学ぶ喜びを生きる力に☆奥田塾

三重県桑名市にある小さな英語塾・奥田塾のブログです。テーマは、学ぶ!楽しむ!分かち合う!

饭后走一走…

2017年06月18日 | 中国・中国語・台湾
最近覚えた中国語のことわざです。



ECC日本語学院で学んでいる中国人留学生のPさんが教えてくれました。
とても勉強熱心な彼女。
日本の大学への進学を目指して頑張っています。
彼女の真面目さが几帳面な文字に表れていますよね。(*^^*)


饭后走一走,活到九十九。

どういう意味だと思いますか?

 ↓
 ↓
 ↓

まず、「」は「飯」の簡体字で、意味は日本語と同じく「ご飯、食事」です。
」は「後」の簡体字で、これも日本語と同じく「(空間的に)後ろ、(時間的に)後」という意味です。
その次の「」は注意が必要です。
人間についていう場合は「歩く」という意味で、「走る」ではありません。
走一走」は「動詞の重ね型」と呼ばれる形で、動詞を重ねて、「ちょっと~する」のように動作量が少ないこと、動作に気軽に取り組むことを表します。
後半の「」は「生きる」、「」は「着く、到着する」という意味です。
「動詞+“到”…」は、動作がある時間まで続くことを表し、「…まで~する」という意味になります。
つまり、「活到九十九」は「九十九まで生きる」ですね。

全体をまとめると、こんな感じでしょうか。

「ご飯を食べた後、少し歩きましょう。そうすれば、99歳まで生きられます」
「食事の後、少し歩くだけで、長生きできますよ」
「食後の散歩が健康の秘訣」


最初にこの言葉を見たとき、「99歳ってやけに中途半端だなあ…。どうせなら100歳にすればいいのに…」と思いました。
「99という数字には、何か意味があるのだろうか?」
でも発音を確認してみて、その謎が解けました。

走一走」と「九十九」がきれいに韻を踏んでいるんです。



上のピンインでわかるように、「走一走」(zouyizou)と「九十九」(jiushijiu)の声調が全く同じなので、覚えやすいし、記憶に残りやすい!
それともう一つ。
「九」(jiu)と発音が同じで、「(時間が)長い」という意味を持つ「久」という文字があるのですが、そのために、「永久」や「永遠」とも結びつく「九」は縁起のいい数字と考えられているようです。
だからやっぱり「九十九」でないとダメなんですよね~。 (^^)/


食後の散歩。
あるいは、食後のちょっとした運動。
意識してみようと思います。

Pさん、ありがとう!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本語音声学 | トップ | 異文化交流の楽しみ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

中国・中国語・台湾」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。