗盆」
一見、なんら変哲のないお盆。鈍く光るグレーの光に惑わされてか、あたかも金属で出来たように見えるが、実は何と紙に漆を塗って作った作品とのこと。いきなり「だまし漆器」に騙されてしまった。

「群蝶春秋草花図屏風」
春草と秋草を二面に配したシンプルな屏風。精緻に描かれた蝶の群れに目を奪われるが、ここに是真ならではの『業』が冴えている。何とこれらの蝶は全て別の紙で象って貼付けたものだそう。どうしても『普通』に描かない是真に脱帽だった。

「南瓜に飛蝗図漆絵」
南瓜の花が仄かな金色に輝く。リズミカルなツルの上にはイナゴがのっていた。おおよそ漆で描いたとは思えない。

「霊芝に蝙蝠図漆絵」
コウモリの表情が面白い。霊芝にはこれでもかというほど漆が塗りこめられていた。弟子による表具も秀逸。

「瀬戸の意茶入」
またまた騙されてしまった「だまし漆器」。釉薬の滲みまでを漆で再現するとは呆気にとられる。出来ることなら全42gというその軽さを手で感じてみたかった。

「花瓶梅図漆絵」
今回の目玉でもある大作の漆絵。先だっての「美の巨人たち」でも取り上げられていた。この紫地も当然和紙に漆を施したもの。年輪はおろか、木目まで漆で精巧に再現する様子には目を剥いた。何故ここまで漆にこだわったのかと、思わず是真に問いつめたくなってしまうような作品でもある。



漆の卓越した技術はもとより、見る側の意表を突くような斬新なデザイン性などは、今に通じるものがなかったでしょうか。一見するところ地味そのものですが、目を凝らすことではじめて開けてくる漆の至芸には驚かされました。

またシンプルながらも見どころを記した同館HPの記述も良くまとまっています。館内での熱いキャプションを含め、鑑賞の大きな助けとなりました。

「江戸の粋・明治の技 柴田是真の漆 × 絵」@三井記念美術館

単眼鏡を片手に、じっくりと作品へ見入る方を多く目にしました。三井記念美術館としては混雑している方かもしれません。



2月7日までの開催です。洒落たロゴもまた愉快でした。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 6 )
« 「内藤礼」 ... 「イタリアの... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (あおひー)
2010-01-23 00:39:49
こんばんは。
粋って言葉が浮かびました。
だまし漆器とか作っちゃうくらいだからかなり茶目っ気のある肩だったのではないでしょうか。
あと、デザインの先進性にもおどろかされました。
 
 
 
Unknown (はろるど)
2010-01-25 00:08:22
あおひーさんこんばんは。

>茶目っ気

同感です。
きっと「だまし漆器」にだまされる人を見て楽しんでいたに違いありません。
楽しい人だったのでしょうね。

>先進性

これがまた今ウケる理由ではないでしょうか。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
柴田是真の漆x絵 @三井記念美術館 (Art & Bell by Tora)
 TVでさかんに是真をとりあげているので、遅ればせながら日本橋に行ってきた。 柴田是真は、幕末から明治期に活躍した漆芸家であり画家。漆工、絵画の双方に才を発揮した是真は、和紙に色漆を用いて絵を描く「漆絵」を発展させた。維新後には、欧米で開催された万国博...
 
 
 
柴田是真の漆×絵(三井記念美術館) (あお!ひー)
「柴田是真の漆×絵」に行ってきました。 サブタイトルは「江戸の粋・明治の技」。 幕末から明治にかけて活躍した漆芸家、柴田是真。 おそらく、個々の作品は目にしたことはあったかと思う(たぶん)のですが、こうやってまとまった状態で見るのは初めて。 とても貴...
 
 
 
「柴田是真展」 (弐代目・青い日記帳 )
三井記念美術館で開催される 「柴田是真展」(特別展 江戸の粋・明治の技 柴田是真の漆×絵)に行って来ました。→「柴田是真展」絵画・漆絵編はこちら 柴田是真の洒脱なデザインと卓越した技巧は、欧米で高く評価され、多くの是真作品が海外に所蔵されています。は...
 
 
 
「柴田是真の漆×絵」(絵画・漆絵) (弐代目・青い日記帳 )
三井記念美術館で開催中の特別展「江戸の粋・明治の技 柴田是真の漆×絵」。内覧会の様子と共にこちらの記事でこの展覧会に出品されている是真が手がけた漆芸品を主に紹介しました。 しかし、柴田是真を語るにはそれでは片手落ち。すぐれた「蒔絵師」の顔と共に、「絵...
 
 
 
柴田是真の漆×絵 (よめことここの日記)
三井記念美術館で2/7まで開催の 「江戸の粋・明治の技 柴田是真の漆×絵」展を見
 
 
 
柴田是真展 (ガーター亭別館)
いささか旧聞ですが、日曜朝、大雪の長野から新幹線で帰京し、三井記念美術館に9時5