東京国立博物館で「国宝 薬師寺展」がはじまる

奈良・薬師寺の貴重な文化財を紹介する「薬師寺展」が、本日より上野の東京国立博物館で始まりました。昨日、それに先立っての内覧会に参加させていただいたので、展示の様子を簡単にお伝えしたいと思います。



「国宝薬師寺展」で開会式(読売新聞)
「薬師寺展」公式サイト

今回の展示で最も注目すべきなのは、7世紀に天武天皇が発願して以来、おそらくは寺外で初めて二体揃って公開されるという、金堂の「日光・月光菩薩立像」(国宝)です。そして会場においても、この仏像の魅力を効果的に紹介するため、例えば前面にスロープによる壇を設置し、来場者が順路に沿って壇上、および床面の二つの高さで見られるようにするなどのいくつかの工夫が凝らされています。また修復のために光背が除かれているため、通常の正面からだけではなく背後、そして側面と、360度の方向から見ることも可能です。これはもちろん当地薬師寺に出向いても叶いません。公式HPにある「空前絶後」というキャッチフレーズも、あながち誇張されているわけではないようです。

 

会場において、「日光・月光菩薩立像」に関する学芸員の方の簡単なレクチャーがありました。以下、箇条書きにして内容を掲載します。

・通常は光背(江戸時代制作)があるため正面からしか見られないが、今回は360度眺めることが可能である。お寺ではまず出来ない展示。
・床面から120センチメートルの場所に壇を設置し、少し高い場所から仏像を見られるようにした。下から拝むのとはまた異なった像の風格、そしてその大きさを体感できるだろう。
・元々は鍍金であるが、金堂自体が度々災害にあっているため、それはほぼ失われている。また両腕から垂れる天衣の先など、欠けている部分もある。(その他は創建時のまま。)
・両像の高さ、重さ。日光菩薩2.3t(3.17m)、月光菩薩2t(3.15m)。側面より観ると日光菩薩の方が厚みがあり、月光菩薩はやや薄い。
・日光菩薩は腰まわりがやや太く、スカートの部分がその下へ落ちるなど力強さをを感じさせるが、月光菩薩は上体からウエスト部にかけて細く、スカートも靡くかのような表現がとられ、繊細かつ優美である。
・内部は空洞であるが、台座部を外すと創建時の土が残っている。
・ともに優れた造形技術が用いられており、例えば髪の毛の一つの束のうちには細かな髪筋までがしっかりと描かれている。
・背面は光背により通常、見ることが出来ないはずだが、例えばその中央部をくぼませるなど、極めて写実的に作られている。これは、超越者としての姿を限りなく完璧に表したいがためだったからではないか。
・腰を少しひねるような姿をしているのも特徴の一つ。4世紀から6世紀頃のインド・グプタ朝の影響が見られる。(グプタの仏像よりも表現自体は抑制的。日本へは初唐を経由してもたらされた。)
・制作年代は諸説あり、天武朝の創建時なのか、藤原京移転後の持統朝の時代なのかは良く分かっていない。(図録に論文が掲載。)


  

*展示の構成
1.「薬師寺伽藍を行く」:八幡三神立像、日光・月光菩薩立像など。
2.「草創時の薬師寺」:飛鳥、奈良時代の塑像、瓦、金具、壺、青磁。
3.「玄奘三蔵と慈恩大師」:薬師寺にゆかりの深い玄奘と慈恩大師について。玄奘三蔵像、大般若経など。
4.「国宝 吉祥天像」:「吉祥天像」一点。




