「正木美術館 開館四十周年記念展 禅・花・茶」 東京美術倶楽部

東京美術倶楽部港区新橋6-19-15
「正木美術館 開館四十周年記念展 禅・花・茶」
9/23-10/12(会期終了)



終わってしまった展示なので手短にいきます。大阪は泉北郡忠岡町に位置する、正木美術館所蔵の東洋古美術品を展観します。東京美術倶楽部での「禅・花・茶」へ行ってきました。



押しの強い解説にやや興ざめしてしまったのも事実ですが、それでも鎌倉より室町に至るまでの水墨画や宋の茶器など、美術館創設者の正木孝之氏が僅か一代で築いたとは思えないほどのコレクションはさすがに壮観でした。雪舟の「山水図」における、無駄のない構図と澱みないパースペクティブは、今回の展示の演出とは打って変わっての素朴でかつ、また静かな魅力をたたえた正木コレクションの美意識を知るのに最適な作品と言えるかもしれません。また天目好きには南宋期のそれが一つ出ていたのも嬉しいところでした。天目台の蒔絵風の文様が実に艶やかです。青貝の松竹梅がきらきらと瞬いていました。

お茶関連では対決展の再現ならぬ、長次郎の黒楽と光悦の赤茶碗の並列展示が見応え十分です。瑞々しく、また躍動感のある光悦の赤と、やや類型的されすぎた嫌いはありながらも、その枯れた面持ちに達観を思う長次郎の黒と、甲乙付け難い魅力が感じられました。またその他では、伝等伯の「千利休図」も見事な逸品です。同じく対決展の文脈に準えれば、かの永徳より信長像を思わせるような、モデルの真に迫った肖像でした。キリリと引き締まった口元に、緊張感を是とする侘茶の一片を見るような思いがします。



須田悦弘の一角はさすがに完成されていました。足利義政の築いた空間をイメージしながら、ひっそりとけなげに咲く草花を見ることには、時空を超えた神秘の世界を覗き見ているような気持ちにさせられます。

いつかは泉北の地で正木コレクションを拝見してみたいものです。展覧会は既に終了しています。
コメント( 5 )|Trackback( 0 )
« 「矢津吉隆 - ... 「トレース・... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (meme)
2008-10-15 22:08:45
押しの強い解説・・・思わず笑いました。
同感です。
多少演出過剰感がなきにしもあらずでしたが、
作品に救われてました。
 
 
 
良し悪し (菊花)
2008-10-15 23:16:29

私がこの展覧会で気に入ったのは、
ガラス無しの展示(屏風や掛け軸)があったこと。
ガラスへの写り込み無しで鑑賞できるのは
やはりストレスが無くて嬉しかったです。

逆に、うーん?だったのが、
須田悦弘の展示でした。
一期一会の場に、
枯れない花をあえて飾ることの意味が
頭の固い私にはどうも???
あの花が選ばれて創られたものであることは
わかるのですが・・・。
 
 
 
Unknown (はろるど)
2008-10-16 00:41:44
@memeさん

こんばんは。
ちょっと解説が頑張りすぎて(?)いましたよね。
とはいえ、おっしゃるように見事な品々ばかりで楽しめました。
お茶関連、最近特に惹かれています。


@菊花さん

こんばんは。
ガラス無しはおっしゃるように素晴らしかったですね。
屏風むき出しにはプライス展の感動が蘇りました。やはりああでないと!(と、大琳派に言いたいです。)

>一期一会の場に、枯れない花をあえて飾ることの意味

なるほどそのような見方もありましたか!
私など須田さんが出ているだけで嬉しくなってしまいますが、
確かに枯れない花に相応しい場だったかと問われれば、
答えに難しいところかもしれません。
 
 
 
これ (KIN)
2008-10-16 09:26:28
私は解説、すべてすっとばしました。
良かった、良く読まないで、笑。

私も須田さんの作品見るだけで嬉しく
なるタチなのでずが、いろんな見方が
あるのですね、なるほど。

こちらにも書いてありますが
http://masaki.exh.jp/blog/index.php?new_kiji_look=20&look=look&m=10
須田さんの花が朝顔だったら茶室に
利休に朝顔で深読み具合が強かった
かもなぁ、と思いましたよ。
 
 
 
Unknown (はろるど)
2008-10-16 22:40:04
KINさんこんばんは。

>須田さんの花が朝顔だったら茶室に
利休に朝顔で深読み具合が強かった

同感です。そうした繋がりでしたら、さらにハマる展示になっていたかもしれませんね。もう一歩と言ったところでしょうか。

>私は解説、すべてすっとばしました。

解説は引用していただいたブログの方が書かれておられたのですね。
キャプションについては地味というか、あまり思い込みのないものを私は好むので記事に書いた通りなのですが、
こうした自然体の文章で、展示について関係者の方がつれつれと書いていくのは面白いなと思います。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
?
?