学ぶ喜びを生きる力に☆奥田塾

三重県桑名市にある小さな英語塾・奥田塾のブログです。テーマは、学ぶ!楽しむ!分かち合う!

日本語音声学

2017年06月10日 | 日々の雑感
4月から通い始めた「日本語教師養成講座」も3か月目に入りました。
ちょっと疲れ気味ですが、それなりに元気に学習を続けています。
(でもブログの更新は1週間に1回がやっとですね~。)

これまでに、「世界と日本」「日本語史」「言語学」「教授法」「文法」という5つの単位認定試験を何とかクリアーし、残りは「音声学」、「語彙」、「言語習得」の3つです。
無事に合格できれば、基礎理論コース(前半3か月)を修了し、7月からは実践実習コース(後半3か月)に進みます。


さて、突然ですが、前回の記事に出てきた『青春の影』という日本語を音声学的に分析してみましょう。

せ…無声・歯茎・摩擦音
い…非円唇・前舌・狭母音
し…無声・歯茎硬口蓋・摩擦音
ゅ…拗音
ん…撥音
の…有声・歯茎・鼻音
か…無声・軟口蓋・破裂音
げ…有声・軟口蓋・破裂音(または鼻音)

上のような母音・子音の分類作業が「音声学」の基礎になります。

たとえば、「せ」という音は、次のように説明することができます。

舌端を歯茎のところに持っていって口腔に狭めを作り(=歯茎音)、呼気がそこを通るときに摩擦で息の流れに乱れが起きて出る音(=摩擦音)。そのとき、声帯は振動させない(=無声音)。


「音声学」の授業は昨日で終了し、いよいよ3日後の13日に単位認定試験があります。
だから今日はテスト勉強をしました。(^^)v
(子音の調音点、調音法などをまとめてみました。↓)



21日は「語彙」、30日は「言語習得」のテストです。
「日本語教師養成講座」前半戦最後の3週間、梅雨のジメジメに負けず頑張ります!

☆関連記事 ⇒ 「日本語を教えよう!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 祈りをこめて… | トップ | 饭后走一走… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日々の雑感」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。