さてこの展覧会では、上記「日光・月光菩薩立像」の他、8点の国宝、6点の重要文化財など、薬師寺に残る計50点弱の文化財が公開されています。平成館全体を会場に用いているということで、どちらかというと一点一点をじっくりと提示した余裕のある展示、とも言えるかもしれません。(所狭しと文物の並ぶ展示ではありません。)また「八幡三神立像」の展示に組み込まれた社のセットなど、当地の場で見ているかのような、例えて言えばインスタレーション的な趣きも感じられる展覧会です。「日光・月光菩薩立像」をハイライトに、「八幡三神立像」、または日光・月光以外では唯一の仏像となる「聖観音菩薩立像」、さらには奈良時代の貴重な絵画「吉祥天像」が、それぞれ展示の重要なポイントになるのではないでしょうか。特に最後に紹介されている「吉祥天像」の透き通るような彩色は実に見事でした。これは必見です。



*展覧会基本情報
「平城遷都1300年記念 国宝 薬師寺展」
会期:2008年3月25日(火)~6月8日(日)
会場:東京国立博物館・平成館(台東区上野公園13-9
休館日:月曜日(但し4月28日(月)、5月5日(月・祝)は開館、5月7日(水)は休館)
開館時間:9:30~17:00(但し土・日曜日、祝・休日は18時、3月25日(火)~4月6日(日)の開館日と金曜日は20時まで開館。入館は閉館の30分前まで。)
観覧料金:一般1500円、大学生1200円、高校生900円、中学生以下無料




現在、東博では「博物館でお花見を」と題し、桜に因む作品の展示や庭園解放、さらには夜桜ライトアップなどの各種イベントが開催されています。このお花見企画の期間中(4/6まで)の開館時間は、薬師寺展を含め、夜8時までです。



また国宝薬師寺展に合わせ、東五反田の同寺院東京別院では、「もうひとつの薬師寺展」と題した展覧会が開催されています。こちらは重文、「大津皇子像」(鎌倉時代)をはじめ、奈良より鎌倉時代に至るまでの仏像、または国宝の「東塔天井画」(奈良時代)などが公開されているそうです。そちらと合わせての観覧もまた良いのではないでしょうか。

(図録がまた立派でした。)

個々の感想については、また別エントリで書きたいと思います。(写真については許可をいただきました。)

*関連エントリ(後日、改めて観賞してきました。)
「国宝 薬師寺展」 東京国立博物館
コメント( 13 )|Trackback( 10 )
« 「ウルビーノ... 「石川結介 A... »
 
コメント
 
 
 
なんと素敵な道案内 (panda)
2008-03-26 07:25:18
 読了後「薬師寺展」に直行したくなりますね。
観音様の側面や背面からの感想も、次回楽しみにしています。東博ならではの国宝の展示は贅沢な空間です。
 
 
 
空前絶後 (Tak)
2008-03-26 13:21:10
こんにちは。
先日はお疲れ様でした。

>「空前絶後」というキャッチフレーズも、あながち誇張されているわけではないようです。

確かに!
薬師寺からやってこられた仏様やお宝の数々を
あの完成された空間が見事に演出し花を添えていますね。
 
 
 
Unknown (はろるど)
2008-03-26 21:59:32
@pandaさん

こんばんは。先日はどうもありがとうございました。

>側面や背面からの感想

色々思うことがありましたので、また後日にでも…。
見る角度や立ち位置だけでなく、何気ない局面にてふと表情を変えて見えてくるのがさすが仏様だなという感じがします。


@Takさん

こんばんは。

>薬師寺からやってこられた仏様やお宝の数々

図録を見返すと、改めて貴重な文物がやってきたのだなと感心させられます。また仏様を拝みに行きたいです。
 
 
 
ナーランダの道 (とら)
2008-03-27 08:28:50
先日はありがとうございました。薬師寺展もしっかりとナーランダの道に繋がっていることを感慨深く観てきました。
 
 
 
Unknown (秋映)
2008-03-27 19:07:12
はろるどさん、こんばんは。
写真、素敵ですね。
報道の内覧会は人が少なくてうらやましい!
私も昨日の午後、人混みの中で見てきました。
聖観音菩薩立像の後姿は華麗で素晴らしかったですね。

昨年12月14日、薬師寺で すでに光背を外された日光菩薩と外す準備中の月光菩薩を拝見してきたので、今回の展覧会は鮮明に記憶に残りそうです。
 
 
 
