学ぶ喜びを生きる力に☆奥田塾

三重県桑名市にある小さな英語塾・奥田塾のブログです。テーマは、学ぶ!楽しむ!分かち合う!

オフコース 「さよなら」

2016年11月26日 | 名曲アルバム
さよなら さよなら さよなら もうすぐ外は白い冬
愛したのはたしかに君だけ そのままの君だけ

以前に、「さよなら夏の日」、「さよなら道化者」という記事を書きましたが、「さよなら」つながりで、今回はズバリ、オフコースの『さよなら』(1979年12月1日リリース)です。
寒い時期になると、なぜか「♪ さよなら~ さよなら~ ♪」が恋しくなります。

僕はこの曲のアレンジが好きなんです。

ピアノ(伝説のピアノ、ヤマハのCP-80!)とアコギの美しいイントロで始まり、Aメロ(1)の「♪ もう おわ~り~だね~ ♪」の伴奏はピアノのみ。
Aメロ(2)からはアコギのアルペジオが加わり、Aメロ(3)でベース、ドラムス、エレキギター、そしてコーラスが加わります。
サビの「♪ さよなら~ さよなら~ ♪」ではエレキギターのオブリガートがさく裂!
間奏のリードギターのフレーズも最高にカッコいい~!


(↑ 大学時代に買った「オフコース/パーフェクト・コピー」)

おや? 僕が中学校に勤務していた頃に発行していた学級通信の中に、「さよなら」というタイトルの記事がありますねぇ。(^^;)
ちょっと覗いてみましょう。

*  *  *  *  *

YW中学校 3年2組 学級通信 「愛は勝つ」 第33号(平成4年2月22日発行)

さよなら

オフコースが歌うこの曲が大ヒットしたのは、ちょうど今から13年前の冬。
私は高校2年生だった。
オフコースというグループを有名にしたのは、その約1年前に出た『愛を止めないで』という曲だったが、この『さよなら』で、人気、実力ともに一躍トップの座に躍り出たと言える。

その頃、私が何となく恋心を抱いていた同じクラスの女の子Mさんが、オフコースの熱狂的なファンで、私も必死になって、この『さよなら』を聴いていた。
自分でもギターを弾きながら歌ってみるのだが、どう頑張っても、小田和正のような高い声が出ない。
それでもキーを下げて歌うのはシャクなので(プロの歌手と張り合ったところで勝ち目はないのだが)、あくまでも小田と同じキーで ♪ さよなら さよなら ♪ とひどい声で歌っていたのを覚えている。

君たちがこの曲を音楽の授業で歌っていると聞いて、何か不思議な感じがした。
と同時に、思わぬところで君たちとの接点を見つけたようで、何となくうれしい気分になれた。
10年以上の歳月の隔たりがありながら、一つの曲が、そのすき間をいとも簡単に埋めてしまうのである。
(いや、正確には、そういう気にさせるといったほうがいいのかもしれないが。)
音楽というものは本当に不思議なものだ。

*  *  *  *  *

音楽の授業で「オフコース」を歌っていた時代があるんですね。
手元にある中学生用合唱曲集「若い翼は」(教育芸術社、1991年発行)をめくってみると、確かに『さよなら』の混声二部合唱の楽譜が載っています。
その他に、長渕剛の『乾杯』、H2Oの『想い出がいっぱい』、ハイファイセットの『卒業写真』、さだまさしの『天までとどけ』なども…。

いいなあ~。(*^^*)

思い出は
歌声とともに (^O^)/

僕らの心のなかに 降り積もるだろう
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白鳥庭園の紅葉 | トップ | 黄金色に染まる町 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

名曲アルバム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。