「大巻伸嗣 Memorial Rebirth 千住 2016 青葉」 千寿青葉中学校

千寿青葉中学校
「大巻伸嗣 Memorial Rebirth 千住 2016 青葉」
10/9(開催終了)



現代美術家の大巻伸嗣によるシャボン玉を用いたインスタレーションが、東京の足立区の中学校にて行われました。



会場は千寿青葉中学校。北千住駅から歩いておおよそ10分ほどの場所です。開場は13時半。昼の部と夜の部の2回の開催です。私が出かけたのは18時からの夜の部。既に陽は落ち、学校に着く頃にはすっかり暗くなっていました。



校庭中央に設置されていたのがシャボン玉の吹き出し装置です。取り囲むのは大勢の人たち。思いのほかにファミリーが目立ちます。昼間は地域の飲食店による屋台も出ていたようです。さながらお祭りのような賑わいでした。



18時を少し過ぎた後にイベントはスタート。装置からシャボン玉がたくさん吹き出します。照明により7色に染まる様子はとても美しい。と同時に静かな音楽が鳴り響きました。「音まちビックバンド」による即興演奏です。シャボン玉は時に風の勢いを借りて天高く舞い上がります。子どもたちが楽しそうにシャボン玉を掴み取ろうとする姿も印象的でした。

「大巻伸嗣 Memorial Rebirth 千住 2016 青葉」


シャボン玉の海を背景に行われるのは2人のダンサーによるパフォーマンスです。手を伸ばし、足を高くあげ、音楽に合わせては踊っていきます。所作は緩やかであり、また時に激しく動きます。シャボン玉の波を背に舞う姿はさも精霊です。シャボン玉をかがり火に見立てれば何らかの神事のようです。おおよそ30分弱。音楽に耳を傾けながら、美しき舞に見惚れました。



千住界隈を舞台に行われるシャボン玉のショーは今年で6年目。「Memorial Rebirth」、通称「メモリバ」とも呼ばれ、地域の人々も参加し、かなり浸透してきたようです。

大巻は「メモリバ」を「地域を越えて手渡される、現代版の御輿のような役割をになってほしい。」とも語っています。

ラストにはまた来年とのアナウンスもありました。大巻とシャボン玉を介して続く千住の「Memorial Rebirth」。また来年にも期待したいと思います。

「大巻伸嗣 Memorial Rebirth 千住 2016 青葉」 千寿青葉中学校
日時:10月9日(日) 夜の部 18:00~
料金:無料
出演:くるくるチャーミー(大⻄健太郎、富塚絵美、松岡美弥子)、桔梗みすず、町田良夫、栗原荘平、音まちビッグバンド ほか
住所:足立区千住宮元町27-6
交通:JR線、東京メトロ千代田線・日比谷線、東武スカイツリーライン、つくばエクスプレス線北千住駅西口より徒歩10分。京成線千住大橋駅より徒歩10分。
コメント( 0 )|Trackback( 0 )
« 「クリスチャ... 「水屋・水塚... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
?
?