Unknown (palpal)
2008-03-27 23:27:15
こんばんは。
早速私も行って参りました。
仏様をお迎えしている空間の構成も素晴らしかったと思います。
菩薩さまはいうまでもありませんが、「吉祥天像」の素晴らしさには声も出ませんでした。
 
 
 
Unknown (はろるど)
2008-03-28 00:23:00
@とらさん

こんばんは。

>薬師寺展もしっかりとナーランダの道に繋がっている

今回の展示でも、玄奘の部分などで、その辺についての言及がありましたよね。同時代の、海を経由しての横の繋がりは面白いなと思います。


@秋映さん

こんばんは。早速お出かけになられましたか!実は私も先日、もう一度夜間で行ってきたのですが、既に昼間は結構入っているようですね。話題の展示となりそうです。

>聖観音菩薩立像の後姿は華麗で素晴らしかったですね。

聖観音は私も素晴らしいと思いました。ほっそりとしたお体がまた美しいです。

>昨年12月14日、薬師寺で すでに光背を外された日光菩薩と外す準備中の月光菩薩を拝見

何と現地で!修復の間のお出ましということですが、
また新しくなった光背に収まった姿も拝めればと思います。


@palpalさん

こんばんは。

>仏様をお迎えしている空間の構成

今回はこの展示構成もまた見所のひとつかもしれませんね。
八幡の神様から大胆な構成で楽しめました。

>「吉祥天像」の素晴らしさ

暗闇にぽっかりと浮かび上がる姿がまた素晴らしかったです。
展示も見事でしたね。
 
 
 
Unknown (さちえ)
2008-03-28 20:51:58
こんばんわ。
昨日行って来ました。
「インスタレーション的な趣」に納得です。
とても素敵な展示方法でしたよね。
仏像を堪能して、上野の山の桜を見て、
「わたしってなんだかんだで立派に日本人の感覚を持ってるなぁ」と再認識しました(笑)
 
 
 
Unknown (はろるど)
2008-03-28 23:59:03
さちえさんこんばんは。
仏様の美しさをより際立たせるような展示方法でしたね。良かったです。

>「わたしってなんだかんだで立派に日本人の感覚を持ってるなぁ」と再認識

ウルビーノ→花見ではどこかしっくりきませんよね。東博でまた桜関連の作品が出ているのも嬉しいところでした。
 
 
 
見に行きたいですね (kazupon)
2008-03-31 21:28:21
除夜鐘を薬師寺で突いて、光背のない日光、月光を見たんですが暗くて模様はよくわかりませんでした。昨日の『情熱大陸』で展示デザインの木下さんの苦労を拝見してすぐにでも飛んでいきたくなりました。レポートありがとうございました。
 
 
 
Unknown (はろるど)
2008-03-31 22:36:52
kazuponさん、コメントありがとうございます。

薬師寺で鐘を突かれたのですね。既に光背のない状態で本堂にいらっしゃるのもまた興味深いなと思います。仏様が落ち着かないかもしれませんが…。

>『情熱大陸』で展示デザインの木下さんの苦労を拝見してすぐにでも飛んでいきたくなりました

見逃してしまいました…。ただライティング、設営ともに見事な展示でした。いつもながらに感心させられます。

>レポートありがとうございました

いえいえ、拙い写真で失礼しました。宜しければまた遊びにいらしてください。
 
 
 
見てきました (kazupon)
2008-05-08 21:32:55
薬師寺展みてきました。奈良の人間が東京まででかけましたが、大変貴重な機会でした。日光月光と目をあわせられる位置で拝見する経験なんてありませんから。ブログを参考にさせていただきました。
 
 
 
