はりせんぼん

今は調査員のお仕事をしている、もと看護師。最近、お勉強不足、渇を入れてやってください。

サクランボの實る頃

2016-12-20 20:49:19 | 日記
映画『紅の豚』で酒場の歌手、ジーナが歌う表題の曲。
久しぶりに聞いてみました。
加藤登紀子の訳は親しみやすく美しいのですけれど、
元々のフランス語の歌詞をきちんと訳したサイトはないかしらと探して

さくらんぼの季節
 http://www.geocities.jp/ezokashi/f_letempsdescerises.html

を見つけました。

人気ブログランキングへ

心に秘めた思い出を愛するのは
普仏戦争の時に流れた血の記憶と重なっているなんて・・・
ちょっとした衝撃でした。
戦争を背景にした曲が子ども達にも歌われていること。

そうそう『麦と兵隊』とか好きでしたけれども
自粛というのでしょうか、もう聞くこともなくなってしまった曲になりました。
覆い隠される歴史・・・よりよい明日は宿るかと不安にもなるのです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 希望 | トップ | 残り時間 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。