Unknown (はろるど)
2008-05-09 01:11:45
kazuponさんこんばんは。再度ありがとうございます。

私のような東の人間にとっては、わざわざお出ましになった仏様を東京で見られるだけでも本当にあり難いなと思います。まさに一期一会ですよね。

>日光月光と目をあわせられる位置で拝見

同感です。上から下から、本当に仏様に失礼なくらいじっくりと見とれてしまいました。良かったです。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
国宝 薬師寺展@東京国立博物館 (mit MUSEUM)
 薬師寺展に行ってきました。聞きしに勝る展示内容でした。 今回は昼夜ともに働く慈悲深い菩薩様が登場。薬師如来がお医者様なら、さしずめ日光・月光菩薩は、看護士さん。白衣の天使ならぬ 銅鋳造の菩薩様です。 薬師寺は、天武天皇が皇后(後の持統天皇)の病気平癒...
 
 
 
国宝 薬師寺展 @東京国立博物館 (Art & Bell by Tora)
 家内は何度も「般若心経」を写経して、薬師寺に納経している。最初は奈良に旅行した折に薬師寺で写経セットを買い、自宅で墨で書いて郵送した。薬師寺にはこれを永久保存する納経堂があり、ずらーっと並べられているという。薬師寺からは「ご結縁番号」が送られてきてお...
 
 
 
「国宝 薬師寺展」報道内覧会 (弐代目・青い日記帳 )
明日、3月25日(火)から東京国立博物館で開催される 平城京遷都1300年記念「国宝 薬師寺展」報道内覧会に参加して来ました。 平城遷都1300年記念 国宝 薬師寺展公式サイト 事前に手元に届いたお知らせには「本展では、作品の展示に関しても、よりお客様に楽しん...
 
 
 
国宝 薬師寺展 (Blue Bleu Blu)
6/8まで東京国立博物館で開催中の、 「平城遷都1300年記念 国宝 薬師寺展」に行ってきた。
 
 
 
「国宝 薬師寺展」 (What's up, Luke ?)
修学旅行で行っているはずの奈良の薬師寺。なのに覚えていることと言えばクラスメートと大はしゃぎして叱られたあんなことやこんなこと…すっかり大人になった今、東京国立博物館・平成館で「薬師寺展」を見て来ました。最初に目につく大きな菩薩像は聖観音菩薩立像。薄衣...
 
 
 
国宝薬師寺展  東京国立博物館 (つまずく石も縁の端くれ)
平成館の2階展示場をゆったりと贅沢に使って薬師寺の寺宝を展示している。お目当ては、やはり日光・月光菩薩像、聖観音菩薩像。そして、はじめて見る吉祥天女図である。薬師寺には、何回か訪ねて聖観音像や日光・月光観音を拝観したことがあるのだが、寺院の伽藍の中にあ...
 
 
 
東京国立博物館の国宝薬師寺展 (blog)
東京国立博物館の国宝薬師寺展です。 日光と月光を見てきました。後ろ姿を見られるの
 
 
 
東京国立博物館「国宝薬師寺展」 (美術館見聞録)
東京国立博物館「国宝薬師寺展」(3/25~6/8)を奈良から東京に出かけてみてきました。5月1日11時30分ごら・・40分待ち・・・・。 [[attached(1,center)]] [[attached(2,center)]] 平静館の二つの部屋を使った展示ですが出品数は47件と意外に少ないのでどう...
 
 
 
「国宝 薬師寺展」を観て (KINTYRE’SDIARY)
国宝 薬師寺展公式HP今日、東京国立博物館で開催されている「平安遷都1300年記念 国宝薬師寺展」(NationalTreasuresFromYakushi-jiTemple)に行ってきました。今日は有給休暇を利用して、観たかったこの展覧会に足を運びました。09:30開館で私は10:00....
 
 
 
東京国立博物館で「国宝 薬師寺展」を観た! (とんとん・にっき)
「国宝薬師寺展」チラシ もう会期もそろそろ終わりに近づいたので、ちょっと慌て気味に、上野の東京国立博物館平成館で開催されている「国宝 薬師寺展」を観てきました。奈良の薬師寺へは、ご多分に漏れず高校の修学旅行で行きました。その時は東塔はありましたが、...
 
 
?
?